アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■広島 大野周辺の秋メバル生息調査・・・今期は期待できそう■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2008.11.11(火) メバル 広島県広島市廿日市「日立建機ウラ」 護岸 ルアー



■随分前にカレイの投げ釣りで訪れた釣場で満潮時、敷石の周辺に見えていたメバルらしき魚の正体を確認すべく、11日夜に生息調査に行ってきました。

■釣果速報はRCC釣り自慢ケータイサイトへすでに登録してある内容です。もうご覧になられたお客様の多いことでしょう。

■釣場に到着するとすでに数人の釣り人がいらっしゃるようで、暗闇から竿をしゃくる”シュッシュッ!!”と音が聞こえます・・・・「エギングか。」釣りの用意を整え、釣場を探りながら歩いているとド派手な墨跡に遭遇します。一瞬「しまった!!エギ持ってくるんだった」と思いましたが、この日はメバル。後ろ髪ひかれつつ、メバルポイントへ移動です。
■釣場に到着し、ライズもないのでボトムの釣りからスタート。ルアーはマーズのアローンという強烈なリブが入っているワーム。暗闇でこのリブから発せられる”波動”は、魚類の側線を刺激し、魚にルアーの存在を伝えてくれると信じています。

■ボトムからチョンチョンと上げては落としてのリフト&フォールをしますが、不思議とアタリません。潮が下げ潮で海を向いて左→右へ流れている状況にリグが右手側から回収されてきます。「もしかしたら、浮いてる!?」という予想で試しに中層をリトリーブで狙ってみると「コンッ!!」→「浮いとるぶんよー!!」

■上がってきたのは15cmくらいの金メバル。ワームをガッツリ丸のみでした。これを機にこの日のパターンがわかってからは小型交じりながら連発です。
■灯りのある釣場ではノーグローのクリアに特に反応が良く入れ掛かり状態でした。サイズは、やはりまだ小さめでオールリリースしましたが、居着きのメバルとしてはまずまずの釣れ出しなのでしょうか。

■その後、潮が完全に干き、敷石が露出するようになってからはアタリもパッタリと遠のきます。遠投をかけたり、探るレンジをいろいろ変えますが寒さに耐え切れず、この日は早めに納竿としました。

■今回はカレイ釣場で有名な日立建機ウラでしたが、おそらくは小田島公園や玖波港、小方港でも同様にメバルの釣果も上昇してきているものと感じます。
■暗闇でベイトフィッシュが何か全くわからない場合はとりあえずワームリグでチェックを入れ、ベイトフィッシュがはっきりと分かっている場合にはプラッギングでヤル気のあるメバルを効率よく釣るのもアリでしょう。まだまだハシリの広島西部メバルですが、タチウオのようにまた夜釣りの楽しみが増えそうです。
    
報告(写真・文責):アングル本部 植地尚道
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.