アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■意外な穴場!!小屋浦店裏でフカセチヌ!!■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2007.7.24(火) チヌ 広島県県安芸郡「アングル小屋浦店裏護岸」 護岸 フカセ釣り



■長かった梅雨も明け、水温もグングン上昇してまいりました。そんな7月〜8月はチヌが浅場で荒食いをする時期です。釣れるサイズはバラバラですが、産卵後の大型も期待出来るこの時期に、50pオーバー(年無し)の実績もある意外な穴場ポイント『小屋浦店浦護岸』でフカセ釣りに挑戦してまいりました。
■このポイントは、多少遠投に分があることもあり、マキエは『マルキューの“チヌパワーダッシュ”』一袋と『釣り万の“ピンポイントチヌ”』一袋に『オキアミ3kg』の配合にしました。サシエはあらかじめ同オキアミから取っておきます。
■ポイントはすでに潮が引いていたので、早速ポプラ裏の階段から下りられる石積みで釣りを開始します。しかし、水深はかなり浅く手前には藻がびっしり生えていました。その為仕掛けはゆっくりと探っていくように『岡田ウキ“シーマスターF0号”』を使いハリスを『東レ“ハイパーガイア1.5号”』を約8m取る【1000釣法】にしました。このままでも風にはかなり強いですが、向かい風がやや強かった為、フカセからまん棒の下50p程の所に『釣り研“潮受ウキゴム”』をセット。この潮受ウキゴムが下潮を捉えて上滑りを抑えてくれます。ハリは重いハリの層チヌの2号を選び、タナは1ヒロ半からスタート。
■まずは届く範囲にマキエを打っていきます。そしてだんだんと自分の釣りたいポイント周辺にマキエを収束させ魚を集め仕掛けを投入。仕掛けの周りに10パイ前後撒き流していきます。30分ほどはエサ取りもいなく反応ナシでしたが、同じ様に流していくと「ジワーッ」とウキが沈んでいき、1mほど沈んだ所でアワセると「ズン!!」と竿にのった感触。藻のキワを横走りさせていく時、一瞬ボラかなと思いましたがやり取りをしていると首を振りだしたのでチヌと確信しました。丁寧に岸まで寄せてハンドランディングに成功(タモを持ってきていなかったので・・・(汗))のっこみから完全に回復した綺麗なチヌでした。早速、小屋浦店に持ち込み検量すると36p。体高の為か、目方ではかなりのものです。

■釣り場に帰る途中で即リリース。こんな事ができるのも海が近く(隣)の小屋浦店ならでは。さらに、「まだ釣れるだろう」と思い同じポイントに流していくと、3投目でまた同じ様に「ジワーッ」とウキが沈んでいきます。アワセを入れると再び同じ様な引き味。こちらは34cmのチヌでした。
■ここまでは、ほぼ立て続けの釣果でしたが2匹目のチヌを釣った後、喰いが遠のきアタリがサッパリ無くなってしまいました。そこで、もう一度広範囲にマキエを打ち、潮が引いて大分浅くなっていたので1ヒロまで下げていたタナをもう少し浅い1m程にして30m程の所に投入。マキエをウキに当てる様に10杯ほど打ちます。
■すると、5m程横に流れた所で「スーッ」とウキが入り、アワセると「ズン!!」という今日一番の重量感。「40pはある」と確信してゆっくりと浮かして取り込み、小屋浦に持って行き検量すると43cmの良型!!本日は3枚のチヌに加え、40オーバーまで出た所で大満足で納竿にしました。
■今回釣ったポプラ裏の石垣の他に、小屋浦店裏右側にもいかにもチヌがいそうなポイントがあり(年無しがでたのはこちらの方)投げ釣りだけではなくフカセ釣りでもいいポイントがあります。意外と釣れる小屋浦店裏、是非一度お試し下さい。
報告(写真・文責):アングル小屋浦店 岡本 和士
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.