アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■■ まだまだ釣れます!!大島ケンサキエギング ■■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2006.2.16(木) ケンサキイカ 山口県大島郡「周防大島 森」 波止 エギング



■2月16日雨のち曇り。アングル本店クルーの小田君、和田君コンビがケンサキエギング釣行で大島に上陸中との情報をキャッチし追跡することとなりました。
■午後8時に携帯で連絡を取ると、森の漁港に向かっているとの事。私も後を追う形で出発です。午後8時30分に現場につくと外灯の灯る堤防の先端付近で竿を振る2名の足元にはすでに5ハイのケンサキイカ(胴長20〜24cm)が横たわっています。「ううわ!!やっちょるげ!!君ら天才やないん!!」と1人興奮ギミの私を4戸目に和田君にヒット。「びよーん」と触腕1本です。

■これを見た私もすぐさまキャスト。ですぐにキャッチ!!とまたすぐ横では小田君、和田君の竿が曲がっています「ダブルヒット!!」
■これはいきなりのチャンスタイム!!でしょう。私もすぐさま2ハイ追加です。このペースだとクーラーいっぱいのイカもぐれコースかと思われましたがそうは問屋が卸しません。この後はさぱりアタリが遠のきました。「内港に入ってとるんやないん?」と内港にキャストすると、やりましたナマコ君です。ンーナウシカに出てくる蟲そっくり?
■その後もキャストを繰り返しますが誰にもアタリがありません。結局3人で11パイと大蟲1匹に終わりました。まだまだ大島にてケンサキイカが釣れています。日によってはこの森野、下田、和田といった各港で30パイ以上釣られた釣り人もおられますので、今後も期待できます。

■この日のヒットエギはアオリーQ3.5号でカラーは黒髪がセクシーなSL9です。
■釣ったイカは内臓を取り、お祭り気分で串焼きにしました。特筆すべきはお祭りのイカより柔かいです!!旨いです!!
   
同行者:アングル本店 和田 聡文・小田 真之
報告(写真・文責):アングル大島店 朝比奈 直也
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)2001-2006 ANGLE Corporation.All rights reserved.