アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■CATVロケ「山陰浜田の夏が来た!!弾丸ライナーとガチンコ勝負!!豪快ヒラマサ釣り」■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2007.7.20(金) ヒラマサ 島根県浜田市「浜田港沖 シャックリ波止」 波止 カゴ釣り・フカセ釣り



■今期、爆発的な釣果を出していたヒラマサの群れがだんだんと西から東に移ってきたようです。6月前半は三隅の火電波止で大爆釣を記録してから、だんだんと数は減りつつも、大型が混じるようになり、一層楽しみが増した感がありました。そして7月に入り、浜田沖でもポツポツとヒラマサの釣果が聞かれるようになり、いよいよ大きな群れがやってきたというタイミングを見計らい、ケーブルのロケをブッキング致しました。

■取材当日は南西の風が強い予報。波は穏やかですが、さてどうなるでしょう。当日の朝4時30分に浜田港マリン大橋下から出船の加戸渡船さんに集合です。今回の釣行メンバーは、ゲストとして前回のアジングで大変お世話になった後迫さんも約10年振りのヒラマサ釣り、そして男女釣行も経験している女性釣師の川原さん、ヒラマサ釣り初挑戦の本部前田君と私の4人での釣行となりました。

■出発前、船長と相談して一発大物よりもヒットで繋ぐ釣りをしようということで、最近好調のシャックリ波止に渡礁しました。すでに昨晩からの泊まり釣りの釣り客と、一番船で渡礁した釣り客がおよそ15名くらい波止の右半分にかたまってらっしゃいます。私たちはほぼ波止の真中付近に釣り座を構え、いざスタートです。
■一言にヒラマサ釣りと言っても狙い方は様々です。特に、沖堤においてはヒラマサは比較的足元付近まで回遊してくるケースが多く、一般的なカゴ釣りのほか、フカセ釣りでも楽しめる魅力があります。

■そこで、私はフカセ仕掛け、他のメンバーはカゴ仕掛けとフカセ仕掛けの両方をセッティング。いざ釣り開始です。今回はプロのレポーターの手配ができなかったため、私が仮のMCを担当します。いつもの掛け声が波止にこだましてメンバーそれぞれが釣り座につきます。

■オープニングを撮影している最中にも他釣り客がヒラマサをヒットさせていたこともあり期待は十分。私は足元にボイルをパラパラ撒いて「シンクロ釣法」。はじめはエサ取りの5cm前後の小アジが群がっていましたが、突如姿を消します!!「来た!!ヒラマサ到来ー!!」とマキエとシンクロして沈むウキがスーッ!!と引き込まれ強烈なアタリ!!

■足元で当たるヒラマサのファーストランは強烈です。ベイルフリーで竿を起こしてタメ込みます。いきなりのヒット私も少しテンパリ気味。コレをバラしてはなるものかとジワジワとポンピングで寄せ、前田君が見事キャッチしてくれました。

■この1本に俄然活気が出ます。私意外のメンバーも最初はカゴ釣りからスタートしましたが、フカセを試みるメンバーも現れます。
■そして、今度は後迫さんのリールから道糸が弾け出る音が!!腰を落とし、強烈な引き込みに耐え、見事キャッチ、その後も前田君、川原さんも見事キャッチして全員安打。「アジ釣るより簡単なんですね!!」というロケクルーでしたが、普段は狡猾なヒラマサもこの日ばかりは狂喜乱舞といった状況。詳しくはぜひオンエアーをチェックください。

■放送は各ケーブル局より前編が7月30日から。後編は8月6日からの放送予定となっております。

■いよいよシーズンとなった浜田のヒラマサ釣り。カゴ釣りはもちろん、フカセ釣りでも狙え、チヌやグレとはまたひとつ違うパワーゲームが楽しめます。まだ始まったばかりのヒラマサシーズン。今後群れはだんだんと東(浜田の生湯磯)方面にも広がり、皆様の竿を曲げてくれることでしょう。青物党の皆様、今年からヒラマサを始められるお客様、ぜひ浜田の海で一汗かきませんか?
   
利用渡船:加戸渡船
http://www.kado-tosen.com/
TEL 090-3638-3077
料金:シャックリ波止 1人3,000円
予約不要・随時出船

同行:後迫様・川原様(お客様)/アングル本部 前田 大輔
報告(写真・文責):アングル本部 植地 尚道
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.