アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■■ 大型タチウオ連発!!絶好調!!タチウオジギングレポート ■■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2006.1.17(火) タチウオ 愛媛県「中島周辺」 船釣 ジギング



■またまた行ってきました。常連のお客様仙谷様、前回ご一緒させてもらった田中様、デキスパートジギンガーの佐藤様、竹内様、当店スタッフの前田君と私、初チャレンジにある叔父の丸岡様以上7名で釣りに行ってきました。今回もお世話になった、腕利きの永田船長が操る「アジアマリンサービス」の船で廿日市港から7時に出船。

■今回は前回、前々回と違って凪で楽に釣が出来そうな絶好の釣り日和で気合の入るメンバー。特に田中様と前田君は前回の結果に不満が残ったそうで、顔つきも違って良い顔をしています。「ヤッチャルで!!」みたいな(笑)
■ポイントに到着したのが8時30分過ぎ、永田船長が活性の高いタチウオを魚探で探し、船を流します。10分くらいして、「良い反応が出てるよー始めようかー(永田船長)」流し初めて、すぐにサイズは小さいものの全員すぐに安打。

■さすが!!腕利き船長はタチウオの活性も見極めてポイント絞ります。

■じょじょに活性が高くなり始め、船中は入食いモードへ。初めての叔父もコツを掴んだようで数を伸ばします。
■簡単そうで奥深いタチウオジギング。明確にうまい人とは差が出てしまいます。私もタチウオジギングは理解しているつもりでしたが、エキスパートジギンガー佐藤さんにはどんどん数を離されて行きます。

■佐藤さんのやり方は実に基本的な事なのですが、これができるかできないかで、数も大きく変わってきます。
■やり方は、船長の指示棚から下5mまでジグを落す⇒船長からタチウオの反応がある範囲を聞いて、範囲+10mと少し広くジグを動かす(探る)。その間にタチウオの当たりがれば、当たった棚を覚えておき、当たりのあった棚を何回かジグを動かす(探る)といった感じです。

■特に当たりがあってフッキングに持ち込めなかった場合はすぐに2mぐらい落としてはまた2mうごかすとすぐ釣れるパターンが良くあります。動かし方はスロー(ゆっくり)が基本で、@竿を上げる(ジャーク)⇒竿を上げた分だけリールを巻くの繰り返し。A竿を上げる(ジャーク)⇒上げた分だけリールを巻く、ジグのウェイトを感じない程度竿を倒して(50cmくらい)、倒した分のフリーフォールの繰り返し。

■まだまだありますが、およそこの繰り返しで何とかなります。この動きにステイ、フォールでタチウオの「当たり」が取れるようになれば、グッと釣果が上がると思います。

■午前中「20匹目ー!!」など早くも皆さんそこそこの数は釣られて満足のご様子。写真が入れ食いモードの時の写真で、全員安打。私は撮ってもらえず(泣)休憩を挟んで、ラスト2時間で場所を大きく移動して、「デカイのが出るポイントよー(永田船長)」と・・みんな気合が入ります。午前チュにしていたポイントは水深40〜60mまで。ここのポイントは70〜75mとかなり深く大型実績ポイントみたいです。

■船長が「水深70m底から10〜30まで反応があるよー」と結構拾い範囲でタチウオがいるようです。後半レギュラーサイズがポツポツと釣れる中やってくれたのが、今回初ジギングの丸岡さん。ぱっと見た目にも軽く指5本は超えているのが分かる良型タチウオ。それに続いてダントツの水揚げ量を誇る佐藤さんが、「ええのんがきたよー(笑)」とビッグファイトを展開中。船中で6本サイズが数本釣れた後、さらに大きな指7本に迫るサイズを釣上げ、アジアマリンHP用に永田船長が写真撮影。これを見せられた張り詰めた空気がパッときれてヤル気をなくしたのは私だけではないと思います(笑)かなりやられた感じです。
■船長が「ラスト1時間にします」というコールで、急遽思いついたように、私はラスト1時間数釣りプチ大会しようとみなさんに提案。ということで急遽大会決定。コーヒー1本を賭けてのカワイイ大会。
■参加メンバーは大型のタチウオを釣っていない、田中様、仙谷様、前田君、私の4人(笑)これには絶対の自信がありましたが・・・1流し目から、仙谷様から「釣ったよー」・・「2匹目ゲット」と思わぬ連発に田中様、前田君は無言で真剣になります。

■その後、しばらくの沈黙。10分くらい当たりがないまま経過したところで「ヒット」とここで田中さんが怒涛の3連発。同点になったと思いきや、すぐに田中さんが逃げ切り4匹目をキャッチ。さらに5本目をキャッチされた田中様。船長のラスト10分コールと最後のひと流しに私に4匹目と5匹目が釣れて同点のままプチ大会が終了したのでした。

■「やっぱり釣具屋さんじゃねー(永田船長)」と格好だけは付きました。ぜひ仲間内で数釣大会をやってみてください。なかなか熱くなりますよ。午後3時に釣りを終わり、廿日市港に4時30分過ぎに帰港。アジアマリンお決まりの集合写真を撮って終了となりました。
■写真のサイズはクーラーで持って帰った後の写真で若干縮んでいますが、10.5cm。船で測ったときは11cmあったのに・・・。例年なら3月までできて、大型も飛び出すタチウオジギング、ぜひ遊びに行ってください。脂が乗って最高に美味しいですよ。刺身は最高でした。
■当日の私の太刀魚ジギングタックル■
ロッド: シマノ マーベラス66/ティムコ アクアプロジェクト65
リール: シマノ カルカッタコンクエスト201
ライン: モーリス バリバス ライトジギング1号(16ポンド)200m
※10m×10色のラインカラーが非常に見やすく当たり棚が分かりやすいのが特徴。
リーダー: モーリス バリバス ショックリーダーフロロ16ポンド(4号)LB5m
ファイティングリーダー: モーリス バリバス ショックリーダーフロロ80ポンド(22号)1m
※噛み切られないように極太リーダーです。
使用ジグ: ・アムズ Ro80g/100g アングルオリジナルカラー各色
・ブリス K.Iタチウオ85g/100g
センターフックにはオーナー ST31 バーブレス サイズ#2
リアフックにはオーナー SQT-21 4本バーブレス サイズ#2

※スプリットリングはセンターへはスミスなら#3、バリバスなら40LB、リアへはオーナなら#5、スミスなら#5と大きめにしています。ブリスのK.Iジグにはセンターアイへはフックサイズ#4が適当になります。
     
利用遊漁船:アジアマリンサービス(船長 永田)
TEL 082-292-1137(携帯090-3177-7201)
出船場所 廿日市ボートパーク
http://www.ne.jp/asahi/azia/marine/index.html

同行者:田中様/仙谷様/佐藤様/竹内様/丸岡様(お客様)
パワーアングル草津店 前田 大輔
報告(写真・文責):パワーアングル草津店 木原 敏勝
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)2001-2006 ANGLE Corporation.All rights reserved.