アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■■ リフレッシュしたフィッシングレイクたかみやで秋のトラウト爆釣!! ■■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2007.11.8(木) ニジマス・ブラウン 広島県安芸高田市「フィッシングレイクたかみや」 管理釣り場 ルアー



■いよいよ秋のフィッシングレイクたかみやが再開。夏に水を全て抜き、釣り場のメンテナンスを行い、日光による殺菌をしっかり行いリフレッシュ。秋の再開を狙い、9月より水を再び貯めはじめましたが雨が少なかった今年、現在の貯水量はご覧のとおり、弊社主催のアングルトラウトトーナメントも控えており様子を見に、午後から釣り場をチェックにし行ってきました。

■釣り場に到着すると、起伏に富んだダイナミックな湖底がまだまだ見える状況、釣り場の一角には水車を設置し水の流れを作り出しています。満水時は釣り場がカバーで隠れて釣りが出来ない状況ですが、水が少ない分、水辺一周全てが釣り場と言っても良いほど釣りが可能でした。管理等で状況を聞くと、「どこからでも釣れますし、魚の密度は濃いから大丈夫ですよ」とアドバイスいただきました。

■水車周辺にお客様が釣りをされていたので、少しはなれた堤帯の真中付近で釣り開始です。
■まずはパイロットルアーとして、フォレストのミュー2.2g(抹茶色っぽい色)をキャスト。なんと1投目にいきなりヒット。しかもグッドサイズのレインボー。久しぶりのレインボーの鋭いファイトを楽しみます。その後も立て続けにヒットする中で、アタリがあってもなかなかフッキングしない状況に・・・。

■水深は現在一番深い場所で6m前後、私が釣りをしていた場所で3〜4mということで、ほとんど狙いは表層のみ。魚も上ずっているのでルアーの種類は変えず、カラーローテーションを繰り返します。ここでアタリカラーを発見。★黄色★に良い反応を示しますが、やっぱり一旦フッキングしてもすぐにバレてしまったりとなかなかランディングまで持ち込めません。

■ここでルアーのアクションをチェンジ。魚自体はやる気があるので、少しイレギュラーな動きをする、忠さんのスプーン マスター2.5gにシフトすると面白いようにフッキングが決まり、再び入食い状態に!!っとそんな中、アワセを入れた後、”ズンッ!!ズンッ!!”と大型特有のファイトがロッドに伝わります。
■頑張って、手前まで寄せてくると水面で激しく抵抗。んで見事にフックブレイク!!ピューンとスプーンがスッ飛んできました。それを見ていてか、管理棟の場正君が「どんなですか〜」と。「うん。いいのがおるね〜」としばらく休憩です。
■その後も、マスターとミュー系のアクションを気分で使い分けて夕刻に・・・。水面が陰になり始めた頃から水面はライズリングの嵐!!めっちゃ表層パターンなのですが、距離が意外と遠く、軽いスプーンで表層デッドスローの釣りよりも、ある程度距離が出せて、水面を引ける小粒なスプーンが良かったように思います。

■途中、ミノーも試してみましたが、イマイチ早いアクションには反応が良くない様です。プラグ系ならクランクベイトがお薦め。隣のお客様が良く釣ってらっしゃいました。

■私はミノーから、再びスプーンに戻して、同様に表層釣りを楽しんでいると美形のブラントラウトがヒット。サイズはそんなに大型ではないですが30cmくらいの綺麗な魚でした。
■12月2日(日)開催 一緒に楽しみましょう!!■
■今回は平日のお昼からの釣行だったため、魚は非常に良く釣れました。が、休日はプレッシャーにより食い渋ることは予想されます。そんな時はルアーローテーションや釣り方を変えてでなんとか釣るか、竿も休めて、休憩してみるとピンッ!!と何か閃くかもしれません。気楽に楽しみましょう。

■12月2日(日)に開催のイベントはトーナメントとは言うものの、お子様や女性も「お気楽」に参加頂ける内容です。まず、魚しっかりいるという安心感と、トラウトを通じて、手軽にルアーフィッシングの基礎が学べたりします。暖かい格好でぜひ、初冬のエリアゲームを一緒に楽しみましょう。
   
報告(写真・文責):アングル本部 植地 尚道
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.