アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■シーズン終盤のアオリレポ&太田川上流鮎解禁レポート■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2007.5.28(月) アオリイカ 島根県浜田市「津摩漁港」 波止 エギング・泳がせ
2007.6.1(金) 広島県戸河内町「太田川上流」 河川 友釣り



☆5月28日山陰エギング編☆
■5月20日より江の川鮎解禁となり、3桁釣果も聞かれるほどの好釣果の中、まだ鮎釣りをモードにはなれず、アオリイカを求めて山陰へ足を運んでいました。
■5月末、自分の中で「春アオリは最後かな?」などと思いながらの釣行です。気づけば今シーズンの春アオリ、行けばボウズなし!!と信じられない記録を更新中!!ラストとなる今回を有終の美で飾りたい気持ちで一杯でした。
■しかし、、一緒に釣行した小屋浦店メンバーの小西さんやお客様、草津店の伊東さんがアオリイカを続々とヒットさせていく中、私にはノーヒット・・・。「とうとうボウズ・・・今までが良すぎでやっぱりこんなもんかぁ。。」と、帰港時間が近づく中、ぼんやり海を眺めていると、私のヤエン仕掛けにアタリが!?緩めていたドラグが「ジィィー!!」と音を立てラインが出て行きます。


■間合いを計ってアワセを入れ、アオリを浮かせにかかります。ヤエンを投入しようとした時、海面にアオリの姿が・・・「デカイ!!」。思わず慌ててしまった私。ヤエンを間違って逆に付けたり、アオリに藻場へ突っ込まれたりとハラハラドキドキで何とかキャッチに成功!!検量すると1.7kg。シメの1パイを良型で締めくくることができました。
☆6月1日鮎釣り解禁編☆
■アオリは今シーズンこの1パイで区切りをつけて、6月からは鮎釣りモードです。4月に当店が主催した『鮎祭2007』にゲストとしてご来場頂いた村田満さんのサインにも書いてありました。切り替えが大切だ、と。
■そして5月31日、太田川上流の解禁日前日、イカ釣りばかりに行っていたので鮎釣りの道具の準備をまったくしておらず、前日になってゴソゴソと仕掛や針を選びます。錨はがまかつの【バリューパック】を使用。そして今シーズン新商品の【錨ケース】。これがベンリ!!錨をスポンジごと入替可能なスグレモノです。さて、ブクブクの電池も入れ替えて、いざ初日。
■戸河内ICから少し下流の2本目の橋の下へ入ります。時刻は朝の5時、水温は14.5度で気温の方がまだ低く、少し肌寒い状況。しかしさすがは解禁日、周りには10人以上の鮎師が見えます。さらに早い方はすでに竿を伸ばし、川へ入られています。私も竿を伸ばしながら、すでに釣りを始められている方達をキョロキョロと見ていると、「あっ、掛かった!!」「奥の方も掛かった!!」という具合。
■早速私も釣りを開始します。オトリに鼻カンを通し、流芯に落ち着かせます。少しの間辛抱してオトリを止めていたら、「ココォーン!!「ギューン!!」とアタリが!!「きたきたきた〜!!大きい大きい!!(村田満さん風)」引き抜きでタモに収まった鮎は17〜18pくらいの綺麗な鮎です。
■さて、オトリが替わったのでこれからが本番。自分のポイントの中で1番流れのある所へオトリを送ります。そしてまた目印が「スコーン!!」連チャンです。すぐにタモに収めて同じ流れへ。またまた「ギュン!!ギュン!!」と連発!!「きたで〜きたで〜!!入れ掛りやぁ〜!!(村田満さん風)」と思わずモノマネするほどの入れ掛り状態。「・・・このペースなら3桁・・・ムフフ」と夢を膨らませます。
■しかし、この流れは長くは続かず10匹ほどでストップ。後は単発で掛かったり、針ハズレでバラしたり・・・。そんな中、同行されたお客様は見事な引き抜きでポツポツ数を増やしています。しかし、午前9時ごろより単発すら掛からなくなり、周りの方達も上へ行ったり下へ行ったりし始めました。どうやら一番鮎を全て釣ってしまった様子。
■解禁日はやはり人も多く、1人で釣れるスペースも少なくなってしまうのが残念です。それでもヘチを泳がせたり、新しく瀬に入って来る鮎を待って昼過ぎに何とか20匹掛ける事が出来ました。
■残念ですが、私は次の日が早朝出勤だったのでここでタイムアップ。夕方の入れ掛りタイムを残して納竿となりました。

■私が道具を仕舞っている時に、一番瀬尻で竿を出されていた方はポツポツと鮎を掛けています。そして、道路まで上がって川を見てみると、群鮎がさして来ていて、石に着いているようです。その前で釣りをされている方はグラグラと入れ掛り状態。羨ましい・・・。

■今年の太田川上流の解禁日はライスセンター裏で40〜50匹、漁協前で30〜40匹、津浪で40〜50匹、多い方は70匹。と後ほど情報を聞きました。場所によっては群鮎が多く残っていたり掛かる鮎のサイズが大きかったりと楽しめそうな今年の太田川(上流)。今後に期待が持てそうです。
エギング同行:パワーアングル草津店 伊東 美香・アングル小屋浦店 小西 正広
鮎釣り同行:桜井様(お客様)
報告(写真・文責):パワーアングル草津店 楠本 明
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.