アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■■ アングル提供ケーブルテレビ番組「釣ってらっしゃ〜い!!」収録
「絶好調!!広島湾の太刀魚ジギング&バーチカルボートエギングに挑戦」 ■■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2006.11.16(木) タチウオ・アオリイカ 広島県広島湾「宮島〜奈佐美水道〜能美沖」 ジギング・エギング



■あっという間に11月も半ば。別に忘れてたワケではないのですが、なんだかんだと忙しくすっかりケーブルテレビのロケのスケジュールがパツパツとなってしまった、11月16日。急遽、ロケをブッキング。狙いは今注目の船釣りターゲットである「タチウオ」。連日のように良い釣果が出ていることから、レポーターの相本さんも楽しめるだろうということで、アングル号にて広島湾のタチウオ釣りを行ってきました。

■この日はジギングとエサ釣りの両方で太刀魚を狙ってみることと、もしあまりにも順調にロケが進むようであれば【お土産釣り】としてバーチカルボートエギングにも挑戦してみようと目論んでの出船です。
■午前7時、五日市港を出港しあっという間にポイントである宮島の沖に到着。朝の活性の高い時間帯はジギングで挑戦です。今回の先生役は昨年より太刀魚ジギングに通い詰めかなりのテクニックを持っている本部スタッフの前田君。私はあまり太刀魚ジギングに関してウンチクがないので、今回は控えめです。
■釣り初めて、私の第1投目・・・40m前後で一旦「コツッ」となにやら変化がありました。『おかしい・・太刀魚ちゃんn!?』とおもむろに竿を軽くシャクリながらリールを3回転くらいした時でしょうか、いきなりヒットです。幸先の良いスタート。

■そしてレポーター相本さん、前田先生もダブルヒット。朝の良い時間帯でいきなり良い感じで盛り上がります。っと、別船を見ると、アングル本店と草津店のメンバーがアジアマリンさんでジギングをやっているではありませんか。さすがはプロ。良く釣られていました。
■朝9時頃まではコンスタントに群れが見つけて、ジグを落せば誰かがヒットさせる状況です。数が釣れて来るとやはり欲が出てきます。今度はいかに大きな太刀魚を釣るか・・・っとそこへレポーター相本さんのサーベルダンスがズキュンと弧を描きます。そして上がって来たサイズは驚愕のビッグサイズ!!これはぜひOAでお確かめ下さい。これには私達も脱帽でした。
■朝9時頃まではコンスタントにヒットしていたものの、それ以降、太陽が高くなるに釣れて活性は下降気味・・・。ジグにはバイトはあるもののミスバイトが多く、なかなかフッキングまでには至らなくなって、私はおもむろにエサ釣りに転向です。エサ釣りの仕掛けは至ってシンプル。天秤仕掛けに堤防用の太刀魚仕掛けに、エサは★ホタルイカ★を使用。
■このホタルイカ。めちゃくちゃ食いこみが良いんです。とにかくコツコツしたアタリがあった時はもうハリまで食ってる状況で、太刀魚釣り特有の「食ったかな?まだかな?」というタイミングを見計らう必要が全くありません。イカという身が柔かいので食いこみは抜群ですし、なおかつ比較的エサ持ちも良かったですよ。今回はホタルイカを1つの仕掛に2匹刺しが好調でした。多少エサにもボリュームを持たせるのが良いのかも知れません。
■なんだかんだで太刀魚も食べる分十分釣れたということで、お昼前にはお土産釣り「バーチカルボートエギング」に挑戦です。

■昨年から私はこの釣りを行っておりおよその要領が分かっているのでポイントに着くや、私が皆さんに仕掛の説明・釣り方の説明をして実釣です。

■するとまずは前田君。いきなりコウイカを連発させた後は、本命も連発させます。このあたりの釣りセンスはすぐに吸収するあたりが驚きです。
■その後、私にも待望のヒット。師匠的存在の私に釣れてなかったので正直、若干ハブて気味ではありましたが、なんとか1パイをキャッチし、残るはレポーター相本さん。彼女は前回の大島の陸エギングでノーキャッチと奮わなかっただけに、今回にばかりはなんとしても釣りたいはずです。半分諦めかけて、竿を適当に煽っている相本さんに「とにかくシャクって、底取って、またリーダー分巻き上げて、またシャクル!!」と話しかけます。
■残り時間もなくなり、『次を最後のひと流しにしよう』と相本レポーターのメイクドラマに期待込めて流しはじめてしばらく・・・「キタかもー!!!」と相本レポーターからヒットコール。竿を見れば、ギュンギュンと間違い無くイカがヒットしています。最後の最後でホンマにやってくれました。劇的なフィナーレで最後を良い形で締めくくれました。

■今回は釣れすぎてしまい私がカメラマンに「今回は編集が大変ですね(笑)」と言う余裕があるほど、自信を持ってぜひ見てくださいと言える内容に仕上っていると思います。テレビももちろんご覧頂ければ幸いなのですが、なによりもやっぱりこれだけ近いところでこんなに釣れるというのを、これをご覧になられたお客様ご本人でお確かめ頂くのがいちばん楽しいのではないでしょうか。

■そろそろ防寒服が釣りには手放せない時期になりましたが、海の中は超HOTです。アングルでは遊漁船の斡旋も行っておりますので、ご興味のあるお客様は店舗スタッフまでお問い合せ下さい。経験豊富なスタッフが釣れ筋タックルもこっそり教えちゃいます。ぜひお仲間を誘って初冬の広島湾を満喫下さい。
    
同行者:アングル本部 前田 大輔・中村 秋雄
報告(写真・文責):アングル本部 植地 尚道
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)2001-2006 ANGLE Corporation.All rights reserved.