アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■今年もやります!!週イチめばる釣行★第2弾★■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2007.12.27(木) メバル・アジ 山口県上関「上関大橋周辺」 波止・護岸 ルアー



■まず、皆様にお詫びをしなければなりません。『今年もやります!!』というタイトルでしたが、私のデジカメの画像取り込みバグにより更新が2008年になってしまいました。・・・ですが「2008年もやります!!週イチめばる!!」前回の25日釣行から2日(爆)またまた行ってきました。
■今回の同行はお客様の鶴岡さん。当初「大野辺りでちょこっとやってみますか」というお手軽釣行プランだったのですが、「今年の釣り収めじゃに!!エエとこ連れて行きんちゃい!!」と鶴岡さんに熱望され、気づけば高速に乗って西へ爆進していたのでした。
■玖珂インターを降り、所々トゥルトゥルになった路面に神経を削られながら南下。今回の釣場である上関瀬戸に向かいます。このポイント、メバルというよりアジングのメッカ。釣場にはすでにたくさんのアジンガーが竿先に集中しています。
■まずは、激流“上関大橋下”からスタート。ある程度慣れを要する釣場ですが、この日は荒天+大潮。突風・激流が反対に流れる最悪の状況。カウント15秒もすればラインは真横、巨大キャロリグを用いてもやはり自然の猛威には太刀打ちできません。

■そこですぐ西側にある波止へ移動。しかし、風はさらに勢いを増し、立つのもやっとな状況。ですが、横風ではなかったのでとりあえずチェック。
■とはいえ風は正面。極力抵抗を無くす為ジグヘッドを3gに変更しますが、キャストしたリグはブーメランのような軌道を描いて竿下にポシャ。それでもアタってくる辺りはさすがに上関。幸先良くまずまずのメバルをキャッチです。
■しかし、この状況で集中力が持続するわけもなく、挙句にはラインを固定してイカダ釣りスタイルで竿下を探り始める私達。「アタっても小メバくらいでしょう」と投げやりな釣りでしたが、ぶら下げていたジグヘッドが「ギューン!!」と持っていかれます。(当然前アタリは風で解りません・・・)「あれ!?こんなとこにアジがおる!!」とジグヘッドをコブラ29にチェンジ。気持ち沖へキャストします。すると、やってくれました!!やっぱりコブラ。上顎ガッツリ!!
■これを見ていた鶴岡さんも正月食材確保とばかりにアジリグをセット。すぐに強烈なアタリが襲います。・・・がアジにしては妙にパワフル。釣れたのはグッドサイズのサバでした。結局その後、2人でアジを数匹追加しましたが、すぐに時合は終了。時間も遅くなっていたので、最初に狙っていた大橋東側の護岸に移動します。
■今度は釣り座を無事確保。風もさっきまでが嘘のように落ちています。「久々にライトリグでダイレクトなアタリでも楽しみますか♪」とジグヘッド1g単体を投げるとすぐにヒット!!しかし、釣れたのは豆にも満たない小アジ。2人ともひたすら釣るも同じサイズ。常夜灯下のアジンガーも大半が撤収し、諦めムードが護岸に漂っていました。
■「最後にあそこでやってみましょう」と鶴岡さんと常夜灯下へ移動。「さっきそこでデカメバルが出とったよ!!」と先行者の方から情報を頂きますが、私達に釣れるのは先ほど同様に豆アジ。さらに、この頃から天気予報通りにポツポツと雨が落ちてきていました。

■しかし、雨が降り始めて状況が一変!!雨に混じり、水面でビシャビシャとライズが始まります。今日の釣りがもう長くない事を悟っていた私は、すぐさまプラグにチェンジ。
■すると、なんと1キャスト1ヒット!!ライズの正体は良型のアジでした。手尺で25cmは楽に越えるサイズを立て続けに追加。『チョイ巻き⇒ほっとけ』という適当な釣り方でしたが、とにかく釣れます。スミス『ジェイド』のバランスの良さが光る結果となったのでした。
■約1時間、怒涛の追い上げでアジを10数匹追加!!その後、ドシャ降りの豪雨で撤収となりましたが、鶴岡さんもアジプラッキングの猛威を目の当たりにして「今度はプラグで釣る!!」と、すでに初釣りの目標を立てられたようでした。


■こうして2007年の釣り納めは終了。結局最後はアジングとなってしまいましたが(笑)、アジングがメバリングに負けないくらいのゲーム性を持ち合わせている事も事実。瀬戸内ライトゲームの面白さ、そして可能性の大きさを再確認させられた釣行となりました。2008年も【週イチ!!めばる釣行】をよろしくお願い致します。
同行:鶴岡様(お客様)
報告(写真・文責):アングル本部 前田 大輔
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.