アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■■船釣勉強会新春特別企画■■
広島皆実高校『ギャルローズ』OB会〜20年ぶりの再開&爆釣〜

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2006.1.3(水) メバル・ハゲ 山口県周防大島沖「片島周辺」
胴突き釣り

■明けましておめでとうございます。今年も釣りを楽しみたいですね。さて、1月3日今年始めての船釣り勉強会が開催されました。

■今回の企画の背景ですが、歳末のとある日に取引先の北川さんから電話があり「高校時代のバンド仲間が正月に集まって釣りをしたいんじゃけど・・・初心者なので相談に乗ってよ。バンド仲間には結構メジャーなのもおるよ。」との談。全く音楽音痴の私は、まあ取材ネタも少ないし家族で釣りを楽しみたいと言う熱意に負かされ「ええですよ!!」と即決して開催の運びとなりました。
■午前7時に五日市港を出港、今回は遊漁船『ピュアライズ』さんを利用、生徒さんは広島皆実高校時代のバンド『ギャルローズ』OB会の北川さん、西沢さん、OTさん、大崎さん、櫻井さん、お子さん2名とアングル前田、山崎の計9名の豪華なメンバーです。
■ズバリ初釣りのターゲットは『冬の味覚』!!メバル・カサゴ・ハゲと釣って食べてと2度オイシイ魚たちを狙って目指すは、周防大島東沖に浮かぶ“片島”の沖合い。
■この日は広島湾内は凪で穏やかな釣り日和だったのですが、少し外に出て大島が見えてきたあたりから強烈な風と波。たまらず携帯の天気予報で大島の天気を見てみると風速10m(海上ではさらに強く)・・・と(爆)。しかしそんな事はお構いなし。久々に集合したバンドメンバー同士、思い出話に花が咲きます。

■そうこうしていると、あっという間にポイントに到着。まずは、一般的な胴突き仕掛けで釣りを開始します。
■生徒さん方には、船の前方(船首)と後方(船尾)の2グループに分かれて釣りをしていただいていたのですが、まずは激しい揺れに耐え、辛抱強く釣りをされていた船首のグループが絶好調。30cm近いグッドサイズのメバルを次々に釣り上げていきます。ついには西沢さん&大崎さんのダブルヒットまで!!実は桜井さんもヒットしていたのですが少しだけサイズが小さいと理由で撮影辞退。本当にそれぐらい爆釣だったのです。他に良型イソベラ等も混じり、あっと言う間にバケツは一杯。船尾にいた私達にも度々歓声が届いていました。
■しかし、沈黙の続いていた船尾グループ。ほんの数メートルしか違わなくてもこんなに状況の違うのが船釣り。しかし、こちらも遂に待望のヒットラッシュが!!私と前田がマンツーマンで指導していた2人のお子さんが釣りの一連の動作に慣れ、ポツポツとメバルを釣っている姿に大人組が奮起します。次第に皆さん『手持ちスタイル』で釣りを始められ、北川さん、そしてOTさんも無事良型メバルを連続キャッチ!!同時に北川さんはフカセ釣法でアジやハゲも数釣られていました。
■午前の釣果はご覧の通り。まさに良型ばかりの5目釣りとなりました。そして最大のサプライズはこの後に待っていたのです。なんと今回の釣りには板前さんが同乗されていました。・・・という事は?そうです。船上でのお昼御飯です!!板前さんは慣れた包丁さばきで次々に食材を料理へと変身させていきます。この揺れる船上では魚を〆るのも一苦労。そんな中出来たご馳走がコチラ!!(驚)

■さらに、ホクホクの身が冷えた体を温めてくれる“メバルの炊き込みご飯”まで用意していただき、しばし釣りを休んで皆さん無心に箸を進めます。(笑)
■そして、至福の一時を終えると、「次はハゲオンリーで狙いましょう。」と船長からの提案が。仕掛けが先程のメバル胴突き釣りと全く違う為、まず私達が仕掛けの説明をします。しかし、それ以前にタックル(竿&リール)に興味津々の生徒さん達。「こりゃエライ先調子じゃね!!」「こんな小さいリールで釣るんじゃ。」など、あの繊細なアタリを取ることに特化した専用モデルのインパクトに圧倒されていました。
■マキエを使う釣りなので船長の合図で全員が一斉に仕掛けを投入。「20mで止めてくださいねー。」という船長のアドバイスに、船上からは「浅っ!!」という声が上がります。しかし、それは水深が浅いのではなく単純にハゲの群れが浮いていたのです。=(つまり)活性は高め。指示されたタナで仕掛けを止めてサビき、ラインを張ったままゆっくり沈めていくと・・・「ザワザワッ。」と竿先にアタリを感じます。しかし、これからがハゲ釣りの難しさ。身の強いオキアミボイルを見事エサだけ取っていきます。さすがは『エサ取り名人』一筋縄にはいきません。
■そして、遂に「よっしゃ!!」という掛け声と共に北川さんにHIT!!そうそう曲がらないはずのハゲ竿がカーブを描く様子から、大物が期待されます。上がって来たのは期待通りのビッグサイズ!!もちろん、お目当ての肝もパンパンです。「こんだけ引けばおもろいわ!!」と続けて仕掛けを投入。そして今度は息子さんの歩(あゆむ)君にバトンタッチ。するとすぐに「お父ちゃん!!きた!!」とヒットコール!!一発で仕留める息子さんに少々戸惑い気味の北川さん。私達も、お子さん達の感性には驚かされっぱなしです。
■それに負けじとOTさんも真剣な眼差しで穂先を見つめます。そして遂にハゲがHIT!!ドンピシャのタイミングでアワセを入れられた様で、しっかり上顎にハリが貫通しています。「やっと釣れたわー!!もう分かったけぇね!!」とOTさんも量産体制(笑)。次第に皆さんアドバイスが不要になったようで、北川さん、OTさんが釣ったハゲを私が〆る・・・という流れ作業が成立していきました(爆)。
■皆さん夢中で釣り続け、スグにクーラー一杯の釣果となりました。「前(船首)の方は釣れているだろうか?」と気になって移動してみると、「こんな感じです♪」と大崎さんがクーラーを空けて下さいました。すると、やはり心配無用の絶好釣!!40cmに達するほどの大ハゲが大漁です。皆さん、「やっぱり煮付けかね?」「すぐだったら刺身もイケるじゃろ。」と晩御飯の話で持ちきりでした(笑)。
■そして、時間が経つのは速いもので船長から「終了でーす。皆さんお疲れ様でした!!」と声が掛かります。ここで全員に釣果を聞いてみると、メバル・ハゲ共になかなかの大漁。この天候でこの釣果なら大満足の結果です。「いやぁー。えかった!!えかった!!今年もエエ年になりそうですね!!」と皆さん最高の笑顔で今年の初釣りは幕を閉じたのでした。
■今回はバンド『ギャルローズ』の同窓会に同席させていただき、私達も本当に楽しい一時を過ごす事が出来ました。さて、今回の生徒さん達は、現在それぞれの人生を歩んでおられる訳ですが、釣りをしている時は、一つ船の上、全員が協力して好きな事に打ち込む・・・まるでバンドが再結成され、スタジオでセッションしているかのようでした。
■皆さんも、ご家族やお仲間を誘って瀬戸内の旬のターゲットを釣りに行きませんか?楽しい釣りとおいしいお土産は最高の思い出となるはずです。
協力遊漁船:ピュアライズ
出船場所:廿日市港
生徒さん:北川さん・西沢さん・OTさん・大崎さん・櫻井さん・子どもさん2名
同行:アングル本部 前田 大輔
報告(写真・文責):アングル本部 山ア 郁夫
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)2001-2006 ANGLE Corporation.All rights reserved.