アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■今年も釣れます!!山陰フラットフィッシュゲーム■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2007.9.26(火) ヒラメ・マゴチ 島根県浜田市「松原港〜波子の浜」 波止・磯・砂浜 ルアー



■いよいよフラットフィッシュゲームの季節がやってきました。2年前からアングルが注目しているフラットフィッシュゲーム。今年もアングルメンバーはせわしなくフラットを追い求めて活動中です。今回は、午前中フカセヒラマサを激釣した後、「まだ時間も早いのでちょっくらやりますか」というノリで竿を出してみました。
■とりあえず良く知る釣り場、松原湾へと向かいます。堤防では子供のサビキ仕掛けに小アジがバンバン釣れているので、ベイトフィッシュというか、エサになりそうな小魚は豊富なようです。とりあえず、リグって釣りをスタートしますがフグの猛攻です。少しづつ場所を移動して探ってみますが、あまりにものフグの多さに断念。まだ海は夏模様でした。

■2人で「ここはさすがにやらないでしょ!!」というマニアックな場所を叩いてみます。フグはいないようですが、魚もいませんでした×。というわけで、移動です。次に来たのは底が砂地の磯場です。

■道中やっぱり川の河口を車から見ると茶色い状態で河口はちょいと厳しそうです。

■そういうわけである程度の濁りは仕方ないとして、多少底ウネリがあっても身を寄せてウネリを回避できるような場所がいいだろうということで、磯にやってきたわけです。もちろん、根があちらこちらにあるので根掛はしますが、時間もないので一発勝負です。

■とにかくどこにいるのか分からないので手当たり次第キャスト。ルアーは私のいつものパイロットルアーである「エコギア 3Dジグヘッド3/8oz」にアシストフックを装着し、ワームは「エコギア パワーシャッド5インチ」をセットしました。
■最初は定番カラーの「カタクチ」でチェックを入れていたのですが、シルエットはハッキリしているものの、水が濁り気味なのでこのカラーではアピール力も弱いと思ってド派手なヒラメレッドにシフトします。

■釣り方はいたって簡単。ルアーが底から水中に引っ張り上げて、カーブフォールの繰り返しです。いろいろと語れば薀蓄はあるのですが、ヒラメやマゴチですから、魚の目の付き方からして、海底よりも上方向への注意力が強いので、とにかく着底したワームを水中に一旦引き上げてから、底に落とすように心掛けて釣っていました。

■そして、良い感じにウネリの波と潮の流れがぶつかるようなポイントを見つけました。そこを通すと一発で食ってきました。「食ったー!!」とシャウトします。一呼吸おいて、竿を聞いてみると確かに重い・・・。これ見よがしにビシッ!!とアワセを決めました。
■暴れるマゴチを磯のタイドプールにブリ上げました。
■キャッチしたマゴチは、私のワームをジグヘッド毎丸呑み状態でした!!フックを外して、しばらくマゴチをタイドプールに放流して観察します。見る見るうちに忍者のように体の模様が変わってとっても綺麗。ずいぶん元気だったし、クーラーにはヒラマサも入っているので、この元気なマゴチはリリース致しました。また大きくなって楽しませてくれるでしょう。
■10月14日開催 ただいま参加者募集中です■
■その後、しばらく同じコースを狙ってみましたが風と波が強く暗くなってきたので今回は早めに終了としました。

■今回はフカセヒラマサの後のほんの3時間程度の釣りで1匹ではありますが、何とかマゴチの顔を拝むことができました。今年の山陰はどうも変で、今時期釣れるはずの魚があまり釣れない状況が多く、今回もこの釣りのキーワードとなるベイトフィッシュ(カタクチイワシやトウゴロウイワシ、ハナミノハナなど)があまり見受けられないようで、本格的なシーズンはまだちょっと先なのかも知れません。

■さて、今回は山陰での釣りとなりましたが、くれぐれも釣り場で出たゴミは必ず持ち帰って処分するように重ねてお願い致します。どうしても地元の方々から見れば県外からの釣行者は歓迎されないことが多いです。「ゴミは捨てない、拾って帰る」くらいのスタンスで楽しみましょう。
■最後に苦言となってしまいましたが、来る10月14日(日)には昨年から開催しているフラットフィッシュパーティーも開催されます。まだまだ未開拓の釣りをアングルと一緒に掘り下げてみませんか?ぜひご興味がございましたらご参加くださいませ。
   
同行者:古和様(お客様)
報告(写真・文責):アングル本部 植地 尚道
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.