アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■遊youプラン「フィッシュファインダーで行く広島湾のボートエギング」■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2007.11.9(金) アオリイカ 広島湾「大黒神島沖周辺」 ボートエギング



■お客様と瀬戸内の船釣りを楽しむ遊漁船釣行企画“遊youプラン”。今回は「釣って楽しく、食べて美味しい」のはもちろんのこと、今年は去年より数が多いとされるアオリイカをバーチカルボートゲームで狙います。
■今回利用の遊漁船は、広島湾内のオフショアルアーゲームに精通した和田船長が操る『フィッシュファインダー1』。ご参加のお客様は新谷様、中本様、永井様の3名です。そして本店からは私小田に加え、福田君が助っ人として駆けつけてくれました。
■午前6時、廿日市港を出船。と、その前に、和田船長からバーチカルエギングの仕掛、釣り方をレクチャー頂きます。釣場に着いたらすぐにエギが投入できるよう、波静かな港内で仕掛をセットし、いざ出船。
■出港から30分。今回の目的地“大黒神島周辺”へ到着。水深は平均して20m前後です。
■そして和田船長の合図で釣り開始。バーチカルエギングの釣り方はカンタンで、基本的な誘いをマスターすれば誰でも大型が期待できるのが魅力です。

■今回のタックルは専用ロッドに小型両軸リール。ラインはPEの1〜2号を巻き、中オモリは15号をチョイス。(船からバーチカルは、水深がある場所がメインの為、、キャスティングゲームとは違って素早く着底させるべく、中オモリを使用します)それにフロロカーボンのリーダー4号を3m(2ヒロ半)ほど取り、エギは深場でも良く目立ち、流れに強い3.5〜4.0号のエギを装着するだけのカンタンな仕掛です。
■釣り方のキモは常にリーダー(ハリス)の長さを意識すること。エギより先に中オモリが沈むので、着底したら、まずはリーダー分の3m+1〜2m(計4〜5m)を巻き取ります。(一般的な小型ベイトリールの巻取長は60〜75pですのでハンドル5〜8回転でOKです)。この段階でエギはギリギリ海底付近を漂っている状態です。その後1回素早くシャクってエギを跳ね上げます。(多くの場合はここで抱きついてきます)そして糸(中オモリからエギまでのリーダー)が張るまで待ち、エギ分の重さが手元に伝わったら再びシャクリ・・・の繰り返しです。水中でのエギの動きがイメージできれば釣果はグッと近づきます。
■前置きが長くなってしまいましたが、釣果はすぐに出ました。1流し目から私の竿に微妙なアタリ。「お、来たかな?」とドキドキしながらアワセを入れるとかなりの重量感!!慎重に巻き上げ、浮いて来たのはコウイカ・・・しかしアオリに続いて美味しいイカなのですぐさまキープ!!
■和田船長が言うには「底を取りすぎるとコウイカが釣れ、底から1〜2mほど上げるとアオリが釣れるよ」との事。早速アドバイス通り皆さんと少し上のタナを狙います。

■すると立続けにヒット!!今度は大きなアタリで一気に引き込んだのでアワセを入れると、先ほどとは違う「ギュンギュン!!」という強い引き。「今度こそ・・・」と思いつつゆっくり回収し、上がって来たのはなんとアオリイカ!!アドバイスをくれた和田船長に感謝です。
■この釣りは、その場その場に居るアオリの個体数に限りがあるので、その船の中で一番イカにエギを見せられた人に釣れます。(運も大きいですが)その為、皆さんラインに集中してアタリを待ちます。

■そして私が「もう1パイ!!」と気合を入れなおしていると新谷様の竿が曲がっています。イカ独特の重量感を楽しまれる新谷様。上がって来たのはコウイカ。足の短いイカなのでバレない様すぐにタモでキャッチ!!海面でスミを吐かせ船に上げます。
■「おいしそうですね〜」と新谷様と話していると、今度は中本様の竿が曲がっています!!「重いね〜」と中本様。上がって来たのはまたまた美味しいサイズのコウイカ。ここで和田船長から場所移動の合図があります。

■5分ほど大黒神島沿岸を移動し、釣場に到着。船長から「水深25mです」の合図があると皆様すぐに仕掛を投入!!
■すると1シャクリ目で新谷様にヒット!!先ほど同様にコウイカGET!!ここで新谷様がコウイカを連発!!それに便乗してか当店スタッフの福田君もコウイカを連発!!さらに中本様もコウイカを追加し、船内はスミだらけ・・・(船長スミマセン)。あまりに釣れるので「コウイカお祭り状態」ですね(笑)と本命ではないものの大盛り上がり。
■さらにコウイカを数ハイ追加したところで再び場所移動。5分ほどで到着。和田船長による「ここはちょっと深くて40〜50mくらいです」の合図の後、間髪入れず全員仕掛けを投入!!


■1投目、着底した私が1シャクリ目を入れた頃合でした。新谷様の竿が曲がっています。私がすぐにタモを取りに行こうと竿を投げ出した瞬間、なんと私の竿にもアタリが!!2人で「ダブルヒットですね〜♪」と話していると、さらにさらに永井様も「重いです!!」とヒットの様子。ついにやりました、トリプルヒット!!!!和田船長にタモ入れをして頂き、3人でキャッチ!!
■まさかのトリプルヒットに船内は賑やかになります。と、今度は福田君にまたもヒット!!大きく竿が煽られ、上がったのは良型アオリ!!これには福田君も大満足です。

■しばらくして、またまた10分ほどポイントを移動。先ほどの釣場と同様、水深がある釣場です。ここでも福田君が絶好調!!アオリ、コウイカと連発させます。
■「福田君やるなぁ〜」と思っていると、間もなく中本様にヒット!!私が「重いです?」と尋ねると「重い!!なんかよー引っ張るよ!!」と中本様。時折竿先がしぼり込まれ、大型の期待が高まります。そして出ました良型アオリイカ!!これは肉厚、美味しそうです。「今晩の刺身じゃー!!」と大喜びの中本様。


■船上のイカ祭りは留まることを知らず、永井様、新谷様もコウイカをそれぞれ追加され、ここでタイムアップ。納竿まで本当に充実した釣りになりました。
■今回、イカの数もさることながらサイズも秋とは思えないほど良型でした。和田船長の話では、このバーチカルエギングは12月中旬頃まで楽しめるそうです。気温が下がるに釣れ、瀬戸内でもキロアップ(1kg超)のモンスターアオリも釣れるバーチカルエギング。皆様もぜひチャレンジしてみて下さい。アオリの縦引きは船でしか味わえず、何ともいえない楽しさがありますよ!!
利用遊漁船:フィッシュファインダー1
(和田船長)
予約・料金等お問合せははHPまで
↓フィッシュファインダー1HP↓
http://www15.plala.or.jp/f-f-1/
同行:新谷様・中本様・永井様(お客様)
アングル本店 福田 圭祐
報告(写真・文責):アングル本店 小田 真之
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.