アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■初冬の山陰浜田でヒラマサ再び!!さらにワカナも大接岸!!■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2008.11.26(水) ヒラマサ・ワカナ 島根県浜田市浜田沖「伍八波止」 波止 フカセ釣り



■例年11月ともなれば冬型の気圧配置により、広島では抜けるような晴天に恵まれる日もありますが、山陰側は中国山地にぶつかった雨雲、雪雲に覆われ寒くぐずついた天気となり、おまけに北西風が吹き荒れ釣りに行けるチャンスもわずか。そんな11月後半にめずらしく浜田の海が奮起しました。

■なんとこの時期に65cmオーバーのヒラマサが爆釣という異常事態に加え、45cm級のワカナがフカセだろうがカゴだろうが入れ食い状態ということもあって、いてもたってもいられず休日を使い私も少しばかりの恵みを湧けてもらいに行ってきました。・・・がしかし、当日こともあろうに待ち合わせに遅刻し、オマケに釣りには絶対必要な”ロッドケース”丸ごと自宅に忘れてしまい、渡船乗り場に着いて意気消沈・・・でした。というわけで、今回は借物釣行。そんなワケで遠慮気味のスタートとなりました。
■先に釣りをしていた古和さん、すでに朝1本バラシがあったようで活性の高さが伺われます。すると開始早々に古和さんに強烈ヒット!!すさまじいファイトです。男女群島用のフカセ竿をヒン曲げて応戦!!見事キャッチした70cmに迫るグッドサイズのヒラマサでした。

■さすが、釣りなれているとは言えどうやらタナの取り方と潮の捉え方がキモのようです。私も次に続けと思って手返しをしていると手元にアタリが!!上がって来たのは45cm前後のワカナ(ブリの幼魚)。ヒラマサの前の良いウォーミングアップになりました、そしてその直後立て続けにヒット。またもやワカナかと思いきや・・・浮いてきた魚にキレイなイエローライン!!やや痩せていたものの無事本命を追加です。
■この時は潮も良く動いていましたが、潮が止まりだすとウスバハギに見舞われ手も足も出ません。そうなると”黄昏釣り”。黄昏ていると、お客様もちょうど伍八に渡ってらっしゃったようで、表側ではフカセでもカゴでもワカナが良く釣れるけど、ヒラマサは当っていないということでした。

■竿を忘れ、一時はこの日の釣りはなかったハズですが、ワカナにヒラマサに良い釣りができたので迎えの船が来るまでは、なんとも言えない満足感と安堵の釣り。っとここへ最後の最後に強烈ヒット!!かなり、けだるく構えていたため、一気にラインを数十メーター持っていかれ、リールのベイルを起こしてからはドラズがジィジィと悲鳴を上げます。それを見た、ギャラリーの皆さんも「なんだなんだ」と集まってらっしゃいます。

■巻いては、出されを繰り返しながらなんとか浮かせて取り込んだのは73cmの本日最大のヒラマサ!!周囲からは「おめでとう!!やったなー!!」を声が上がりました。
■大型が忘れた頃にやってくるとは言いますが、まさにそんな状態でした。結局この日私は友人の借物道具で3本にヒラマサをキャッチさせてもらいました。全体の釣果はケータイ釣りサイト「RCC釣り自慢」に投稿している通りです。

■浜田のヒラマサは船長さんや皆さんの話を聞くと年内いっぱいまでは期待できるのでないかということです。今年の浜田は旬が1ヶ月ズレているということで、グレも今あまり釣れていないため、12月後半から1月に本調子となりそうです。根っからのウワモノ狙いの私としては、まだしばらくはヒラマサやワカナで「男女群島トレーニング」をしておきます(笑)

■さて、今回釣行した「伍八波止」はケータイ釣りサイト「RCC釣り自慢」の「釣場ガイド」の中で「馬島」と一緒に釣場が紹介されています。詳細なイラストとリアルな写真であなたの釣行をバックアップしてくれること間違い無し!!ぜひご利用下さい。
    
同行者:古和様(お客様)
報告(写真・文責):アングル本部 植地尚道
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.