アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■■ FFP初ヒラメ・初マゴチ登場!アングルメンバーが釣っちゃいました ■■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2006.10.1(水) ヒラメ・マゴチ・サゴシ 島根県益田市「持石海岸」 砂浜 ルアー



■去る10月1日(日)アングルが提唱するフラットフィッシュゲームの第1回目の大会として、「FFP(フラットフィッシュパーティー)」を開催致しました。大会内容については、イベント結果報告でもお伝えしたとおりです。今回は、お客様が各自好きな場所で釣りをされている間、私達アングルスタッフは、検量所前の持石海岸でちょっと竿をだしてみることにしました。
■今回のアングルメンバーの中でも、数回フラットゲームに足を運んではいるものの、ノーキャッチのメンバーや今回がこの釣り初挑戦でこれからゲーム性を高めて行こうというメンバーであることから、釣り研修のような感じにはなったものの、釣具店のスタッフとしての「プライドと情熱」からか、みなさん釣雑誌などでかなり予備知識はもっており、今回もみなさん思い思いのリグでのトライとなりました。

■海岸の入口から右側にかけて大会参加者のお客様がいらっしゃったので、私達は左側の根掛かる場所でやってみることに。
■案の定、キャスト数投目でメンバーのほとんどが根掛かり。ここでの根掛かりは岩に自生するカジメ系の海藻が多いため、根掛かり=ルアーロストに繋がります。開始早々に高ギレ連発。私も根掛かりルアーをロストしますが、ナショナルのラインツイスターがあれば、面倒なラインシステムを一発で素早く決まります。

■そんな中、本店のFF名人尾崎さんは私達より多少右側のポイントに入り、根を避けの釣りを展開中・・・。来るたびに釣っている本店尾崎さん。今回も何かやってくれそうな感じがしていました。
■しかしそんな尾崎さんや私達を尻目に口火を切ったのは、今回FFが初挑戦のパワーアングル草津店ルアー担当の楠本さんでした!!すぐ近くで釣りをしていた私に「植地さん!!来ましたよー!!」とヒットコールの楠本さん。私もキャストしていたリグを急いで回収してカメラを構えます。波打ち際まで寄せてきた所でした、水面に現れたのは40cmオーバーのマゴチ。っと思った直後、痛恨のフックオフ。これには楠本さんのみならず、私達も残念。

■しかし、確実にマゴチはシャローに上がって来ているという確証を得て、メンバーのキャストにも力が入ります。そして、その数分後、再び草津店の楠本さんから「来ましたー!!!」と声が上がります。ロッドのベンディングカーブを見ていても、ナイスなサイズ、時折ロッドをゴンゴンッ!!と叩いています。
■そして寄せ波に乗せて、一気にズリ上げたのは立派なヒラメでした!!初フラットでいきなりグッドサイズのヒラメをキャッチした草津店の楠本さん。「ヤッター!!ヒラメだー!!」と先ほどのバラシも帳消しです。

■楠本さんは、根掛かりの多いポイントでスナッグレス効果の高い、テキサスリグ。楠本さんの話しによると、ほとんどズル引き状態でのヒットだったようですが、スルスル状態のテキサスと浮力あのあるワームの組み合わせで、ウネリでワームが引っ張られ、ある程度サスペンドしていたのではないかと思われます。ヒラメは40cm。茶色の身体に散りばめられた白い★がキレイでした。
■俄然ヤル気の面々。キャストを繰り返していると、今度は尾崎さんにヒットです。
■はやり釣りそうな雰囲気があった本店のルアー担当尾崎さん。やってくれます。彼は恐らく、このヒットの前に数回あったバイトを逃さず、じっくりじっくり釣ったという感じでした。

■彼のリグは注目のジョインリグ。オーナーのジョイントアックス1/2ozのフックを外し、そこにがまかつのトラウト用プラッギングシングルフックをチョコンとつけ、ローリングスイベルを介してトリプルフックでアシストフックとしてワームボディーに装着する感じです。(詳しくは店頭の本人にお問合せ下さい)ワームは、実績ナンバーワンのマルキューエコギア「パワーシャッド5インチ(カタクチ)」でした。
■しばらくはアタリがない時間が流れ、私にも数回サゴシらしきバイトはあったのですが、フラットらしきバイトはありません。また小屋浦店のルアー担当である小西さんも、根の多い釣座でしつこくチェックを入れますが、リグのロストに悩んでいるなか、楠本さんがヒラメを釣ったほぼ同じポイントにはいった、仁保店のルアー担当山内さんに強烈ヒット。
■直前に大きなエイをキャッチした山内さん。ゴリゴリとパワーファイトで難なくキャッチしたのはこちらもグッドサイズのマゴチでした。

■山内さんも前回私とフラットゲームに同行し、大シケのバッドコンディションで今回にかけるものがあったようで、念願のフラットフィッシュを手にし満足げな表情です。

■山内さんのリグは、注目ルアー「ラパラのナチュラルシャッド」。マゴチの上唇にメインフックがフッキングしていました。
■このラパラ ナチュラルシャッドですが非常に実践的なルアーで、今回のFFPの大会でも優勝した佐々木様も同じナチュラルシャッドでの入賞でした。ルアー自体は”バス用のスイミングベイト”っぽい雰囲気ですが、ヒラメ・マゴチに対する実績はかなり高く、まず飛距離が出る事と、リトリーブ中のボディーバランスの適当さ、さらにはリフト&フォール⇒スイミング&フォールといった多彩な攻め方が可能という大きな特徴があります。
■そして、最後は本部前田君。「ついにやったか!?」と思われましたが、どうやらフラットのバイトが遠く、手堅くサゴシをキャッチ。お客様の大森様もこのサゴシパーティーに便乗されてらっしゃいました。

■サゴシを狙うならワームよりも、ハードプラグで早い釣りを展開したほうが圧倒的に有利、例年ならこれからもシケの合間を縫って持石海岸一帯でサゴシパーティーも楽しめます。
■ということで、朝10半頃まで釣りをした中でアングルメンバーでマゴチ2本、ヒラメ1枚、サゴシ1本という釣果で、この夏からフラットゲームに通い詰の私植地と、小屋浦店の小西さんはノーフィッシュ。正直凹みましたが、こうやって、いろいろなパターンで楽しめるサーフゲームの中のひとつとしてフラットゲームの幅をまたひとつ実感し、次回につなげるエネルギーになったとプラス思考で今後も山陰海岸を流離いたいと思うのでした。

■これから、山陰では冬型の西高東低の気圧配置になるまでマゴチが釣れ続け、冬型になってからは、マゴチと入れ替わる様にヒラメの活性が高くなります。まだまだ続くフラットゲームの季節にぜひみなさまもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
同行者:アングル本店 尾崎裕司/パワーアングル草津店 楠本明/
アングル仁保店 山内翔太/アングル小屋浦店 小西正広/アングル本部 前田大輔
報告(写真・文責):アングル本部 植地 尚道
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)2001-2006 ANGLE Corporation.All rights reserved.