アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■■アングルスタッフ船釣り研修レポート■■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2006.10.18(水) アジ 広島湾 「江の島・柱島・怒和島周辺」
船釣り サビキ・胴突き釣り



■陸ではサビキやタチウオ、船ではアジ・サバ・メバルなど…まさに秋の爆釣シーズン真っ只中の10月18日、私達は旬の魚を釣るべく船釣り研修に出発したのでした。
■今回お世話になったのは廿日市港から出船の『英進丸』さんです。まず、新江船長に挨拶を済ませ、朝6:30に廿日市港を出港です。
■約15分くらいで最初のポイントに到着しました。まずは、絵の島周辺のポイントでアジ釣りです。もくもくとサビキをセットし釣り開始です。しかし、ここで潮どまり…。しかし、そんな状況にも関わらず、船長はすぐに25cm前後のアジをゲット!!
■アジを見た私達は、ヤル気満々で釣りに集中します。それから少し時間が経ち、船長から「ちょっと移動するよ」とアナウンスがあり向かった先は柱島周辺。しかし、新江船長は何かに気づいたようでまた、すぐに移動です。そして20分ほど船を走らせ今度は怒和島周辺に到着です。ここはマキエ禁止なので仕掛けをチェンジ!!仕掛けは、船長オススメ「カブラ付き3本針」、オモリはホゴ鉛をセットします。カブラが付いていない針にはサシエに「生イキくん」を付けて、いざ釣り開始です。
■仕掛けを着底させて、ハンドル2回転(約1m)巻き取り、アタリを取ろうとした瞬間「ビビッ!!」とすぐにヒットです。最初の1匹なのでバレないように慎重に上げると美味しそうなカサゴ(ホゴ)でした。

■そして、本店副店長の山内さんもヒット!!しかもカサゴとギザミのダブルヒットです。しばらくはヒット連発でした。(バラシも多くありましたが…)楽しい時間はあっという間で、もうお昼です。
■私も山内さんも少しお腹が空き始めた頃、船のデッキの方から炊き込みご飯のイイ匂いがします。それから私達は後ろにずっと気を取られっぱなしです(笑)そして、せんちょうから「休憩しよう」の一言。私達は「待ってました!!」とばかりに炊き込みご飯に近づき(笑)、お昼休憩です♪気になるご飯は、新江船長特製、鯛めし&船長が出船前に釣られていた太刀魚の刺身!!もちろん味は絶品!!ゆったり船に揺られながら、自然に囲まれ、ご飯を食べる…最高です。そして、もちろんおかわり(笑)しかし、食べることにあまりにも夢中で昼食の写真を取りそびれていた事に後で気づいたのでした。。
■美味しいものを頂き、パワーチャージしたところで再び釣りを開始。またポイントを少し変え、水深50mくらいの所に仕掛けを入れます。周りには他の船も数ハイ釣りをしており、どうやらここはアジロのようです。


■仕掛けを投入して間もなく、山内さんにアタリがあります。今までの根魚とは明らかに違う青物の引き!!間違いなくアジです。バレ無いように慎重にリールを巻き、無事本命アジをゲット!!
■すると、よそ見をしていた私にもヒット!!「僕もアジかも…」と口切れしないようにゆっくりやりとりし、私も本命ゲットです!!「今晩は刺身♪」などと考えていると立続けにヒット!!後ろを見ると山内さんも釣れています。その後2人で、アジ・カサゴと美味しい食材を数匹追加しました。


■夢中になっていたので気づきませんでしたが、いつの間にか納竿の時刻。船長の指示で道具を片付け、港への帰路に着いたのでした。
■1年中旬の魚が狙えたり、思わぬ大物と遭遇できたりと、瀬戸内の船釣りは魅力満載!!皆さんも自然に囲まれながら、のんびりと今晩のおかずを釣りに出かけませんか?腕利き(料理も!!)船長が温かく迎えてくれますよ!!
取材協力:英進丸(新江船長)
пF080-1900-0564(予約)
乗船場所:廿日市港(廿日市大橋西側桟橋)
報告(写真・文責):アングル本店 小田 真之・山内 敏弘
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)2001-2006 ANGLE Corporation.All rights reserved.