アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■遂に!!遂に!!近郊釣場にタチウオが入ってきました!!■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2008.10.16(木) タチウオ 広島市佐伯区「五日市港」 堤防 ウキ釣り



■“今年は不調”と言われ続けているタチウオ。しかし、サヨリに小イワシとエサは豊富に回遊、と釣れる環境は整っています。後はとにかく確信が得たい。その一心で10/16の晩、実釣に向かったのでした。

■今回チェックしたのはアングル本店から程近い『五日市港』。対岸には広島屈指の人気スポット『廿日市木材港』が見えます。実はこの日、木材港で日中サヨリ釣りを楽しんでいた社内の植地さんが先にチェックに向かっており、私は仕掛とエサの【キトキトいわし】を購入して午後9時に合流します。
■釣り場に着くと、ちょうど満潮前の上げ潮が良く動いています。しかし、事前情報がほとんど無いだけにタナや距離は手探り。とりあえず飛距離も出て全ての層を探れる“スルスル電気ウキ仕掛”(左図参照)で釣り始めます。


■大型船の往来が激しく、埋立て地であることからこの周辺の水深は手前でも優に10mを超えています。このハシリの時期のタチウオは深場に居ることが多いことから、仕掛を投入後は缶コーヒーで一服。のんびりと仕掛が沈むのを待ちます。


■「喰っとったらどうする〜」「そりゃないでしょ〜」などと冗談を言いながら2人同時に竿を煽ってみると、「グン!!グン!!グン!!」・・・「ウソ!?」植地さんにヒットです。


■しかし、散々走ったにも関わらず完全にエサを食いきってなかったのか無念の空振り。「メッチャ走ったのに〜」と悔しそうな植地さん。
■まさかいきなりヒットするとは・・・。「もしかして深場にイッパイおる!?」と活気付く2人。再びのんびりと仕掛を降ろしていくと今度は私のドラグが滑り出します。「バラさんのよ〜」と植地さんにプレッシャーを掛けられながらもジワジワ寄せ、ようやく水面にタチウオが見えてきます・・・「うおっ!?デカイ!!」何度か抜き上げようとしましたがバチンバチンと激しく抵抗され、無念の針ハズレ。
■「今度こそダメか」と思いきや、仕掛を降ろすと再びヒット。是が非でも釣ってやろうとタモまで用意し、植地さんのタモ助でナイスキャッチ!!こちらは大型とまではいきませんが、指3本半とまずまずの良型に大ハシャギの私。


■何より、近場でタチウオが釣れたという事があまりに嬉しくて、すぐさま【RCC釣り自慢】に現地投稿。すでにご覧になられた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
★RCC釣り自慢紹介ページ(PC)★ http://www.rcc.net/tsuri-jiman/
■さて、その後もアタリは止まりませんが、さすがにハシリのタチウオだけあって、そう簡単には釣れてくれません。しっかりと喰わせの“間”をおいてアワセているのですが、何度も無残な姿でイワシが帰ってきます。
■釣り始めから1時間、徐々にヒットが遠のきますが、何やら底付近で毎回小さなアタリがあります。竿を煽っても、糸を送り出してもずっとモグモグ。「何だろう?」とゆっくり釣り上げてみるとタチウオ釣りの名外道“アナゴ”。さらに植地さんには「プシュプシュッ!!」と季節外れのベイカがヒット。


■そして潮も緩んできた午後11時、翌日の仕事のことも考慮して納竿としました。


■結果的にはタチウオ1本という釣果でしたが、たくさんのアタリで“タチウオがいる”いう確証が掴めた事がこの日1番の収穫です。
■今後、水温の低下と共にタチウオの釣果はグングン上昇してくるハズです。現在、釣れるタナは竿1本以上(5m以深)と深めですが、エサとなる小魚の回遊次第ではさらに活性は上がり、ウキ釣りで手返し良く狙えるようになるでしょう。皆様も“身近な大型魚”タチウオ釣りに是非挑戦してみてください。


★今回も大活躍したタチウオ爆釣エサ【きときとイワシ】はアングル各店で大好評発売中です。波止からのウキ・テンヤ釣りはもちろん、船釣りにも最適!!是非、お試し下さいませ!!
同行:アングル本部 植地尚道
報告(写真・文責):アングル本部 前田大輔
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.