アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■■ アングルエギングフェスタ リバイバル 直前の様子を見てきました ■■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2006.10.16(月) アオリイカ 広島県呉市倉橋町〜能美各漁港 波止・護岸 エギング



■いよいよ10月22日(日)アングルエギングフェスタ リバイバルが迫って参りました。今回はその下見・状況をチェックしに倉橋〜能美にかけてプライベート釣行を兼ねて行ってきましたので、ちょっとだけお伝えします。今回は本部の前田君と、海遊釣具の村岡さんとの3名釣行です。

■今回はとりあえず多くのポイントをできるだけ確認しようと、最初から倉橋の先端付近の釣場からじょじょに呉方面に戻りながらチェックを進めるルートでした。倉橋島に到着したのも午後1時を過ぎていたでかなり駆け足に港を回ります。まずは鹿島の廃校裏〜瀬戸港をチェックします。全体的にサイズは小さいながら、反応はあります。ド干潮ということもあり、なかなかグッドサイズのアオリには出会えませんでしたが、潮回りやベイトフィッシュによってはかなり期待が持てるポイントです。この日は頻繁にヤズらしきナブラが立ち、本命アオリは正直、渋かったです。

■倉橋を北に戻り、次は尾立〜室尾周辺の護岸をチェック。ここでも活性の高いアオリはポツポツ掛かるのですが、連発とまではいきません。歩いて歩いて拾い釣りといった感じでした。なんだかんだでもうすっかり夕暮れ時・・・早々に倉橋に見切りをつけ、能美ラインを探ります。

■能美は小田港・畑港・是長港と小さな漁港が連発してあるのでランガンには最適です。しかし時間は限られているため、ここぞと思うポイントで粘ってみることにしました。釣場には真新しい墨がポタポタしていたので、実績はあるようです。しかし、釣り始めてすぐには反応はありません。周囲も次第に暗がりになりかけた時、大きな群れが入って来たのは反応がありました。
■不意を突かれた感じで竿先を「ギュッ!!」と引きこまれてしまい、針には掛かりませんでしたが、期待は持てます。しばらくエギを操っていると、エギの後方に見た目20cm前後のアオリが追いかけてきてました。村岡さんに「ここいますよ。」と伝えると、すぐにヒット。胴長15cmは楽々クリアのナイスサイズ。ようやく、時合い到来とばかりに3人の手にも力が入ります。

■そして、私にもジアイ到来。良型をキャッチ。さらにちょっと離れた場所で釣りをしている前田君も遠めで見てもボチボチのサイズをキャッチしていました。夢中になり、ちょっとだけのエギングのつもりが、気が付けがあたりは真っ暗。ナイトエギングに突入です。
■暗くなってからは、もっともアタリの多いポイントで3人仲良くシャクります。ポツポツと誰かがヒットするという感じでしばらくは釣れ続けたのですが、夜7時半頃から外向きではパッタリとアタリが止りました。

■はやり夕方のあるタイミングで沖からアオリが接岸してバタバタと釣れた感じがしました。

■その後は、港内の常夜灯付近でチェック。ここではサイズは15cmに満たないながらも、比較的足元近くでのヒットが多かったです。
■さて、今回のエギングフェスタは現地集合・現地解散ではなく、店舗で出発受付け後に瀬戸内・山陰を問わず好きな場所で釣って頂いて、夕方4時までにパワーアングル草津店2階で検量を行うという内容です。

■さらに、今回から「検量ウェイトポイントバックシステム」という参加特典を新たに設けさせてもらいました。これは1パイ重量勝負で、検量に出されたアオリの重量1gあたりアングルパワーカードに1ポイント加算する内容です。(つまり、検量ウェイト500gなら、カードに500ポイントを加算致します)※ただし、胴長15cm以上のアオリが対象となります。
■もちろん、その他お楽しみのイベントも開催します。ご興味のあるお客様、お仲間を誘ってぜひご参加ください。
    
同行者:海遊釣具 村岡 早苗/アングル本部 前田 大輔
報告(写真・文責):アングル本部 植地 尚道
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)2001-2006 ANGLE Corporation.All rights reserved.