アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■■冬の怒和島沖で一発大物狙い!!■■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2006.1.8(月) ハマチ 愛媛県松山沖「怒和島沖〜クダコ周辺」
泳がせ・ジギング

■1/8にハマチ行かない?と海ちゃん谷川船長に誘われて行くことが決まったハマチ釣り。私は初めてですがエサ釣りで行こうと決め、道具を急いで揃えました。
■朝6時半草津港を出港し怒和島に向かいました この日は風が強く、波が広島側で0.5〜1m、怒和島まで行くと1.5〜2.0mと時化気味の予報だった為船が出るか心配。 何とか怒和島まで来ると船を海ちゃんから大洋丸に乗り換え、まずエサ用のアジを釣ることとなりサビキ開始。
■メバル、マイワシと美味しいが本命ではない魚の猛攻に会いながらも何とかアジを揃え、いよいよ今回の本命ポイントに向けて出発。

■私の仕掛は竿をソルティガヒラマサ54S、リールは電動のハイパータナコン400Fbeにディープワンの5号を巻いていました。
■まずトルネードVハードの10号を道糸のPEに結び、一ヒロ取ってから親子サルカンに結び、下に同じV ハードの5号を捨てオモリ用に結びオモリの80号を付けました。ハリスはVハードの10号を一ヒロ取りがまかつのブリ・ハマチの13号を結び活きアジを付け釣り開始。
■クダコは急な斜面のポイントで、傾斜に合わせてエサの活きアジを泳がせて釣る場所です。底を取るのに慣れないとすぐ根掛かりしてしまいます。私も3Kは切れました。 釣り方は、底まで落しすぐに5m巻き取る。そしてコンッと底に当たったらまた5m巻き取るという釣り方で探っていきます。場所によっては急な斜面になっている為、底に当たったら巻き取るという間隔が短く、すぐに巻き取らないと根掛かりしてしまいます。
■このポイント、水深50mから一気に30mまで浅くなるのですが魚がアタる所は20〜35mの所が多いようです。その為根掛かりが多いとエサ釣りの場合底まで落さずに30mラインをキープしてその水深の斜面に当たるようにしたらいいそうです。
■数回流した所で船首にいた方がヒット、谷川船長がすぐタモ網を持って駆けつけていました。この方は90cmクラスのブリも釣られていました。

■その後昼の休憩をはさんで場所を移動し釣り再開今回は水深が先ほどの所より浅く、40m前後から斜面の上の方は15m前後まで浅くなっていました。
■数回流していくと船の反対側でかなり大型のヒラメが来たらしく写真を撮らせてもらおうと竿を持ったまま移動していると私の竿がググッーと引き込まれました。アワセを入れるとアジがすっぽ抜けたようでハリ掛かりはしませんでしたがそのままゆっくり引き上げていくとまた竿が引き込まれ少し送ってからあわせると今度はしっかりハリ掛かりしたようです。仕掛が太いので強引に引き寄せると70cmちょっとのハマチでした。
■反対側のヒラメは90cm程あり縁側取り放題という感じでした、個人的にはあちらの方がよかったです。この日はジギングにアタリが無く、泳がせのみにアタっていました。 その後3時半程まで釣りをして大洋丸から海ちゃんに乗り換え帰港。
■帰りは思った程時化ておらず、かなりスムーズに帰れ5時半頃草津港に着きました。 船全体の釣果がブリ1匹・ハマチ2匹・ヒラメ1匹とやや残念な結果に終わりましたが、掛かった魚全て大物で一発大物狙いだとかなり楽しめると思います。ベストシーズンは秋という事です。海ちゃんで9月にまたこの怒和島に来る様です。またメバルやタチウオなどの遊魚を普段やられているので詳しくは海ちゃん谷川船長にお聞き下さい。
利用渡船:海ちゃん(谷川船長)
TEL:090-1018-6567
料金:怒和島・クダコ⇒11,000円(1人/乗合)
報告(写真・文責):パワーアングル草津店 岡本 和士
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)2001-2006 ANGLE Corporation.All rights reserved.