アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■■ 真冬のF.L高宮でトラウト快釣!!天気良ければ気持ちいい!! ■■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2006.2.9(木) トラウト 広島県安芸高田市「フィッシングレイクたかみや」 管理釣場 ルアー



■三寒四温とは言え、まだまだ寒さが身にしみる今日この頃。本来ならば、山陰浜田でのヤリイカ爆釣ツアーを予定していた休暇でしたが、あいにく山陰は波高5Mの大シケ。あえなくヤリイカを諦めて、釣友の尾崎君を誘い、冬のフィッシングレイク高宮へ遊びに行きました。

■この日は前日の未明から降り積もった雪がおよそ40cm。ちょうど山陽自動車道で大きな玉突き事故が起きた日でした。私も高速で釣場へ向かう際、まだ除雪されていない道路にドリフトしながら、なんとか釣場まで辿り付いた状況でした。

■駐車場にはお客様が2名いらっしゃるようで、1名は朝から釣りをしていた尾崎君。「おーい!!」と呼んでランディングネットを肩に担ぎ、雪道を歩く尾崎君。相当やりつけている構えです。
■釣場の状況は足場はすでに除雪済みながら、早朝に湖面が結氷していたらしく、割った破片が流氷のごとく風で岸に流れ着く状況。天候は雪は降らずに見事に快晴。日差しがあるだけでもありがたい。

■魚のコンディションは平均水温4.5℃と活性は高くない水温ながら、表層には時折ディンプルライズが見られ表層〜中層での釣りが楽しめそうです。底は冷水域なため非常にタフなコンディションとも言えます。早速、エリア3のシャローからのカケ下がりを狙うことに。
■釣り始めてすぐに尾崎君がヒットさせます。私達の中では、「冬はシルバーベース」がキラーカラーになるケースがあります。おもにスプーンを使った釣りなのですが、ウラ側が銀色のスプーンに好反応でした。

■私は広範囲に回遊マスを拾い釣りしようとバイト3gの黒銀と最初に使うものの、アタリはあるもののフッキングできません。どうやら魚もあまり元気じゃないので、重いスプーンでのリトリーブスピードに付いてこれないようです。
■尾崎君のスプーンは「忠さんのスプーン バイト2.4g」。このスプーンは動き自体は激しくなく、アピール度は少ないように思えますが、縦方向に動くロール系のアクション。このアクションが低活性時のトラウトには効くのでしょうか?次々と掛けていきます。

■さらにはなんとも洒落たリリースの仕方をしています。「水が冷たいから触れたくない」という理由から、フックリリーサーで上手にハリを外してリリースします。

■魚にとっても、人間にとってもナイスなりリースです。実は私も本店でプレッソのフックリリーサーを購入し、試しに使ってみますが、まだ慣れてないのか、フックを外す際、ハリを折ってしまいそうで・・・面目ない。
■出遅れていた私もようやくパターンを掴みます。5連続ヒット。3バラシ。いつも手前で「プッ」とハリが外れてしまうため、相当慎重にやり取りしながらも、久しぶりの管理釣場の感触を楽しみます。

■私もスプーンはバイト2.4gやミュー2.2g、ノア2.6gなどダーク系のカラーをローテーションさせて尾崎君にプレッシャーを与えます。
■夕刻が近くなりマネージャーの小田さんが来られてからは「黄昏釣り」。夕方はかなり表層でもアタリが出る中、適当に楽しみ終了となりました。

■今回はスプーンだけでなく、ミノーもたまにやっていたのですが、元気なシルバー(ギンザケ)がチェイスしてきます。中には90cm級のイトウやビッグトラウトが数多く残っており、釣り方次第では大物狙いも楽しめる状況でした。

■2月後半、3月は雪溶け水の流入で水質は至って良好。水温は低いですが、スロー×クイックのメリハリの効いた釣りが楽しめること間違いなし。女性や子供さんでも楽しめる冬のエリアに足を運んでみませんか?
   
同行者:尾崎 裕司 様(お客様)
報告(写真・文責):アングル本部 植地 尚道
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)2001-2006 ANGLE Corporation.All rights reserved.