アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■CAT「釣ってらっしゃ〜い!!ロケ」周防大島でフカセ釣りに挑戦 チヌ釣りがグレ釣りに■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2007.1.30(月) グレ 山口県大島郡周防大島町「沖家室 本浦港」 波止 フカセ釣り



■1月30日いよいよ待ちに待ったヤリイカ釣りロケ。毎年コレからの季節山陰で美味しいヤリイカが釣れてシーズンです。今回も昼から翌日の早朝にかけて山陰浜田の磯でヤリイカ釣りの収録を行う予定ではありましたが、あいにくの天気、船長から連絡があり、今晩は相当シケそうな雰囲気でした。

■ロケスケジュールの都合上、今日中になんとかロケを行わないとならないので、悩んだ末に大島でフカセ釣りをすることになったのです。冬ではありますが、チヌは期待できるだろうと安易な発送でお昼に大島に到着。ロケクルーと打ち合わせ、一旦大島の逗子の港で竿を出してはみたのですが、魚の気配がありません。
■おまけに風もかなり強く釣りにくい上に、この日の満潮は夕方の5時。しばらくやってはみましたが、場所を移動することにしました。

■水深があり西風の裏のポイントということで、沖家室の本浦に移動。私は以前、ここでフカセ釣りを行った際に手の平大程度のグレなら多く釣った記憶があったからです。また秋には港内に特大のチヌがいることも目視で確認していたので、夕方までのワンチャンス。ゲストのお客様も最後まで諦めようとはしませんでした。

■マキエを撒くと、無数のアジ。しかしエサ取りがいるというのは逗子に比べるとちょっと嬉しい。何かが釣れそうな気配がします。
■狙いはとりあえず、チヌですが。この際釣れてくるものならばなんでもOKということで竿を出します。しかしアジが水面から底までビッチリいるようでなかなか思うように釣りが展開できませんでした。

■アジもサイズは5〜10cmの小アジでサビキで釣ればおそらく100匹はあっというまに釣れるだろう数でした。カメラマンや音声のみなさんも、あまりにも私の不甲斐無い釣果に不安を抱き、「植地さん、みなさんにコメントをもらってもいいですか?」と何か仕事をしようと必至です。

■私も半ば諦め気味に「今日はさすがにボツでしょ。ボーズは辛過ぎる・・・」と半分愚痴りながら、釣人からレポーターへ転身です。「三浦さん・・・釣況はいかがですか・・・」とマイクを向け、話しを聞いていたとき!!
「ビシッ!!」⇒「あっ何か食ったよ!!」
■なんと私がインタビューをした途端、三浦さんに30cmオーバーのグレがヒット!!みんなでこれはヤラセじゃないよね、確認するほどの見事のヒットでした。三浦さんのインタビューを終え、今後は山下様のコメントをもらおうと「山下さん・・・い・・"えー!!"」。なんと、今度は山下様に激ヒット!!

■山下様、電話がかかってきて、しばらく竿をホッタらかしにされていて、ふとウキを見ると無かったそうです。釣れてた状態でしたが、すごいことです。私が竿を出していないときに釣れるってのがどうなのかと思いましたが、とにかく釣れて良かったです。

■今回はあまり私自身お役に立てなかったので特にコメントはないのですが、以外や以外、本浦の港にこんな良型のグレが潜んでいたとは・・・。これは本気で狙ってみるとかなり期待出来そうです。しかし、釣れたタイミングはほんの一瞬。その後はパッタリとアタリも遠のいて、再びアジのオンパレードです。

■チヌ釣りは広島や山口ではあまりにも有名ですが、30cm級のグレが狙えるフカセ場が堤防にあるとういのはかなり魅力的なことです。これからグレのフカセをはじめてみたいと思ってらっしゃるお客様はもちろん、フカセ釣りにご興味のあるお客様は一度チャレンジされてみてはいかがでしょうか?チヌとは違う引き味が楽しめますよ。
    
同行:三浦様・山下様(お客様)
報告(写真・文責):アングル本部 植地 尚道
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.