アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■ベイトを追え!!ラン&ガンスタイルでナイトシーバッシング!!■
★第1弾〜大畠駅浦編〜★

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2007.11.9(金) シーバス 山口県「周防大島 三蒲港〜柳井 大畠駅浦」 波止・護岸 ルアー



■11月9日、当店すぐ近くの三蒲港に日中イワシの群れが入ってきているのを発見。「これなら夕マズメもしくは夜にシーバスが出るかも・・・」ということで、大島北西部周辺でイワシの溜まる場所を探し、ベイトを追ってランガンしてみることにしました。
■21時30分、仕事を終えた私はまず『三蒲漁港』からチェック。しかし、日中ほどのベイトの量は確認できず、ボイルも無し。時間もあまり余裕が無いことから早々に見切りをつけ、小松漁港⇒開作とランガンしますが、いずれも気配はありません。
■そこで、大島大橋を降りてすぐの『大畠港』に最後の望みを賭けます。まずは港をグルッと周り、“石神の波止”から“大畠駅裏”の湾を見てみるとなにやらザワザワと気配が!!直行するとやっぱりいましたイワシの群れ。
■しかし、常夜灯が無く、港外向き(沖)は大畠瀬戸に面しているので激流!!ベイトに付いたシーバスは港内に居ると見た私は薄暗い中耳を澄まします。
■すると「ピシャッ・・・パシャ」というイワシライズの音の後、しばらくして「ゴボッ!!」というバケツを返したような捕食音。一瞬でシーバスと解るスーパーボイルに「おる。」とすぐさまタックルを構える私。

■ベイトの泳層は上層〜表層。まずはトップのフローティングミノーを通しますがノーバイト・・・。どうやらシーバスは常に表層を意識しているわけではなさそうです。

■次に投げたのがシンキングミノー。テンションを保ったままトゥイッチ&リトリーブで引いてくると「ガツガツ・・・」とバイト。その後も何度かアタックしてくるシーバス。完全に口を使って来るまでガマンです。そして「ゴン!!」。アワセを入れるとティップが大きく引き込まれます。ベイトの中のシーバスだけあって引きはかなりトルクフル。ベイトのイワシを散らしすぎないよう慎重にランディングし無事70pクラスをキャッチ!!
■1本キャッチすると場が荒れそうな気がしますが、ここは潮流豊かな大畠。回遊のシーバスであれば更なる接岸が見込めます。


■そこで、先ほどと同様にキャストを続け、ネチネチと足元まで探っていると・・・竿下のちょいディープに薄っすらと見える影。丁度潮も下げに入っていた事から、今度は根元側の敷石からワーム+ジグヘッドリグで波止のシェードを狙ってみます。


■すると今度は「ズズッ・・・」という吸い込み系のバイト!!今度はすぐにフッキングし、根ズレに注意しながらロッドを立て気味で寄せてきます。足元で抵抗されつつも本日2本目となるシーバスをキャッチ!!サイズは先ほどとほぼ同サイズです。
■そして、当日は終了。『波止際のシェードに付いたシーバスは喰わない』とよく言われますが“大畠のシーバスは違った。ベイト付きも多い”という事が解っただけでも大きな収穫となる釣行となりました。

■今回で味をしめた私は21日にもシーバスを求めて釣行。その時の様子を第2弾としてレポートしました。あわせてお楽しみ下さい。
★第2弾★〜大畠 鳴門港のサヨリパターン編〜
報告(写真・文責):アングル大島店 藤本 幸生
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.