アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■■広島西部もキス好調!!地御前港で良型キス連発!!■■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2006.6.8(木) キス 広島県廿日市市「地御前港」 波止 投釣り



■この日は午前中はケーブルテレビ「釣ってらっしゃ〜い!!」の取材で、元宇品で取材でしたがロケが終了するころには天気予報がピタリと当り、あいにくの雨模様に・・・。今回の取材には気合を入れてエサを多少多めに用意していたため、ちょっと余ってしまい、このまま終わるのも忍びないという思いと、「最近の広島西部(本店・草津店)エリアのキスはどうなん?」という衝動にかられ、急遽雨を覚悟で午後からも釣りをすることになりました。

■そんな私の提案に『お供します!!』と応えてくれたのは、本部メンバーの前田君。雨の中ほそぼそと1人で釣りをするのを考えると、超強力なメンバーです。(島也名人は連日釣行の疲れか、めずらしく「遠慮しときます」と・・・)

■道中車の中では、早速何処で釣ろうかという話しなり、「草津港」「井口港」「三筋川の河口でピンギスは釣れるらしい」「大野あたりもやってみたい」と広島湾西部のポイントを次々と挙げる中、”地御前ってどうです!?”という話しにまとまり早速地御前港へ向かいます。天気は雨とはいっても土砂降りではなく、パラパラと降ったり止んだりの天気なのでなんとかなりそうです。

■釣り場に到着して早速準備にとりかかります。ポイントは前田君オススメの港西側にあるカキ生産会社近くから廿日市方向に向かって伸びる全長100m足らずの小さな波止場。船道を挟んで、沖側には一文字波止があります。前田君曰く、『ここは港内がアツイんですよ!!』ということで、早速港内を釣ることに。するとすぐに小さなアタリがあるのですが、ハリに乗りません。おそらくトラハゼの小さいのでしょう。しばらくやってみますが、キスらしき良いアタリが出ず、港内、外側といろいろなポイントに仕掛と投入してはみますが・・・釣れません。
■この時の潮はほぼ干底からのようやく満上げはじめた時間帯で、あわよくばその上げ潮でキスの群れが近くにいれば・・・と願う釣りになっていました。最初は気にならなかった雨も、アタリが続かない状況に気になりはじめるほどです。『もうキスはいいからチロリを房掛けで沖の堤防際で違う魚狙うか!!』などとキス釣りとはかけ離れたトークが出て来ます・・・。釣り始めて1時間釣れない時間が流れ、あと30分釣れなかったら止めようとという話をした直後!!前田君は、沖堤のギリギリにキャストして置き竿釣法を試みます。(半分、諦めた釣り方ですが・・・)しかしこれが正解!!最初に釣れたのは小さなアイナメでしたが、その後同じポイントにキャストすると強烈なアタリ!!
■「ギザミでしょう」という前田君でしたが、寄せてくれば何やら白いそこそこの魚が寄ってきます。紛れもないキスでした。しかもグッドサイズ!!元宇品でピンギスを釣っていた私達からすれば、上々のサイズです!!しかも2連。これには私も驚きました。2人であれだけ色々なポイントにキャストして、かなり頑張って釣っていたのですが、沖堤際の置き竿釣法とはかなりのピンスポットです。

■試しに私も沖堤の近くに投げ込んで、置き竿にしていると"ググッ!!"と明確なアタリ!!「間違いないね」2人ともこのアタリでこの釣り場のキス釣りのコツを掴みました。慎重に寄せてみるとこれまたグッドサイズ!!
■さらにその直後、私に同様のサイズと、「やめようか・・」と話してほんの数十分で良型を4匹キャッチすることができました。

■調子に乗りかけたところですが、雨脚は強くなり「釣れる」ということが解っただけでも収獲ということでこの日は早めに竿を納めました。意外なポイントで意外なほど良型のキスが釣れた地御前港。ぜひ休日には足を運んでみてはいかがでしょうか?ただし、このポイントはカキ業者の船の往来が激しいので、仕掛の投げっぱなしには要注意!!ある程度船が来ないかどうか緊張した中で釣りをお楽しみ下さい。
■シロギスこれから産卵を迎えます。産卵前のキスは淡水の流入量と水温によって浅場に移動し、藻場近くで産卵をします。産卵を終えると大型のキスは再び深場へと落ちてしまい、釣り難くなり、盛夏の頃にはピンギスと呼ばれる小さなサイズが数釣れるようになります。まるまると太った美味しいキスは今が狙い目!!お子様や女性でも楽しめる釣りです。天気の良い週末にはぜひご家族揃って出掛けてみてはいかがでしょうか?
     
同行者:アングル本部 前田 大輔
報告(写真・文責):アングル本部 植地 尚道
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)2001-2006 ANGLE Corporation.All rights reserved.