アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■まだまだ続くぞ!!倉橋タチフィーバー!!■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2007.11.19(水) タチウオ 広島県呉市「倉橋 須川港」 波止 ルアー



■11月16日に吉村店長と仁保店の山内さんが宇和木の波止でタチウオを爆釣させ、昨日はお客様が「重生でエエ型のアジが釣れたよー」と言われ、見せて頂くとそこには30pに迫るアジが15匹ほど入っており、私もタチウオとアジが釣りたくなり、急遽、吉村店長と釣行する事にしました。


■11月18日(日)午後10時、一日の勤務を終えいざ釣行へ!!今回の釣行プランはまだはっきりとは決めておらず、釣りながら決めると言うことにしていました。しかし、宇和木は外せないので、一番最初に行くことに決定!!

■午後10時40分、最初の目的地『宇和木の波止』に到着。しかしここで大きな問題が・・・ それは「風」前日から北寄りの強風が収まっておらず、非常に釣り辛い状況で、内心「果たして今日は釣りになるのだろうか?」と思いつつも、「とりあえずやってみよう」と、店長に言われ早速準備を開始しました。ここでは一応メバルタックルとタチウオタックルを用意しました。

■準備を終え、午後11時に釣り開始。やはり強敵は北風でした。横から吹いているので、思うようにルアーも投げることが出来ませんでした。なので、波止を右側から前回爆釣した左側の波止に移動しましたが、ここは真正面から吹いてくるのでまだ釣り易い状態でした。

■そこで釣ること数投、隣で釣っていた店長が「あっ、バレた!!」と声を上げます。この一言で眠気も吹き飛び、気合を入れ直して釣りますが後が続かず場所移動を決定。
■午前0時過ぎ移動お客様から情報を聞いていた『重生』に到着。ここではアジタックルだけで、「数投してだめじゃったら、すぐに移動しよう」と決めました。ここでも案の定、風の影響で釣りにはならず、すぐに移動。移動する車中で、「この風じゃあ、大向もだめじゃろうね。」と話していると意外や意外、大向は風がほとんど吹いておらず急遽アジをやってみることに…。(大向は大向鼻という岬に風を遮られているために吹いていなかったように思えます。)
■しかし、期待とは裏腹に釣れるのはデンゴ(15p前後のアジ)ばかりで、このポイントも早々に見切りを付け、今回のメイン釣場である『須川港』へ移動することにしました。  

■午前1時過ぎ須川港に到着、先客の方が5〜6人おられましたが、平日とあってか釣りをされている方は少なくとても釣り易い状況でした。私と店長は波止の最初の角から10m左に釣り座を構え、早速釣りを開始しました。
■私はまず、ステイシー90Sアングルオリカラをセットして第1投。すると隣で釣っていた店長が「タチウオが見えるじゃん!」と一言。水面に目をやると、沢山のタチウオが泳いでいるではありませんか。しかし、反応がイマイチなのか型が小さいのかなかなかフッキングには至りません。そこで私はトゥイッチをショートピッチ気味にアクションを変えてすぐにドラグが「ジーッ!」と出て慌てて合わせると「コンッ、コンッ」と確かな手応えが、慎重に魚を寄せていると突然、今までの手応えが急に無くなったのです。痛恨のバラシをしてしまったのです(泣)。
■店長からは「何しよん!!」と言われ少し反省(笑)。気を取り直してキャストを繰り返していると、店長の「よしっ、乗った!!」との声。横を向くと、ロッドが胴からきれいに曲がっています。(ちなみに店長はダイワのメバルロッド「月下美人“熟”」で釣っていました)一気に足元まで寄せ、抜き上げると80cmくらいの綺麗な銀色の魚体が上がってきました。
■私もこれを見て俄然やる気になり、その2投目にまたもやドラグが出るほどのアタリ。すかさずアワセを入れ、こんどこそはバラすまいと高速で巻き上げ、抜き上げると75cmくらいのタチウオでした。人生初のルアーで釣ったタチウオなので喜びもひとしおでした。しかもステイシーのアングルオリジナルカラーで釣れた事にも感動しました。(ちょっと失礼かな…)
■その後もキャストするたびにバイトはあるものの、なかなかフッキングには至らないことが多くなったのでルアーをチェンジしてみますがなかなか釣れません。横で釣っている店長は快調に釣っているので「何をキャストしているんですか?」と聞くと、「ワームを投げとるんよ」と言われました。私もワームにチェンジしようとバッグの中を探しますが肝心のワームが見当たりません。仕方なく店長に「ワームを貸して下さい」と頼む破目に。(情けない…)
■ワームに変えるとまたバイトが多くなりましたが、なかなかフッキングに至らないので、少しアクションを変えて喰わす間を与えるためにトゥイッチ後に数秒間フォールを入れるようにしました。

■これが正解で、フッキング率もUP!!短時間でかなりの数を稼げました。

■気付けば午前4時30分、さすがに私も店長も疲れてきたので(ちなみに私は出勤日です)この辺でこの日の釣行を終えることにしました。
■肝心の釣果ですが、吉村店長が10匹、私が6匹と店長にはかないませんでしたが、とても充実した一日でした。そして、約3時間半で16匹と良く釣れたので、もう少し早くから来ていればまだまだ数は伸びていたかもしれません。

■今回の釣行でタチウオの回遊ルートが倉橋島周辺に移っているのではないか(その後も釣果は変わらず良い状態を保っています。)と予測しています。そして、ステイシーのアングルオリジナルカラーは本当に良く釣れる事が分かりました。 まだまだ色々試してみないといけませんが是非皆さん一度釣行に行かれてみてはどうでしょうか?判らないことがありましたらお気軽に当店吉村店長か私まで声を掛けてみて下さい。
同行・写真:アングル小屋浦店 吉村 慶
報告・文責:アングル小屋浦店 濱田 一利
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.