アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■撃釣!!山口 岩国沖の日中トップゲーム■
〜ベイトのイワシにチヌ・シーバスが狂喜乱舞!!〜

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2008.10.8(水) チヌ・シーバス 山口県岩国市「岩国 門前川河口沖周辺」 ルアー



■ある日の夜「店長!アレどうなったん?」と常連のお客様の南波様から1本の電話がありました。 吉村「あぁアレですか。そうですよねー。アレですよ。ところで南波さん、アレってなんでしたっけ?」 南波様「何言いよるん!ホンマに店長は『忘れん坊将軍』じゃねー!去年から約束しとったデイシーバスの事よ!」 そうです。去年ブリーデンのテスターでいらっしゃる加来さんと一緒に行った岩国沖のデイシーバスのことです。
★去年の釣行データはコチラ!!★
■あとから南波様にお話をしたら、来年はワシも連れて行ってと言われて「じゃあ、イワシの群れが入ってボイルが起こるようになったら一緒に行きましょう!」と約束をしていたのでした。

■それでは調査してまたご連絡しますと電話を切り、色々と「ツテ」を頼りに調べてみるとイワシの群れは接岸し、すでに釣れ始めているとのことでした。

■そして南波様にご連絡を入れ、その時点で私の次週の休みは「完全拘束」となったのでした。そして私の釣友であり、凄腕フィッシャーマンの後迫さんにその話しをすると「ワシも行きたい!連れてってくれん?」と、柄にも無くカワイクおねだりされたので、南波様にお願いすると快諾をしていただき、南波様のお友達の竹林様を加えた4名での釣行が決定しました。
■当日の天気は快晴&無風&ベタ凪。と非常に釣り自体はしやすい条件が揃ったのですが、何しろ潮が長潮と条件的には「行ってみなくちゃ分らない」といった感じの釣行となりました。

■出航から約40分で目的の岩国沖のポイントに到着しました。周りを見てみると、2〜3艇の船がルアーをキャストしているようです。そして水面を見てみると所々で「ボイル」が発生しており、どうやら今年もチヌ・シーバスは健在のようです。
■はやる気持ちを抑えながら全員がキャスト開始します。この日使用するルアーはいわゆるトップウォータープラグという水面を泳ぐルアーを主に使用しました。常に水中で生活する魚にとって、水面まで顔を出す事は非常にリスクが高い事で、条件が揃わなければなかなか釣れにくいルアーの一つなのですが、水面を割って魚が出てくるのを一度でも見るとついつい使ってみたくなる非常に魅力的なルアーなのです。そして、イワシなどの小魚を追っかけまわしている状態の魚には、水面まで追い込んで逃げ惑う「エサ」に見えるため、このときばかりは爆釣ルアーになる可能性が高いのです。
■そうしているうちに早速南波様や竹林様のルアーにフッキングにまではいたらないもののすでにアタックしてくる魚がいるようです。私は魚がヒットしたときのためにデジカメを用意し、「HP用にお客様と後迫さんのカッコイイ画像を撮っておかねば・・・」と思っていた矢先、私のTDソルトペンシルに70cmクラスのシーバスが魚体全体を水面から出して猛烈バイト!すかさずフッキングに持込みファイト開始です。
■なかなかのファイトを見せ、ドラグも多少出されたりしましたが、PE1号+リーダーフロロ4号のシステムの為、かなり余裕があります。


■「店長、ワシら釣るのに忙しいけー自分ですくいんさいよ」とか「さすが店長!お客さんに先に釣らすんかと思いきや先に自分が釣るとはさすがKYじゃねー!」などと温かい言葉をみなさんから掛けていただきながら無事キャッチしたのは、70cmに少し足らない喉の奥からイワシをはみ出させたシーバスでした。
■ここから爆釣の始まりとなりました。イワシの群を追いかけて「ザワザワ」しているところにルアーをキャストすれば何らかの反応が返ってきます。


■去年もシーバスは多かったのですが、今年はさらにシーバスのヒットが多く、サイズを問わずチヌ・シーバスが入り混じって釣れてきます。
■驚いたのは、ポッパーやペンシル等のトッププラグだけでなく、ミノー等にもガンガンアタックしてきた事。まさに“イワシ狂い”。おまけに、今日は外道ですが、ちょっと本気で狙いたくなるヤズまでヒット。
■私や後迫さんはエギング用のベイトタックルで釣ったり、思い思いの楽しみ方で全員がチヌとシーバスをキャッチし、和気あいあいの楽しい釣行となりました。


■まだこれから当分は楽しめるこの釣り。シーバスは一部の釣り人しか釣れない「敷居の高い」釣りのような感じもありますが、この季節なら日中にしかも女性やお子様にでも釣れる「イージーな釣り」として楽しんでいただけると思います。さあ、あなたも今度の週末はルアーを持ってシーバスを狙ってみてはいかがでしょう。
■この日の釣果は【RCC釣り自慢】にもちろん投稿。このように、自慢したい釣果はもちろん速攻で投稿しますが、実は私がちょこっと楽しむ超プライベートな情報も、もちろん気まぐれに(笑)投稿中です。ご覧になりたい方は是非アクセスしてみてくださいね。

★RCC釣り自慢紹介ページ(PC)★ http://www.rcc.net/tsuri-jiman/
■アングル小屋浦店では近郊のサビキ情報からショア・オフショアのルアー釣り、遠征の磯釣りまで幅広い情報を取り揃えてお客様のお越しをお待ちしております。坂・小屋浦から呉方面にお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。
                 同行者:南波様・竹林様・後迫様(お客様)
報告(写真・文責):アングル小屋浦店 吉村 慶
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.