アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■遊漁船「わたつみ」で行く遊youプランで大アジ大サバ爆釣!!今が狙い目船サビキ■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2007.6.6(水) アジ・サバ 伊予灘「長浜沖」 船釣り サビキ釣り



■今回の遊youプラン、今シーズン真っ盛りの大アジを狙いに遊漁船わたつみ船長竹下さんへお願いしました。6月6日参加者はお客様6名と本部より大アジ釣りの大好きな植地課長にも参加頂き私の8人での釣行です。朝6:00廿日市港を出船、約2時間の長旅です。
■ポイント近くになるとエンジン音が低くなり、各自仕掛けの用意を始めます。お客様の中にはベテランの方から今回大アジ釣りが始めてで、電動リールを使われるのも始めてと言われる方まで幅広い方々に御参加頂いています。ベテランの中原様、森クニさまはmyタモmyバケツなども用意されており、大型クーラーの中には海水と氷をいれてあり釣れたてのアジをすぐに〆れるように準備されています。
■植地課長にも他のお客様の用意を手伝って頂きみんな一斉に仕掛を下ろします。すぐにベテラン中原様にアタリ、竿をしならせます。釣れあがったのは中アジ、仕掛にからみエビになっています。しかしこれは高度なテクニックで、狙ってはなり難いですが口の弱いアジをバラサないで取り込むには最高です。

■つづいて森国様HITこちらは良型のようです。

■今回お手伝い頂いた植地課長は、”わたつみ”に搭載されている探見システムを使い、シマノの電動丸1000スペシャルと探見丸での釣り。探見丸システムは親機から飛ばした魚群探知機の情報を子機に飛ばし、釣り人個々が底の状態や、魚群を見ながら釣りが展開できる画期的なシステムです。
■植地課長は魚がいる漁礁近くになるとしきりに竿を振り、コマセを出し、ここぞというポイントでしっかり待つという感じでしっかりと釣ってました。底の状態が分かるため、根掛かり回避も可能ですよね。

■その後も良型がポツポツと上がるなか竹下船長がもっと大きいのが釣れる場所があるということでポイント移動です。
■今度は、沢山の船団が釣りをしているポイントで釣りをします。ほとんどの船が大きなアンドンカゴで長いハリスを使った吹流し仕掛けで釣っています。竹下船長も「いっぱいマキエを撒かないと、釣れないからね〜しっかり撒いて」とアドバイス。移動して直に植地課長が低速で電動リールを巻いています。なにやら良型のHITのようです。はやり、植地課長の探見丸には、釣るための何かが映し出されていたようです。
■船尾の浜野様と新本様も同時にHITです。浜野様は何時も奥様とご来店頂きお二人で何時も釣りに行かれていますが、この度は奥様が船に弱いとのことでご主人様お1人でのご参加です。奥様の分も釣って頂きます。新本様は初挑戦の大アジ釣りでタモに収まった大アジを見て大変喜んでいただいています。

■船首で船のサビキ釣り、電動リール初体験の中本様もこの波にのり丸々とした良型のアジをキャッチされました。

■これで全員安打。私も皆様の様子を見ながら釣りを開始すると「ググー!!」といいアタリ!!この瞬間がたまりません。電動リールをスローにしてゆっくりゆっくり大アジを寄せてくるときも、「バレるなよ〜」と願う思いで寄せてきます。
■前半はちょっと苦戦を強いられてしまい、これまで釣果がなかっただけにうれしい1匹です。サビキはいろいろ使った中でも、アングルオリジナルサビキや蓄光MIXなどの夜光系のサビキが良いように感じました。

■その後もタイミング良くアジの群れが船につけば一斉に釣れるという感じでお祭り騒ぎとなりました。
■私の隣釣りをされていた中本様、竿を見るといつになく大きくしなっています。時折、力強く底でギュギュッと引き込みます。その状況に私も竿を置き、タマ助にまわり、浮いてくる魚を待ち構えていました。

■時間を掛けて上がってきたのは大サバです。それも50cm以上あります。「おめでとうございます!!これは大きいですよ!!写真写真!!」と植地課長も興奮気味。

■さらにこのタイミングでは船尾で釣りをされていた森国様や浜野様も大サバがヒット!!大アジに加え、大サバと思わぬお土産にみなさん大満足です。

■だんだんと潮の動きがゆるくなったお昼過ぎ、来た時Hは大きかった船団もだんだんと減ってくる中、大きな群れが私たちの船についたのでしょうか、ダブルヒットが連発。
■しかし、潮が止まってからは食い渋るような感じです。サビキを咥えるような「カツッ!!」としたアタリはあるものの、しっかり食い込んでおらずフッキングしないケースが増えてきました。

■この状況に植地課長は思い切ってエサ釣りにシフト。メバル用3本胴突きでハリス1.5号にぬめり付きシラウオでドリフトさせて見事キャッチされてました。大アジともなれば、ハリス1.5号は不安ですが、電動丸と竿のしなりで細ハリスをカバーされてました。
■大アジ、大サバとサイズが良い為みんなのクーラーはたちまちに埋まっていきます。私も大汗をかきながら漁師のように釣っては〆てコマセを入れて釣ってはバラシの繰り返しでヘトヘトになってきたころ、船長より「そろそろ納竿にしましょうか」との合図で終了となりました。
■帰りの船中は『4号ハリスが切られた』「あのサバはすごく引いた」などと話していましたが1人、また1人と眠りに入り目が覚めると港に着いていました。

■船から荷物を降ろすとき皆様のクーラーは、35〜45cmの大アジと50cmオーバーの大サバでとても重たくなっていました。この度御参加頂いた、中原様,森国様、中本様、新本様、浜野様、T様、植地課長そして、わたつみ船長竹下さんありがとうございました。まだまだ続く船の大アジシーズン。また皆様で楽しみましょう。
■次回の遊youプランでの大アジ釣りは6月14日(木)に美咲丸さんで、またまた40cm級の大アジを狙って出船予定です。14日の便は、アングル本店の小田と植地課長が乗船させてもらいます。初めてのお客様でもご安心下さい、お一人でのご参加も大歓迎です。ふるってご参加ください。詳しくはアングル本店までお問い合わせをお願いします。
   
利用遊漁船:わたつみ
TEL 090-3179-9836
廿日市港出船
料金:1人11,000円(エサ付き)

同行者:中原様、森国様、新本様、浜野様、中本様、T様/アングル本部 植地 尚道
報告(写真・文責):パワーアングル草津店 楠本 明
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.