アングルロゴアングルホームページロゴ
■海(ウキ) ■海(波止) ■船釣り ■川・湖釣り ■渓流 ■鮎釣り ■ルアー ■フライ ■TOP

★★ 海釣り(投げ釣り) ★★
投げ釣りタックル例 ●対象魚(良く釣れる魚)
カレイ、シロギス、コチ、グチ、ハゼ、アイナメ、マダイ、クロダイ、ヒラメ、スズキ
仕掛けが常に海底にあるため、基本的に海の底の方に棲んでいる魚が対象魚となります。

●釣り場
海底が砂地のところがベスト。砂浜や防波堤など。



@投げ竿
投げ竿00
投げ竿01
@投げ竿は長さが2.8m〜4.5mまでの投げ竿が一般的です。投げ竿は重たいオモリを投げて飛距離をかせぎポイントまで仕掛けを飛ばすため、竿全体が太く、ガイド(道糸を通すところ)が大きいのが特徴です。また遠投しやすくするために、リールから竿の後端までの長さが長いことも特徴です。

投げ竿を選ぶ時パッケージに表示してある「20号/300」などの表示は、「使用するオモリの号数と竿の長さ」です。実際使うときは「20号/360」=「天秤オモリ20号/3.6m」が使いやすいでしょう。
Aリール
投げリール
Aリールは投げ釣り専用リールがあります。しかし、あまりにも構造が特殊すぎ、しかも高価ですので、初めての方はこのようなリールが良いと思います。リールには「番手」があり、ここで紹介しているリールは「4000番」というタイプです。
B道糸(ライン)
投げライン
B道糸(ライン)も投げ釣り専用の道糸も販売されていますが、初めの頃はいろいろトラブルがつきものですから、安くてたくさん使えるタイプの道糸が良いと思います。道糸の素材はナイロンが良いでしょう。写真の道糸はダイワ精工の「ジャストロン」というラインです。500mボビン巻きですからたくさん使えますし、お手頃価格です。道糸の号数は3号が良いでしょう。どれだけリールに巻くかは、リールに実際巻いてみてリールのスプール幅よりもちょっと少ないかなという巻き量が適当です。
Cちから糸(テーパーライン)
投げ釣りテーパーライン
Cちから糸(テーパーライン)は道糸に直結させます。ちから糸は道糸側が細く、テンビンオモリ側が太くなっており、テーパーが付いています。これによって天秤オモリのショックを吸収して、糸ギレを緩和しています。写真はゴーセンの「テーパーライン ちから糸3号-12号」です。道糸に3号を使用しますので、このタイプでOKです。長さは15mくらいで、5本入りのちから糸が主流です。
Dテンビンオモリ
テンビンオモリ
Dテンビンオモリにはいろいろなタイプがあります。左側の写真の左と中央が海藻天秤の言われるタイプです。写真右側のタイプをジェット天秤と言います。良くジェット天秤をオススメしますが、ここではあえて海藻天秤タイプをオススメします。その理由を下の表にまとめました。
海藻天秤タイプ ジェット天秤タイプ
価格 ちょっと高い わりと安い
種類 豊富 これしかない
トラブル 少ない 多い
アタリの取り易さ
バラシの多少 少ない 多い
というわけです。「ホントかなぁ?」とお思いなら実際使い比べてみて下さい。ここでは海藻天秤の20号をオススメします。
E仕掛け
投げ仕掛け
E仕掛けは市販されている投げ釣り仕掛けで十分対応できます。自分が狙いたい魚に合う仕掛けを使用して下さい。例えばシロギス狙いならハリの号数は7〜9号が良いと思います。またカレイ狙いなら8〜13号をオススメします。ハリの本数ですが、普通2本か3本の仕掛けが販売されていますがどちらでもかまいません。



◇◇ 投げ釣りに使うエサ ◇◇
下の表を参考に自分なりにアレンジして使ってみてはどうでしょう
カレイ シロギス ハゼ アイナメ マダイ
イソゴカイ
アオイソメ
本虫
チロリ
コウジ
これはあくまでも例です。地域によっては違ってきます。
またエサについては詳細はこちらで紹介しています。

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店舗のイベント紹介最新の釣り情報が満載!!アングルのお買い得情報が満載!!魚種・釣り方に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報魚釣り初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)2001-2004 ANGLE Corporation.All rights reserved.