アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■周防大島もデイメバ好調!!のんびりポカポカ陽気の下で楽しもう!!■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2008.2.7(木) メバル・アジ 山口県大島郡「周防大島 沖家室〜佐連」 波止 ルアー



■まだ防寒服が手放せない季節ですが、日中には暖かい日差しが降り注ぐ日も多くなってきました。予定では山陰ヤリイカ釣りでしたが、あいにくの強風・高波で山陰をパス、そこでみんなで楽しく大島でデイメバをしましょうとなったのでした。

■今回はブロガーの皆様方はご存知かと思いますが、ライトリガーチーム「Keep」のメンバーである、チャージさんとDr.Tさん、それに高ギレ会のおいこさんのメンバー。朝7時にアングル本店にお集まりいただいて、ただいま開催中の”メバルンフォトフェスタ”へ参加登録。今回キャッチしたメバルをエントリーしようというのも楽しみのひとつです。

■天気良くなり朝9時頃、周防大島に到着です。皆さんとは、以前「釣ってらっしゃい」などの取材で大変お世話になっており、一緒に釣りをしていて大変勉強になります。早速釣りスタート。潮はすでに満潮時刻を過ぎており、少しづつ潮が引いていく時間帯でした。
■海を見れば、魚がパシャパシャ跳ねています。みんな「あれメバルじゃろ〜!!」「沖じゃねー!!大遠投せにゃー!!」っとかなりのはしゃぎっぷり。開始1投目からコアジやメバルがたくさん釣れました。
■どこへ投げても何か反応がある状況ですが、しばらく釣るに釣れてだんだんと「型狙い」をしてきます(笑)最初はみんな固まって釣りをしていたのですが、ひとり・・・またひとり・・と魚群センサーを働かせて釣場を散策。

■私も同じ場所しばらく釣りをしていたのですが、偏光グラスで藻の状態や魚の動きをみながらアプローチさせる角度を変えたりと試行錯誤。

■デイメバルは夜には見えないストラクチャーや藻の状態、魚の状態、潮の向きなど次から次へと情報が飛び込んでくるので、同じ場所で釣っていても飽きません。「やっぱ昼間はいいわ」と思うのでした。
■っとそこへ、遠征に出ていたチャージさんからおいこさんへ「おいこさんでも釣れるよ」と着信アリ。戻ってくるチャージさんの手にはたくさんのメバル。もちろん移動です。

■そこは下げ潮がとても良く動いている場所でした。魚の姿は目視では時折見える程度ですが、恐らく潮上を向いて、流れてくるエサを盛んに食べていたのでしょう。ここでDr.Tさんがカブラ鉤で良い魚信をキャッチされてらっしゃいました、やさしいDr.Tさんはおいこさんへ釣れるカブラ鉤をプレゼント。確かに良く釣ってらっしゃいました。
■私は普段取材などではあまりできない楽しみ方を始めます。日中にミノーを結んでみました。特に大型狙いとかではなくて、なんか使って見たかっただけです。

■最初は風に負けて渋ってたんですが、スミスのDコンタクトにチェンジして頻繁にアタリがあるようになるとちょっとハマッてしまいました。ほとんどが、トゥイッチ後のフォールのしはじめにガツガツッって感じで当たってきます。

■そんなこんなで休憩タイム。おいこさんが男女群島釣行で残った粉末ドリンクを給仕。しばし、堤防の上で「釣れますね〜」「カブラ鉤がすごい」と、ポカポカ陽気の下でゆっくり時間を過ごせました。

■「本流」「尾長」「青メバル」勝手なノリでお昼からはウキ釣に挑戦です。
■この頃からちょっと風が出始めて、釣りにくくなったのもあって、「沖でジックリ流し込みたい・・・」と思いました。そこで「ウキ」。一応メバル用の飛ばしウキみたいなのはあったのですが、私は「ウキ」。さて、このウキでどんな釣りをしましょうか・・・。とりあえず、沖のメバルの口元までルアーを届けることを先決に考えて・・・。その他はあまり深い意味はありません。

■使用していたラインがフロロの1ポンドだったので、相当ドキドキしながらキャスト。そしてヒット!!「釣れるじゃん!!」これで調子に乗ってしまった私、潮のヨレてる場所で藻が濃い場所へ移動・・・見事にグッドサイズがヒットしたのですが、『ブチッ!!(o_o);』『高ギレた・・・(T0T)』その後のウキ無事生還までの一部始終はチャージさんのブログでご確認頂けるかと思います。
■やっぱり、1ポンドに16gのフカセウキは正直無理でしたね(笑)。沖家室も十分楽しめたので、場所移動。やってきたのは直ぐ近くの佐連。潮が下げ潮だったので、釣場近くの潮はあまり動いてはいませんが、魚はしっかりいました。

■おいこさんもカブラパターンをモノにしてハイペースでキャッチ&リリースを繰り返しています。ワーム派チャージさんもお手のものです。
■私も負けじとキャッチ。私はワームでしたが、足元にある藻の先から誘い出して、フォールで"パクッ"って感じにサイトゲームも楽しめました。日中で晴れていたから水の中が良く見えるんです。
■最後、ちょっと型狙いで磯に行ってみたのですが、これくらいから西風が強くなって苦戦気味。十分楽しめたし、お土産もあるので今日は早めに終了となりました。

■これから少しづつ暖かくなるにつれて、海はどんどん春めいてきます。「春告魚(めばる)」と呼ばれるだけあり、春のようなポカポカ陽気に誘われてメバルも活発になってくるでしょう。釣り方もボトム中心の釣りから中層・表層と釣りの幅もひろがってきます。ぜひみなさんもデイメバで釣りを楽しみましょう。

最後にちょこっと宣伝を・・・
ただいまアングルでは、釣ったメバルを写真に撮影して、RCC釣り自慢に投稿、豪華景品や商品券、最後に抽選で高級リールなどがあたる「メバルンフォトフェスタ」を開催中です。
今回私の大切な「スルスルウキ」を救出した、アングルオリジナルスケールステッカーとエントリーカードをアングル各店でゲットしてどんどんご応募ください。
■2008年2月・3月・4月の3ヶ月ロングランフォトダービー■
まずは、RCC釣り自慢に登録しよう!!
   
同行者:チャージさん、Dr.Tさん、おいこさん
報告(写真・文責):アングル本部 植地尚道
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.