アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■遊youプラン「美咲丸で行く別府湾の大カワハギ釣り」■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2007.11.8(木) カワハギ 大分県「別府湾」 胴突き釣り



■今回の遊youプランは、30cmオーバーのビックサイズが数出る事から、近年注目の大分県の別府湾へカワハギ狙いに「美咲丸」の大川船長に御願いしました。

■カワハギは、小さな口でサシエを少しずつ食べるので、針掛かりさせるのが非常に難しい。 たとえアタリを感じて合わせても空振りする事が良くある。しかし、一度ヒットすれば引きは強烈で、釣趣は抜群!食べても美味しく♪この魅力ある魚を見逃す手はない。

■午前5時15分、船に荷物の積み込み完了!早速、大川船長に挨拶。11月8日(木)午前5時30分、廿日市フィッシャリーナ出船。大型船は、一路カワハギのポイント別府湾を目指します。所要時間2時間30分。8時に到着予定。

■本日の釣行メンバーは、カワハギ釣りベテラン組の池田さん、岩下さん、小田さん、徳川さんと、カワハギ釣り初チャレンジの井上さん、隅坂さん、山田さんと、船釣り名人の土井さん、山本さんと私を含めて10名です。
■午前8時、予定通りポイントに到着!!早速、釣りの準備に取り掛かります。 私は、10月4日にダイワ精工主催のカワハギ体験勉強会で教わった仕掛を使用した。中オモリ3号、4本針、針8号ハリス4号、オモリ30号、エサは船長に用意して頂いた海エビ。今回は、タタキ&タルマセ釣りで、30cmオーバーのビックサイズを狙います。
■午前8時20分、船長が魚探を見ながら「棚31m、はいどうぞー!」の一声でスタート。 開始早々、井上さんの竿にカワハギらしきアタリが伝わってきた。「おっいるいる。」と井上さん。穂先がわずかに引き込まれた瞬間すかさず合わせたものの、これは空振りに終わった。仕掛を回収してみると、針先にボロボロになった海エビが、ほんの少しだけ残っていた。「これ見てよ。さすがじゃね。」と井上さんは苦笑い。徳川さん、岩下さんのサシエもきれいに取られていた。


■カワハギは、アタリが小さいうえに合わせが難しい。少しでもタイミングが遅れると、きれいにエサが無くなっている。開始から10分間は、メンバーの溜め息が船上に絶える事がなかった。
■ベテラン勢が合わせに苦戦するなか、最初にカワハギを釣ったのは山本さんだった。 船上に27cmのカワハギを抜き上げる。「やっと掛かった!タイミングが合ってきたからこれからどんどん釣るよ(^_^)v」とニッコリ。 この直後に土井さんにも24cmがヒット!
■ベテラン組も徐々に調子が出てきて、フッキング率が高くなった。 「やっといいサイズがきた!」と船首から井上さんの声がした。抜き上げたカワハギは27cmの良型だ!「今日の目標は20匹!30cmオーバーも釣りたいね。」と井上さん。 この5分後に隅坂さんも24cmのカワハギをゲット。「これなら肝も大きいね!」と笑みがもれる。その後10分の間にベテラン池田さん、岩下さん、小田さん、徳川さんは27cm級のカワハギを1匹ずつ釣り上げた。
■カワハギは、身もさることながら肝が非常に美味だ。湯に通した肝を身の薄活りにからめて醤油で頂くと、とても美味しい♪肝がたっぷり詰まった27cm級の良型カワハギが連発して盛り上がった。
■山田さんが合わせを入れた後、グーッと竿先が引き込まれた。「これは、カワハギだ!」と立ち上がって巻き上げるが、またしても針から外れてしまう・・。それから5分後、再び山田さんは小さいアタリをとらえて20cmのカワハギを釣り上げた。「ようやく釣れました。元気がいいね!このサイズでもよく引きましたよ。」と山田さん。合わせのコツが掴めてきた事もあって、船上は一気に活気付く。
■午前9時20分、仕掛を下ろしてすぐに徳川さんが合わせた。が、これは針から外れ取り込めなかった。けれど、間違いなくカワハギの引きだったと言う。 この5分後「これもカワハギだ!今度は外れるなよー。」と徳川さんが巻き上げる。海面に白っぽい魚影が走る。針掛かりの位置を確かめてから抜き上げたのは26cmのカワハギだった。徳川さんは更にこの5分後に27cmと23cmのカワハギを追加する。
■午前9時50分、隅坂さんの竿先がグーンと海面に引き込まれた。これまでのカワハギとは明らかに違う。上がってきたのはコロダイで40cmあった。
■午前10時、池田さんが28cmのカワハギをゲット!更に5分後にも小さいアタリを逃がさずに合わせた。「これはよく引く!」と池田さん。カワハギに間違いないという。そして釣り上げたのは‥‥30cmのカワハギ。「いいのが出ましたね!」と池田さんも嬉しそうだ。この後、カワハギらしきアタリが2回ヒットしたけれど、残念ながら針から外れて取り込む事は出来なかった・・・。
■午前10時30分、岩下さんの竿にアタリが!取り込んだのは21cmのカワハギだった。 その次の1投でも25cmのカワハギを釣り上げた。岩下さんは「これはいいサイズ!」とほくほく顔になった。

■更にアタリは続く。土井さんは20cmのカワハギを釣り上げると連続で22cmと21cmの良型をものにした。「どれもよく太ってるよ!」と土井さんはニッコリ♪「今日1番のサイズだよ!!」と声を上げたのは山本さん。取り込んだカワハギは28cmとこの日の1番とまではいかなかったが良型だった。
■この後、入れ食いとまではいかないものの、5分に1匹位の割り合いで誰かがカワハギを釣り上げる状態が続く。 納竿まで残り1時間となった午後12時、徳川さんが24cmのカワハギを取り込んだのを機にヒットの連続!3分後に土井さんが23cmのカワハギ。その5分後には池田さんが24cmのカワハギを取り込んだ。
■小田さんが2連で釣り上げたカワハギは22cmと25cm。次の1投でもカワハギのアタリを拾ったけれど、寄せる途中で針から外れた。井上さんも24cmのカワハギをゲット!暫くの間、歓声に切れ間がなかった。
■12時30分、船尾で竿を出していた小田さんの穂先がグーンと引き込まれた。「こりゃーデカイ!」とそれまでニコニコしていた小田さんの表情が真剣になる。暫く魚の強烈な突っ込みに耐えた後、ゆっくりラインを巻き始めた。やがて大きなカワハギの魚影が海面に見えてきた。30cmは超えている!取り込んだカワハギにメジャーを当てると32cmもあった!
■その後もカワハギはコンスタントに釣れ続いた。

■午後1時「1回流して終わりにしましょう!」と船長から声がかかり納竿。

■本日の釣果、20cm〜32cmのカワハギが7〜20匹でした。
■次回の遊youプランは、12月11日(火)遊漁船「海ちゃん」で行くメバル釣りです。 たくさんのご参加をお待ちしております。
       利用遊漁船:美咲丸(大川船長)
TEL:(090)3172−4664
出船場所:廿日市港
同行:池田様・岩下様・小田様・徳川様・井上様・隅坂様・山田様・土井様・山本様(お客様)
報告(写真・文責):アングル本店 山内 敏弘
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.