アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■ライトジギングのNEWスタイル“鯛ラバ”に挑戦!!■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2007.7.2(月) マダイ・タチウオ 山口県「周防大島沖周辺」 ジギング



■昨年から話題沸騰の「鯛ラバ」。最近で各メーカーからさまざまな商品がニューリリースしており広島湾近海でも浸透され釣果も聞こえるようになりました。 そこで、この注目の釣法に興味津々の私は当店の鯛釣りのスペシャリスト吉田さんと、私同様、鯛ラバに興味をお持ちのお客様の小山様に釣行をお誘いしたところ、二つ返事でOKを頂きました。さらに、小山様から「それじゃー人数が多いほうがええじゃろー」と小山様の釣友の方々にまで快諾していただき、強力なバックアップをして頂けることになりました。
■そして釣行日当日、今回同行していただける方々を拝見すると皆様、気さくなジギングのエキスパートの方ばかり!!期待度◎です。そして急遽、仁保店の島也さんにも参加してもらい、心強いメンバーと共に小屋浦店のイチオシ遊漁船『オーシャン』に今回もお世話になりました。
■呉市吉浦の港に到着し、いつも元気な森崎船長と挨拶を交わした皆様は、テキパキと荷物を積み込みあっと言う間に出船準備完了に!!森崎店長と吉田さんのナビゲートでポイントに向かいます。 ポイントに到着したところで森崎船長から鯛ラバについてのアドバイスをメンバー全員で拝聴します。ただ巻いてジグ自体でアピールさせる釣りのためシンプルな釣法ですが、アタリがあっても巻き続け竿先が「グィー」と引き込まれて初めてアワセを入れてやる所など、スリリングな一面もあり、真鯛との強烈なやり取りがこの釣りの醍醐味です。
■さて、いよいよ船長の合図で一斉にジグを投入します。その合図と同時に先程から降っていた雨足が強くなり、コンディションはさらにタフな状況に。しかし皆さん雨なんか何その!!集中してジグを巻き上げます。
■その中で私の隣の島也さんはアタリが連発している様子で、遂にヒット。断続的なアタリがあり、周囲の注目を集める中、竿が引き込まれるまで巻き続けます。結局そのまま竿先は引き込まれなかったので不審に思った島也さんは「そろそろでしょう」とアワセを入れると「ズン・・・」という手ごたえ。しかし、鯛特有の首振りがありません。しばらくして浮いてきたのは鯛ラバでは名外道ともいえる“グチ”でした。残念。
■それから皆さんアタリはあるももの追ってくるアタリがなくしばらく沈黙が続きます。この状況に業を煮やした私は、吉田さんが持参してきてくれた最終兵器の海エビに手を伸ばし、鯛ラバに装着します。(爆)周囲のメンバーに笑われながらも「これはエビチューンだ!!」と自分に言い聞かせ、ジグを落とすとアタリが連発(笑)すると先程の島也さんとまったく同じアタリがあり、上げてみるとやはりグチでした・・・(泣)
■この状況を打破するべく吉田さんが鯛ラバから十八番のゴング(オブリ)釣りにチェンジ!!ここで本来使われるべく海エビを付けて仕掛けを投入します。しばらくして「おい釣れたどー!!」の声。冷静にやり取りし、待望の鯛が海面に見えてきました。40cmは確実にあるナイスワン!!さすが真鯛のスペシャリストです。沈黙を破ったこの1匹で、メンバー全員のヤル気がみなぎります。それからも吉田さんはもう一匹追加し、1人休憩タイムへ。それを見た鯛ラバチームの活性は上がったのですがこの日のコンディションが悪かったためか、その後も鯛の活性は上がらずノーフィッシュとなりました。
■ここで降り続いていた雨も止み、このままでは帰れないとばかりに気分を変えてサーベリングに変更。つまりシャクリ解禁!!皆様、ここで本領発揮です!! さすがジギングのスペシャリストだけに皆様コンスタントにタチウオを釣り上げます!!ここでは三上様の6本オーバーをはじめ、ドラゴンクラスも数匹お目見え!!ヤンヤンヤの大盛り上がりのうちに時間がきて納竿となりました。
■大粒の雨の中皆様、本当におつかれさまでした。またこのような機会を作って今度は鯛ラバリベンジもしくは私が青物デビューの際はご教授よろしくお願いします。


■今回の鯛ラバでの釣果はありませんでしたが広島湾近海でも釣果は確実に伸びてきています。シンプルかつスリリングな鯛ラバにチャレンジしてみてはいかかでしょうか?
☆瀬戸内のルアー・ジギングならオマカセ☆
協力遊漁船:
OCEAN(オーシャン)
船長:森崎船長
出船場所:吉浦(池の浦)港
↓予約状況等各種案内はコチラ(オーシャンHP)↓
http://jiggingocean.hp.infoseek.co.jp/index.html
↓電話の方はコチラまで↓
пF080-5611-5976(船長携帯)
同行:小山様・原様・三上親子様・K様(お客様)
アングル小屋浦店 吉田 佐登志
アングル仁保店 島也 篤
報告(写真・文責):アングル小屋浦店 小西 正広
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.