アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■■2006年の釣り納めはやっぱり武者泊!!■■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2006.12.26(火) グレ 愛媛県南宇和郡愛南町「武者泊の磯」
フカセ釣り


■今年最後の釣り納めに行こう!ということで、私(梶原)と同店スタッフ丹下さんの2人で「武者泊」へ行くことになりました。今年絶不調の丹下さんは、なんとしてもいい結果を出して今年を締めくくりたい思いです。が、その気持ちを流すかのように天気は雨(ToT)さて、結果はどうなる?どうなる?
■今回は「いろは渡船」さんにお世話になり、午前6:40に出港です。雨が降っていますが気温はそれほど冷たくなく、午前中は風もあまり吹かない状態からのスタートです。まずは撒き餌を打ち込み様子を見ます。少しだけ魚影は確認できますが、グレの姿は見えません。潮はゆっくりといい感じで動いてはいます。
■状態を確認した所で仕掛けの準備に入ります。仕掛けを作って行く方もおられますが、やはり釣りをする磯、場所でその状態を確認して仕掛けを作ることをオススメします。
■私の仕掛けは道糸3号に、ハリス4号、ウキは0号、ハリはアワセ尾長7号を使用し、ハリスは2ヒロとって道糸と宮川結びで直結し、ハリから約50cmほど離れた場所にガン次郎5を打ってスルスルで探っていきます。今回のウキであるシマノ『ファイヤーブラッド』は仕掛けを切らずに固定⇔スルスル(遊動)の変更が出来るのでとても手返しがスムーズに行きます。糸の直結部分にはクッションゴムを入れて雨季がハリスに来ないようにします。カラマン棒を入れても良いのですが、宮川結びはコブが大きくできるのでクッションゴムだけで十分止まります。この宮川結びは超カンタンなのに結束率が高く非常に気に入っています(^・^)。
■丹下さんの最初の仕掛けは、道糸1.75号、ハリス1.75号を2ヒロ、ウキG3、1ヒロ遊動のサルカンの上にG3のガン次郎、ハリスの真ん中にG6を打ちます。

■釣り始めて3投目、私に「ヒットー!!」ですが、勢いはあるもののガンガン首を振るこの引き・・・予想どうり40cmのサンノジが上がってきました。
■続いて遅めのスタートの丹下さん、1投目からヒット!!かなりの手ごたえ!!「いきなりですか〜!!」と言ってる内に「プッツン!!」「ちょっとボーっとしよったら来たわい。」と体勢をるのが遅れたので遭えなく1匹目を逃がします。
■しばらくしてまた丹下さんにヒット!!今度は逃がしません!!大きく竿をしならせ寄せてきますが魚も首を振って抵抗します。正体は35cmのアイゴでした。それからはアイゴ・サンノジが2人交互に釣れていきます。
■お昼に風が強くなってきたので磯代わりです。最後の2時間気合を入れなおし餌を投入していきます。そして再び丹下さんの竿が大きな弧を描きます。ガンガン締め上げていきますが、なんと道糸から切られてしまいました。その後私にも大きなアタリが来ますがこれもまたサンノジ・・・。まだ2人ともグレの顔を拝んでいません。アメニモマケズ、カゼニモマケズ・・・頑張りますが遂にタイムアップ。
■残念ながら今年の釣り納めは煮え切らない気持ちで終わってしまいましたが、来年の釣りを期待して再び足を運ぶことでしょう。

■皆様の良い釣果と安全を願い、来年もアングル松前店をよろしくお願い致します(m_ _m)
私(梶原)の仕掛 丹下さんの仕掛け
道糸:3号
ウキ:0号(シマノ
ファイヤーブラッド)
ハリス:4号(サンライン
松田ブラックストリーム)
ハリ:7号(がまかつ あわせ尾長)
ガン玉:ジンタン5号
(MFT ガン次郎)
道糸:1.75号(サンライン
松田ブラックストリーム)
ウキ:G3(ダイワ Gスペック)
ハリス:1.75号(サンライン
松田ブラックストリーム)
ハリ:8号(がまかつ ボイルグレ)
ガン玉:G3(上)、G6(下)
(MFT ガン次郎)
協力渡船:いろは渡船
пF0895-83-0335
出船場所:愛媛県南宇和郡愛南町福浦港
報告(写真・文責):アングル松前店 丹下 直紀/梶原 一途
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)2001-2006 ANGLE Corporation.All rights reserved.