アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■ようやく本番!?呉・倉橋のタチウオルアーゲーム■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2007.11.16(金) タチウオ 広島県倉橋町「宇和木の波止」 波止 ルアー釣り



〜11月某日の小屋浦店内にて〜
お客様「今年はタチが釣れんのー」
吉村「ほうですねー。ですけどこのところ型は、ちーとこまいんですが、呉の川原石や倉橋ではだいぶ数は上がりだしたみたいですよ。」
お客様「ホンマにー?それじゃーあんたが釣ってみせんさいや!」
吉村「分かりました。それじゃあ今週行って見ます。」
■・・・と、言うわけで私は本当にタチウオが釣れるか調査に行くことになりました。しかし、一人では手が足りないと思い、仁保店の山内君の協力で2人での調査となりました。調査先は協議の結果、倉橋島の宇和木の波止です。
■仕事を終えてからの調査と言うことで、宇和木に到着したのはAM1時前でした。まずは車を降りてから先に釣っておられた方の状況を見て回ります。ちょうど潮止まりだったため魚は釣れていませんが、風も無くなんか「いい感じ」です。
■今回は山内君がルアーのスペシャリストと言うこともあり、「ルアー縛り」で釣りを開始しました。まずは、アングルオリカラステイシー90タチウオSPカラーでチャレンジです。


■着水後、ある程度潜らせてから軽いトゥイッチを繰り返していると、常夜灯の光と影の境目の辺りで「ゴツン」と最初のアタックです。これは空振りでしたが、気を取り直して2投目と同じあたりでまたもや「ゴツン」と魚の反応が!すかさずフッキングに持ち込むとシルバーの魚体をくねらせて太刀魚が上がってきます。まず、ファーストキャッチとなったのは90cm弱のタチウオでした。
■それを皮切りに山内君と私が交互にヒットさせます。「結構当たるけど、バラシも多いねー」「でもこれだけ当たってくれば面白いですねー」などと会話を交わしながら釣りを続けます。ルアーの反応が悪くなったら、ローテーションを繰り返して色々なルアーを試してみますが、なかなかフッキングにいたらないものの、どのルアーにも何らかの反応があります。
■しかし、ここで山内君がこの日のヒットパターンをつかみ、怒涛の5連荘に突入です。ヒットルアーはジップベイツのスライドスイムミノーです。アクションの付け方に「キモ」があり、名付けて「チョンチョンメソッド(笑)」です。(気になる方は仁保店の山内君までお問い合わせください。仁保店でお買い物をするとさらに詳しく教えてくれるかも?)
■山内君の5連荘を横目で見ながら、明日の仕事を考えるとここらが限界と思い、この日はAM3時半で納竿としました。結局、小型が多いものの2時間半で15本のタチウオをゲットできました。2人の釣果とは言え、「ルアー縛り」でこの釣果です。
■また、アタリの数はこの倍近くあり、十分に楽しむことが出来ました。タチウオの群れは広島湾東地区に入ってきているようで、ルアー釣り・餌釣りにかかわらずこれからまだまだ楽しめそうです。秋の夜長を皆さんもタチウオ釣りで楽しまれてはいかがでしょう?
■なお、どこの波止の周辺でも民家が近くに立ち並んでいるところが多く、また夜の釣りなので地域の住民の方に配慮し、マナー良く釣りを楽しむことを心がけてください。
同行:アングル仁保店 山内 翔太
報告(写真・文責):アングル小屋浦店 吉村 慶
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.