アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■遊youプラン「海ちゃんで行く広島湾のメバル釣り■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2007.12.11(火) メバル 広島湾「船長オススメポイント」 胴突き釣り



■今回の遊youプランは、メバルを狙いに遊漁船「海ちゃん」の谷川船長に御願い致しました。今年も広島湾一帯ではメバルの食いが上向いてきました。まだ盛期前なので釣果にムラがあるものの、一艇につき10匹〜50匹は釣れているとの情報です。

■さて、本日の釣行メンバーはお客様の有居さん、井上さん、宇谷さん、上土井さん、真田さん、Sさん、 隅田さん、Tさん、中本さん、西村さん、山田さんと私を含めて計12名です。

■12月11日(火)午前7時、草津港を出発。低気圧が通過中で朝から冷たい雨が降っているが海は穏やか。午前7時30分、メバルのポイントに到着。 船首に上土井さん、Sさん、Tさん、中本さんが船尾に有居さん、井上さん、宇谷さん、 真田さん、隅坂さん、西村さん、山田さんが釣り座を構え、10分後全員の準備が整った所で船長の合図で釣りスタートしました。
■本日の仕掛は3本枝針の胴付き仕掛に底オモリ15号をセット。エサはモエビの中サイズを用意しました。

船メバルの釣り方は・・・
@仕掛を竿下に下ろす。
Aオモリが着底したら、ゆっくり竿先を上下に動かして誘いをかける。
B小さいアタリでは合わさず、竿先がグーッと引き込むまで待ってあわす。
Cヒットしたら、魚礁の中に潜り込まれないよう素早く底を切り、その後は一定スピードで回収。
■午前7時45分、宇谷さんが幸先よく20cmのメバルをゲット。その直後の7時50分、今度は上土井さんの竿がきれいな弧を描きます。重そうにリールを巻いています。それもそのはず、抜き上げられたのは仕掛には2匹のメバルが。ダブルで本命を釣った上土井さんは嬉しそう。さらに午前8時、「よっしゃ!!」と声を上げた有居さんが抜き上げたのは18cm〜22cmのメバルトリプルでした。
■これを機に本命が続々とダブルで釣れ始めた。真田さんが18cmと20cmをダブルで釣れば船首のSさんも20cmと19cmをダブルでゲット。さらに、中本さんの竿がグーッと引き込まれたが、残念ながらこれは針に掛かりません。そして、「今度は乗った!!」と2回目のアタリで合わせた中本さん。素早く底を切り魚を浮かせにかかります。取り込んだメバルは19cm。そして、1人だけ本命に見放されていたTさんも重そうに竿を曲げられます。「ついにきたよ。」とTさん。これも17cmと19cmのメバルダブル!!
■爆釣タイムもそろそろj休憩。午前10時になるとアタリが徐々に減ってきました。満潮が近くなり、潮が緩んで食いが渋くなった様です。

■しばしの休憩の後、午前11時近くになると止まっていた潮がじわりじわりと東方向へ動き始めます。すると、しばらく遠のいていたアタリが復活。竿が次々に曲がっていきます。魚探を見ながら「しこたまメバルがおるよ!」と船長。「根掛かりが激しい所なので気をつけて下さいね。」とアドバイスをくれると、船長愛用のメバル竿を出してきて「チョット釣らさして」と皆様に混じって釣り開始。すると早速メバルが釣れ「底から少し上げて誘ってください。」と船長。さすがです。
■全員でタナを合わせるとすぐに「来たよ。」と隅坂さんが竿を振り上げます。穂先が「ブルブル」と震え、と船上へメバルを抜き上げると。サイズは17cm。「サイズアップするぞ!!」と意気込む隅坂さんは、5分もたたないうちに20cmのメバルを追加!! ひと流しごとに皆様のバケツの中にメバルが増えていきます。釣れるサイズは15cm〜21cmと大型ではないもののまずまずの良型。

■その時山田さんは、根掛かりで糸を切り仕掛を作成中。「このポイントは、よく根掛かりしますね。」と山田さん。すぐに仕掛を作り直すと、直後に「何だか重たい。」 エサの点検のために仕掛を上げようとした途端、ググッと竿先に重みが加わったそうです。みんなが見守るなか慎重にリールを巻いていくとほどなく海中にメバルの姿が見えてきます。しかもダブル!!「やった!!2匹もいる!!」と大喜びの山田さんが無事に取り込んだところで検寸すると17cmと19cmだった。
■まだまだアタリは止まらない。次に、船首にいた宇谷さんとSさんの竿が曲がる。いずれも19cm〜21cmのメバルをゲット。

■午後12時50分「いいのがきたよ!」と井上さんから一際大きなヒットコール。体高のあるメバルを浮かせ、針掛かりを確かめてデッキに抜き上げた。このメバルは22cmの良型。が、「もう一回り大きいサイズがほしいね。」と井上さん。

■遂に大型の気配が漂い始めた午後1時、船尾で釣りをしていた西村さんから歓声が上がります!!見ると竿が弓なりに曲がっています。魚の引きを楽しむようにゆっくりとリールを巻いて寄せにかかる西村さん。まもなく海の中から見えてきたのは、本命のメバル!!しかも大きい!!西村さんは、ためらわず一気に船上に抜き上げ、測ってみるとなんと23cm!!「このサイズなら一匹 で満足だよ。」と嬉しそうです。
■午後1時20分、有居さんが「少し(時期的に)早いが、カブラでメバルを狙うけん。」とカブラ仕掛を投入。早速19cm〜23cmのメバルを4連で抜き上げる事に成功。「これがカブラ針の威力だよ!」とニッコリ。その後、納竿まで入れ食い状態が続きました。
■午後2時。すでにメバルの数は、70匹を超えラスト1匹釣れたら終わりにしょうと言っていた西村さんが竿を大きく竿をしならせます。今日一番の重量感との事。浮いたのは良型のメバル!!「最後の最後に良いのがきたよ。」と西村さん。取り込んだところで測ってみると 本日最長の25cm!!この1匹を釣り上げたところで大団円の中、納竿となりました。
■当日の釣果は15cm〜25cmのメバルが20匹〜79匹でした。途中の潮止まりの時間を除けば、実質6時間ほどの釣果。盛期前としては、まずまずの手ごたえを感じることができました。当日はオモリが着底してから1mほど底を切り、再び仕掛けを降ろす時にヒットすることが多かったように感じます。いろいろな深さを狙い、メバルの泳層を早く見つけることが好釣果に繋がるのでしょう。
■次回の遊youプランは、『遊漁船「みのり」で行く太刀魚・ハゲ釣り』は 12月25日を予定しております。また、来年の第一弾は『1月21日遊漁船「美咲丸」で行く大メバル釣り』を予定しております。どちらもたくさんのご参加をお待ちしております。
利用遊漁:海ちゃん(谷川船長)
TEL 090-1018-6567
報告(写真・文責):アングル本店 山内 敏弘
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.