アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■週イチめばる釣行計画 ★第5弾★ 厳しい時もあるさ。メバルアー。■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2006.12.26(火) メバル 広島県廿日市市「廿日市木材港カルビー工場裏」 波止釣り ルアー



■12月より毎週夜な夜なメバルアーに情熱を傾けていよいよ★週イチめばる釣行計画★も第5回目となり。本年最後のお届となりました。先日は、メバルンフェスタWEST-SIDEが開催され、今季はまだ水温が高いせいなのかアジの釣果が多く、本命のキーパーメバルのエントリーが少なかったことは、イベントレポートでご案内のとおりです。

■今年の傾向では比較的広島市内近郊の方が良型が出ているという、他のお客様からの情報があり、どうしたことか遠くへ行けば行くほど、難しい釣りになりがちなのでは・・・と思い、今回はすぐ近くの木材港で竿を出してみました。
■釣場に到着したのは深夜1時くらいだったでしょうか。最初は、木材港の馬鈴薯倉庫の前付近で様子見。しかしこの日は風が強く、かなり釣り辛い状況だったので、少しでも風が避けられるように、カルビーの新しい工場裏の水路へ移動。そこへはすでに釣り人の姿が。

■話しを伺うと、水面付近でアタリはあるようです。このポイントは車を止める辺りにオレンジ色の外灯があり、明るいですが、そのちょっと奥(廿日市方面)は真っ暗。ですがこの先に小さな一文字があります。以前、この一文字の先端でシーバスを釣った事がありますが、その時もメバルらしき魚影が伺えたので、私はてくてくと暗がりの一文字方向へと釣りさぐってみました。今回は「いきなり型狙いで」とミノーを結んで手前の敷き石の先を探ります。
■「型狙い」かと思われたのですが、容赦なくちびっこがアタックしてきます。しかも1ヶ所で何匹も。面倒くさくなったので、一気に一文字へ移動します。
■一文字波止の先端はすでに潮が引き潮になっており、水道は川のように流れていました。耳を澄ませば、水道の下流側でバシャ!!バシャッ!!とボラともなくシーバスでもなく、メバルらしき捕食の音が。サイズもそこそこ良さそうです。

■しばらくミノーでトライしますが、反応はありません。ならばとお得意の全層スルスルリグに変更して、まさしく「本流釣り」。ラインを張らず弛めずのテンションで流し込んでいると、およそ20m先くらいで「ブルブルッ」としたアタリ。スイープに合わせてみたのですが、上がって来たのはやっぱりちびっこ。何度か同じ様にチビッコが釣れてきました。潮もかなり下げ、一文字の下のスリットが見え始めた頃、半ば諦めムードでスリットの下に水中ウキを流し込んでみました。

■するといきなり「ギューン!!」とひったくられて見事に高ギレ。メバルにしてはめちゃくちゃ引っ張ったので多分、シーバスか何かだと思いますが、「もしかしたら・・・」の期待を込めて、再びトライ。
■そしてすぐにヒットしたのはこの日にしては良型の17cm前後。スリットの中から引きずり出す感覚ですので、あまり釣り応えは良いとは言えませんでしたが、厳しい中でもなんとかキャッチです。

■その後もしばらく同じような釣り方で狙いますが、はやり釣れてくるのは10cmちょっとのチビッコばかり。今日はこのへんで終了にしようと思い、車へ戻ります。

■駐車スペース前で釣り続けていた釣り客の方は「時折バタバタと連発する」とのことでしたが、はやり良いサイズは難しかったようです。
■2006年最後の★週イチめばる釣行計画★ビッグフィッシュで綺麗に幕を下ろせないところが釣りですね。今季のメバルはやはり釣季がちょっと遅れているように思います。まだお腹もほとんど膨らんでないですので、もうしばらくは広島近郊でも数釣りが楽しめそうです。

■とりあえず2006年の★週イチめばる釣行計画★はこれにて終了ですが、春まで続くメバルシーズン。また時間を作って、釣行したいと思っております。ぜひ皆様も冬のメバル釣り、思い思いの釣り方で楽しまれてみてはいかがでしょうか。
    
報告(写真・文責):アングル本部 植地 尚道
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)2001-2006 ANGLE Corporation.All rights reserved.