アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■今が旬!!真夏の船アジ釣行レポート■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2007.8.6(月) アジ 広島県呉市倉橋島沖「柱島周辺」 サビキ釣り



■前回の鯛ラバ釣行から早くも一ヶ月が経ち船釣りの魅力にはまりつつある私に当店の吉田さんから今度は「エサで旬の魚を釣ろうや!!」と提案があり、私も即賛成して“今が旬”の船アジ釣りに決定しました。 今回は吉田さんの紹介で倉橋島の本浦漁港で出船されている福和丸のお世話になることになりました。
■福和丸では事前に連絡を入れていればその日の釣りたての魚料理を振舞っていただけ、特に船上で食べる炊き込みご飯は絶品との事で釣り以外の楽しみにも期待の胸を膨らませる私であります。


■今回、私と同船していただくメンバーは前回の鯛ラバ釣行でも大変お世話になり、さまざまなジャンルの釣りをされるお客様の小山様・原様・K様。そして、当小屋浦店から吉田さんと仁保店の島也さんの計6名での釣行です。
■恥ずかしながら今まで船餌釣りの経験がほとんど無い私にとって、釣り全般こなされているお客様と当店と仁保店のエサ担当である両名と同船できる事になり、文字通り大船に乗ったつもりで今回のポイントとなる倉橋沖の柱島周辺に向かいます。
■早速、ポイントに到着。皆さま思い思いのサビキ仕掛けを投入していきます。私も少し手間取りながらも仕掛けを投入します。 今回はK様・島也さん以外の方はタチウオジギングなどのライトジギングタックルを使用。今ブームのライトゲーム仕様です。使い勝手は断然、船竿や電動リールに分があるものの短くて好感度のライトジギングタックルはアタリがダイレクトに伝わってくるのでこれはこれで面白みがあります。
■間もなく朝マズメの時合に入ったのか、どんどんと良型のアジが上がってきます。私も皆さんに遅れながらもなんとかアジをゲットし一安心。 それから朝の時合が終わり、しばらく食いが渋い状況が続き出します。船長いわく、この日の潮はアジを釣るにはあまり良くない潮のだと言うことで、しばらく沈黙が続きましたが3,4回ポイントを移動したところでアジの群れが入りだし再び船内は盛り上がります。
■その爆釣モードに突入している中でいっこうに釣果が伸びない私を見かねて、私の釣座の両サイドにおられた小山様とK様にレクチャーして頂いた所、私にもポツポツですが釣れ始め、同じ動作をしている様でも釣果が違う所など船釣りの奥深さを体験できました。
■その後も皆さんコンスタントに釣果を伸ばされた所で時間はもうお昼となり待ちに待った昼ごはんです!! メニューは事前に聞いていた期待の炊き込みご飯、中身の具は朝方に釣れた30cmの真鯛と良型のアジがふんだんに入っております。あとはアジのたたきと船長特性の漬物。これもエサ釣り船ならではの醍醐味です。 早速皆さんとご馳走になり、口に入れた瞬間、誰もが絶句・・・声が出ません 私も「炊き込みご飯のIT革命や〜〜!!」と心の中で叫び実際にはあまりの美味しさに言葉も出さず黙々とほお張っていました(笑) その後も私を筆頭に皆さんおかわりを連発したところであっと言う間に全てたいらげ充電完了!!午後からの釣行に備えます。
■それからも快調にアジ・メバルを追加し船長も納竿の時間近くなるとイケスから次々とアジを〆ていきます。想像以上の釣果だった為か船長の〆作業にも気合が感じられます。
■朝方は曇っていた天候も午後からは快晴となり、気温もかなり上昇してきたので午後からの釣行時間を短縮し、少ない時間に最後まで集中して仕掛けを投入します。
■そうこうしているうちに納竿の時間になり、アジの数を見ると100匹ぐらいの大漁。クーラーもかなりの重量感です。 旬の魚を釣りその釣った魚を船で料理して頂く、船釣りのベテランの方にとっては当たり前の事なのかもしれませんが、船でのエサ釣りがほぼ初めて経験だった私にとって、とても新鮮な事のように思えました。今回、釣行に同行していただいた小山様・原様・K様、本当にありがとうございました!!また是非、ジギング又はエギングなどジャンルは問わず釣りに行きましょう!!その際にはまたご指導おねがいします。
利用遊漁船:福和丸 TEL0823-53-1017
(船長携帯)090-6834-5290
同行:小山様・原様・K様(お客様)
アングル仁保店 島也 篤
写真:アングル小屋浦店 吉田 佐登志
報告・文責:アングル小屋浦店 小西 正広
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.