アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■■型はデッカく!!数も釣れる!!初秋の爆釣サヨリ釣行■■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2006.8.24(木) サヨリ 広島県 江田島市「切串西海岸」
波止 ウキ釣り



■この夏から小屋浦近辺で好調なスルメイカと太刀魚に続く新たなターゲットを探すべく思案中の私に常連のお客様から朗報が!!いつも魚を持って釣果報告に来て頂いている長安様から「江田島の方でよくサヨリが釣れとるよ〜。」との情報を頂き、実際に魚を拝見させてもらうと25〜30cmぐらいの良型サヨリを60匹以上釣られており、「次のターゲットはコレしかない!!」と心に決める私でした。

■私自身、8月は『エサ釣り強化月間』であり、その期間中の中でもサヨリは絶好のターゲットであり、食べても非常に美味な魚です。また、今回の釣行は前回のタチウオレポートの際も絶好調だった谷川君に同行してもらえるという事で2人で「今日の仕掛けはどれにする?」などと作戦会議をしていると、そこにタイミングよく長安様が大量のサヨリを持ってご来店。私が「今度そのポイントでサヨリを釣ろうと思うんですけど」とお伝えすると、「今はだいぶサヨリが沖に出とるけ〜、数はあんまり出んよ〜」との事で、ポイントの傾向と対策をアドバイスいただきました。(ありがとうございます!!)
■サヨリ釣行を予定していた前日にシフト上の都合で急遽、休みになり場所の確認と久々のサヨリ釣りの練習も兼ねて、まず一人でそのポイントに釣行する事にしました。

■そのポイントとは切串西海岸のことで、一昨年の「釣ってらっしゃーい!」のサヨリロケをはじめ、月刊釣り情報」などの雑誌でも取り上げられた激アツスポットです。アクセスは、フェリーの着く切串港から西(大須・幸ノ浦方面)へ約10分。当店からは呉ポートピア発のフェリーを使えば現地まで30分以内に到着してしまうという遠くて近いポイントです(笑)

※ちなみに…呉ポートピアから切串までは所要時間約12分!!始発はAM5:45(呉ポー発)、最終はPM21:07(切串発)です。
■フェリーの快適さを感じながらポイントへ到着、そして釣り開始です。長安様から教えて頂いた通り、サヨリは沖にいます。マキエで誘いをかけますが、なかなかサヨリが1箇所に集まりません。朝方はバタバタッ!!」とよく釣れていましたが昼間に近づくとマキエには反応しますが、サシエには反応しなくなり、完全に昼になるとサヨリのアタリはピッタリと止んでしまいました。魚は前に居るのですがマキエでお腹が一杯になってしまったようで、本日の練習はココで終了としました。

■プラクティスでは30cm以上のデカサヨリはゲットならず。残念です。何か尻すぼみな感じでしたが、よくよく考えればお昼まででこの釣果はハシリ今時期では悪くない方だと思います。そして翌日の本番に向けての修正点も見つかったので、とても充実した釣りとなりました。車内で明日の作戦を練りながら帰路に着きます。
■そして翌日のサヨリ釣行本番日。小屋浦店に集合するとこの日に向け仕掛けを全て作って来ていた谷川君(驚)。そのポーカーフェイスな表情からはヒシヒシとヤル気を感じます。前日の私と同様、谷川君もフェリーの速さに感動しつつ、AM6:00「あっ!!」という間にポイントへ到着。私はすぐにマキエを打ってその後仕掛けをセットします。

■谷川君もオリジナル仕掛けをセット完了した頃、マキエが効いてきたのか魚群が集まってきたので、2人ともその中へキャスト!!
■朝マヅメだった為、サヨリの活性はすこぶる高く、いきなり5匹連続のゲットです!!想像以上の朝マヅメ爆釣に少々興奮気味の私ですが、少し落ち着き、ふと横を見てみると谷川君が「あれ?なに?くそ〜!!」と言っています。よく見ると、子チヌ、フグ、ベラ…と綺麗にエサ取りばかり釣れています(笑)。肝心のサヨリが釣れない様子で、いつものポーカーフェイスが崩れかけています。
■そこで、私が前日の釣行で学んだ事をアドバイスすると、すぐに仕掛けを調整する谷川君。そしてすぐにゲット!!

■今回、谷川君はオリジナル仕掛けですが、私は市販の仕掛けメーカー品で挑んでいます。最近の市販の仕掛けは細分化された釣り方に応じた非常に凝った仕上がりになっており、様々な状況に対応できるようになっています。今日はサヨリの群れが遠い為、最初はカゴ付きの遠投仕掛けでチャレンジしますが、大きい仕掛けに違和感を覚えるのか、食いつきがあまり良くありません。そこで“ササメ”の『お!サヨリOK!』にチェンジ!!針は大物狙いの6号と4号を使い分ける作戦に。谷川君はキス針6号とサヨリ針4号をセットします。
■マキエの方は前日にかなりエサ取りに悩まされた為、身の硬い“マルキュー”の『堤防族』と、なぜか大型サヨリが良く釣れると評判の『V9』を使用。共にサヨリの反応は抜群でした!!そしてマキエも“マルキュー”の『アミダッシュグレ』に『アミドリップ』をブレンドしたオリジナルです。以前からホワイトベースのグレ用集魚剤は煙幕効果で人気が出ていましたが、この『アミダッシュグレ』は地アミの拡散力をそのまま再現している為、サシエサと同調させやすいというメリットがあります。
■2人とも余裕が出来てきて冗談を交わしながらのんびりサヨリ釣りを満喫します。


■そして遂に私の竿に大きなアタリが!!水面で跳ねる魚のサイズを見ても余裕の30cmオーバーです。「大型仕掛けにしとってえかった〜!!」と言いつつも慎重に抜き上げ、遂に先日成し得なかった大型サヨリをゲットすることができました。
■時間が経つに連れて気温も一気に上昇します。私が大型の喜びに浸っていると、横で谷川君が黙々と数を増やしていきます。次第に残暑の厳しさにヤラれ始めた2人は会話も無くなり完全に釣りに没頭(笑)その無言の空間から妙なライバル心が生まれます。そして谷川君が遂に爆釣モード突入!!…それを見てなぜか焦る私…。お互い釣り上げられるサヨリをチラ見しながらも1投1投に集中します。

■私もマキエと仕掛けを絶えず打ち続け、大型仕掛けで大サヨリを追加していきますが、爆釣モードにハマった谷川君は止まる事を知らず、私の数をあっさり抜きさっていました。
■谷川君も私も数匹の良型を釣ることができ、数も揃った正午12:00、互いの健闘を称え合って納竿としました。
■帰りもフェリーを利用して快適な帰路に着きます。呉ポートピアから約5分で当店に到着。いつもの釣りでは帰りの運転が意外とこたえますが、今日はそれがほとんど無い為すこぶる元気!!2人で意気揚々と魚を持ち帰り、吉村店長に数を、吉田副店長にサイズを確認してもらいます。検量の結果は谷川君がなんと30匹!!わたしが23匹でした。ちなみに最大寸は私が釣った33cmでした。
■今回は江田島での釣行でしたが、これから晩秋まで倉橋や能美、呉方面でも釣果が聞かれ、広島方面では草津港や廿日市木材港で楽しめます。釣って楽しく、食べて美味しい!!(サヨリの天プラは本当に絶品です!!)そんな絶好のターゲットであるサヨリ釣りに皆さんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?呉・江田島方面にお越しの際はぜひアングル小屋浦店にお立ち寄り下さいませ。スタッフ一同心よりお待ち致しております!!
写真提供:お客様 長安様
同行:アングル小屋浦店 谷川 晃一
報告(写真・文責)アングル小屋浦店 小西 正広
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)2001-2006 ANGLE Corporation.All rights reserved.