アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■リベンジ達成!!山陰浜田沖磯はグレに青物フカセ三昧!!■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2008.12.14(日) グレ・ワカナ 島根県浜田市浜田沖「馬島 カブラセ」 フカセ釣り



・以前からお客様の三浦様、山下様、坂本様と一緒に釣りに行く約束をしてましたが、時間が合わず、合えば天候が悪く船が出ずと・・・なかなか約束を果たせませんでしたが14日、怪しい天気ながらもいつもお世話になっている新留さんに電話を入れると「出るようにしとりますけぇーお待ちしております」との返事。早速メンバーに連絡を回し、念願の磯でのフカセとなりました。

・しかし当日、浜田に到着すると思った以上に風があります。狙いとしていた”生湯の磯”には瀬付けできそうにありません。今回はグレを本命にしつつも三浦様のリクエストでワカナも手玉に取りたいと・・・これには困りました。新留さんと相談し、2班に分かれての磯上がりとなりました。
■愛用のRCC釣り自慢の釣場ガイドに掲載のある馬島に渡ります。この日の朝は風、天気はそこそこ良かったのですが北東からのウネリが強く、また波の方向が一定でないという船長の判断から狙えるのは「カブラセ〜松島」。

■ジャンケンで勝った三浦様と私がカブラセへ、山下様と坂本様はタカシロへ渡礁です。カブラセは前に伊勢島の波止が延長されてから潮の流れが少し変ったようですが、動く時と動かない時がはっきりしている場所。タカシロは本来カゴ釣場なのですが、足元に複数の根があるのでグレも多く、ワンド入り口なので潮次第ではチャンスあり。

■夜明けを待っていざ釣り開始です。この日のマキエはグレ用の軽いマキエでオキアミ生2枚にジアミ+集魚剤を2袋。サシエは生と青物に備えボイルを用意しました。タックルは1.2号の磯竿にLBリール、ミチイトは2号、ハリスは1.5号でグレバリの7号でスタートです。
■薄暗い中流した仕掛のテンションを竿先で聞きながら釣っていると突然ひったくるような強烈なアタリ!!あがってきたのは本命のグレでした。

■幸先の良いスタートとなりました。三浦様に「グレいますね、今日はイケそうですよ」と釣っていると、すかさず三浦様にもアタリ!!グレ竿が良い感じにしなっています、三浦様も早々に本命のグレをキャッチしホッと一息です。

■しかしカブラセはグレだけでは留まりませんでした。次に私にヒットしたのは見事なワカナ。これを見た三浦様、密かにサシエをボイルにチェンジされてらっしゃいました。
■そして三浦様にも強烈ヒット!!竿の曲がりからしてグレならば大物ですが、微妙に竿先をコンコンとしていることから青物の様子。

■チヌ釣りではかなりの腕前の三浦様、ワカナは根に潜られる心配はないのでさんざん竿を曲げて楽しむことができます。

■水面に現れたのはプリップリのワカナ。足場が高くウネリもあったこの日、三浦様の5Mタモでも取り込むのはちょっといたしそうです。「山陰は6M以上のタモがいるわー」とワカナを無事キャッチされました。
■その後、ワカナ釣りの「鬼神」と化した三浦様はゼロ仕掛にボイルエサでマキエと同調せて「オリャ!!」と激アワセで次々とワカナを確保されます。私はしつこくオキアミ生でグレを狙いますが、ワカナがいる時はグレはいずこへ・・・私にもワカナがヒットする状況でした。
■しかし、昼過ぎに天候怪しくなり、西から雨がパラパラと降ってきたかと思えば何やら”痛い!!"。磯に打ち付ける”痛いモノ”の正体は雹。次第にその強さを増し、しばらく竿が振れなおほどの大風と大量の雹に翻弄されました。

■三浦様と「こりゃどーゆーコトですかね」と雹に背を向けて耐えている時に撮影した写真には、高速のシャッタースピードにも関わらず、襲来するたくさんの雹が残っていました。

■1時間くらいこのような天気が続き、雹も止み再び釣り再開。開けっ放しにしていたバッカンにはビックリするほどの雹が積もっておりました。

■風もおさまり先ほどまでのヒットパターンを繰り返しますが、不思議とアタリがありません、潮変わり。三浦さんが私や三浦さんにはグッドサイズのアイゴが・・・。
■しかしワカナの回遊があれば、再び鬼のように釣りまくる三浦様。どうです、このダイワのカタログのようなファイトシーン。そのうちお声が掛かるかも知れませんね(笑)

■この日の全体の釣果は、すでにRCC釣り自慢に投稿してあるとおりです。新留さんの撮影台に魚を並べないほどの大漁となりました。ぜひRCC釣り自慢で最速の釣果をチェックください。

■ワカナですがいつまで釣れ続けるか分かりません。ヒラマサは浜田より一旦退散したようなので、水温次第では一気に釣れなくなることもありますが、今後はそれに台頭してグレが面白くなること間違い無し!お正月の魚を確保するには手堅いですよ。ぜひお試しください。
    
同行者:三浦様、坂本様、山下様(お客様)
報告(写真・文責):アングル本部 植地尚道
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.