アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■■ ハードプラグでメバリング!!まだまだいける、メバル春の陣 ■■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2006.4.16(日) メバル 江田島市「切串港〜小用港」 波止 ルアー



■このところ、メバルのハードプラグへの反応が良くなってきたとの情報で出撃の機会を伺っていたところ、日曜日の天気が月曜日にかけて回復するとの予報で、急遽江田島方面へ釣行することにしました。1人ではちょっとさびしいな、と思っていたら、タイミングよく(悪く?)お客様の赤岸様が来店され、このまま拉致して(笑)の釣行となりました。(赤岸さんいつもスイマセン…)倉橋島に比べると少々遠いのですが、まずは切串港まで行き、そこから帰ってくることにしました。
■港について海を見てみると良い感じで凪になっています。多少ですがライズも見えています。まず私はバスデイのシュガーミノー50Sホロコイカカラーで、赤岸様はワームで様子見です。30分ほどやってみましたが、12〜13センチのチビメバルが5〜6匹釣れるだけでいまひとつ反応がよくありません。赤岸様には50cm位のシーバスがヒットしましたが、痛恨のラインブレイクでバラシ。そこで少し徒歩で移動し、そこからやってみることにしました。
■そこでの私の第一投、プラグが着水して3秒後から軽いトゥイッチを繰り返したロッドに今までのチビメバルとは明らかに違う力強い引きが伝わってきます。ロッドの弾力で寄せてくると、明らかに20センチは超えています「結構良い型が釣れましたよ!!」と声をかけ、釣り上げてみるとグッドコンディションの24センチのメバルでした。この1匹で2人とも俄然火が付き、プラグを引き倒しますが20センチを1匹追加したのみで後が続きません。
■そこで今度は小用港に行ってみることにしました。着いてプラグを投げるといきなり赤岸様にヒット!!20センチのいいメバルです。なんと、初めてプラグでメバルをゲットしたという赤岸様も興奮気味です。その後はチビメバルが1投で何回もバイトしてくるほど入れ食い状態です。
■小型連発中で何匹かキープできるメバルをピックアップしていると、赤岸様のロッドがきれいなカーブを描いて曲がっています。「コレは結構大きいですよ!!」と言いながらキャッチしたのは23センチのメバルでした。「いやー、プラグって釣れるんですね!!」としきりに感心されています。
■その後はチビメバルを数匹追加して終了となりました。実質2時間半の釣でしたが、プラグに対しての反応は良く、十分に楽しめました。もうメバルのルアー釣りも終盤ですが、プラグを使ったゲームは今がまさに旬です。ゴールデンウイークは今期のメバルアーの仕上げに行かれてはいかがでしょうか。
同行者:(お客様) 赤岸様
報告(写真・文責):アングル小屋浦店 吉村 慶
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)2001-2006 ANGLE Corporation.All rights reserved.