アングルロゴアングルホームページロゴ
■海(波止) ■海(投釣り) ■船釣り ■川・湖釣り ■渓流釣り ■鮎釣り ■ルアー ■フライ ■TOP

★★ 海釣り(ウキ釣り) ★★
●対象魚(良く釣れる魚)
クロダイ、メジナ、メバル、ウミタナゴ、イサキ、ブリ、ヒラマサ、イシダイ、マダイ、タチウオ、イカ、スズキ、サヨリなど
ウキ釣りは非常に幅広い釣りの種類なので、道具や狙うポイントを変えれば何でも釣れますよ。

●釣り場
磯、防波堤など海底に起伏のある釣り場が良く釣れます。
●釣り方
フカセ釣り:もっともシンプルなウキ釣りです。
カゴ釣り:専用の撒き餌カゴを使用した釣りです。



@釣り竿

@釣り竿はウキ釣りの場合、磯竿が良く使われます。竿の調子が柔らかいためちょっと最初は扱いにくいですが、調子が柔らかいため細い道糸や細いハリスが使用できます。

左側上段の写真にあります磯竿には「1.5-53」と表示してありますが、これは「1.5号-5.3m」の事を表しています。0号〜6号くらいまで竿の硬さによって表示がしてあります。一般的にチヌやメジナなどをフカセ釣りで狙う場合は1.5号〜2.5号です。カゴ釣りなど仕掛け自体が重たい竿はそれ以上の号数の竿を使用します。また左側下段の写真のように、磯竿はガイド(道糸を通す部分)の数が多く、竿の先が細いため、不注意で折ってしまうことがありますので、注意が必要です。最近のメーカーさんは親切で狙いたい対象魚をロッドのパッケージに表示されていますから安心です。オススメの「1.5号の5.3m」です。このタイプではカゴ釣り以外のウキ釣りに幅広く対応すると思います。
Aリール
Aリールは番手で言うならば3000番タイプが使いやすいです。3000番のリールは道糸号数3号が約150m巻けますので、ウキ釣り以外にもいろいろな釣りに使用可能です。一般的なリールは”ドラグリール"と呼ばれるリールですが、ウキ釣りに関しては良く"レバーブレーキリール"と言うリールも使われます。下の表で簡単な比較をしてみましょう。
ドラグ レバーブレーキ
価格 \5,000〜\20,000 \10,000〜\30,000
特徴 リールのスプール前端に取り付けてあるドラグと呼ばれる部分である一定の負荷がライン若しくはリールに掛かると自動的に道糸を送り出し糸ギレを防止します。 リールを持つ部分に付属する金属のレバーにより釣り人の意志で糸を送り出したり、止めたりすることで糸ギレを防止します。
※価格についてはあくまで初心者を対象としたグレードです。
オススメは価格的に安価な面と構造上シンプルであること、トラブルが少ないことからドラグリールタイプをオススメします。
B道糸(ライン)
B道糸(ライン)は使用する竿によって制限があります。いろいろなタイプの道糸が釣具店にはならんでおり、どれにしようか迷うことがたびたびあるでしょうが、一般的な道糸はナイロンでできている道糸が使いやすいです。号数は狙う魚あるいはハリスなどによっていろいろ使いますが、ここでは2号〜3号をオススメしておきましょう。道糸は150m巻いてあるものがいいです。
お値段は800円〜1500円くらいであります。
Cウキ止め

Cウキ止めはゴムタイプと糸タイプがあります。どちらもタイプも簡単に道糸に取り付けられますが、ゴムタイプはインナーガイドタイプの釣り竿には不向きです。外ガイドロッドの場合は大丈夫です。糸タイプはインナーロッド、外ガイドともに使用可能です。お値段は100円〜200円くらいです。
Dシモリ玉
Dシモリ玉はウキ止めとウキの間に道糸を通してウキ止めにウキが止まりやすくするための道具です。お値段は100円〜250円くらいですね。
Eウキ


Eウキにもいろいろなタイプがあります。ウキには大きく分けて2つのタイプがあります。ひとつは左側上段の写真のような「中通しタイプ」のウキと、左側下段の写真のような「還付きタイプ」のウキです。それでは中通しタイプと還付きタイプの比較をしてみましょう。
中通しタイプ 還付きタイプ
形状 ドングリ型のウキが主流だが、硬質発泡スチロールで作られたカゴ釣り等に使用されるタイプもある。 ドングリタイプもあるが、主流は棒ウキタイプ。
特徴 どんな釣り場でも対応可能。ウキ自体の自重があるため波の強い場所でも姿勢が安定している。感度は多少慣れが必要。 どんな釣り場でも使えないことはないが、主に湾内などの比較的波のない釣り場が得意。波には弱いが感度は良い。
ここでは「中通しタイプのドングリウキ」をオススメしたい。
お値段は800円〜2000円までと幅広い。
またこの他に「ウキ」と呼ばれるものがある。左の写真にあるような「アタリウキ」と言われるウキ。これは上述の中通しドングリウキと一緒に使う事が多く、アタリが小さい時などアタリを取りやすくするために使われる。
これは「水中ウキ」と言われるタイプで、このウキは沈みます。使われる場面は潮流れが遅かったり、早かったりで、なかなか仕掛けが水中で真っ直ぐにならない時などに使います。
また左側の写真の一番下にあるウキは「電気ウキ」といい、夜釣りに使われるウキです。ウキの内部に専用の電池を装着するとウキの先が光るようになっています。
Fクッション
Fクッションはウキの下部とスイベルがぶつかり合ってウキやラインにキズを付けないためのモノです。特に重たい仕掛け(重いウキや重いオモリを使っている仕掛け)の場合はクッションゴムがあるとトラブルが減ります。
お値段は50円くらいと安価です。
Gハリス
Gハリスは道糸と同じ号数もしくは道糸よりもワンランク細い表示を使用します。ハリスにもナイロンラインとフロロカーボンラインがありますが、狙う対象魚によって使い分けると良いです。ここでは道糸同様にナイロンラインをオススメします。ナイロンラインはフロロカーボンラインに比べて安価ですし、いろいろな釣りに使えます。
Hガン玉
Hガン玉はウキの浮力を調節する為に使います。ウキに表示してある負荷と同じ表示のオモリを付ければウキはちょうど良く浮くと思います。オモリは3B→2B→B→G1→G2→G3と「B」が付いていれば数字が大きくなるほど重さが増しますが、「G」が付いていると数字が大きくなるほど軽くなります。
Iハリ

Iハリも店頭には非常にたくさんの種類があります。ハリを選ぶ時はパッケージに狙いたい対象魚が表示してあることが多いのでその表示を参考に選んで下さい。ハリの大きさは狙っている魚のサイズによって変えて下さい。

またハリスとハリを結ぶことができなくても安心ですよ。左側写真下側のようにハリとハリスがすでに結ばれて市販されている商品もありますから、ハリスとハリが結べない方はこちらでやってみましょう。
スイベル(よりもどし)
スイベルは良く道糸とハリスを接続するときに使用します。両端にある金属の輪の中に糸を通して結びます。スイベルは別名:よりもどしとも言われ、釣っている最中に出来てしまう糸のヨレを解消してくれます。
ウキ釣りセット
これは竿とリールと道糸があれば釣りにすぐに行けます。ウキ、シモリ、オモリ、ハリ、ハリスなどは全てセットになって販売されています。初心者の方には嬉しいセットです。最初はこのようなセットで釣りに慣れるのも良いでしょう。慣れてくるうちに必要なアイテムが出てくればハリやハリスなど単品で購入していけばより釣りの幅が広がるでしょう。
小物入れ
近頃このような便利なグッズも販売されています。ハリやシモリ、ガン玉、スイベルなど小さなアイテムをすっきりと整理整頓できるケースです。いろいろな小物が収納できますから、かさばらなくて便利です。



◇◇ ウキ釣りに使うエサ ◇◇
下の表を参考に自分なりにアレンジして使ってみてはどうでしょう。
クロダイ メジナ メバル ヒラマサ タチウオ スズキ イカ
オキアミ生
オキアミボイル
サシアミ ×
活きエビ
活きアジ ×
アオイソメ × × ×
シラウオ × × ×
ドジョウ × × ×
これはあくまでも例です。地域によっては違ってきます。
またエサについての詳細はこちらで紹介しています。
潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店舗のイベント紹介最新の釣り情報が満載!!アングルのお買い得情報が満載!!魚種・釣り方に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介魚釣り初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)2001-2004 ANGLE Corporation.All rights reserved.