アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■遊youプラン「遊漁船“美咲丸”で行く伊予灘のカワハギ釣り」■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2008.12.8(月) カワハギ・ウマヅラハギ 愛媛県松山沖「伊予灘周辺」 胴突釣り



■メッキリ寒さが身にしみてきた12月。冬の訪れとともに気温水温なども徐々に下がり、防寒着無しでは過酷な条件になりつつある季節になりました。

■今回の遊youプランはアジ、ハゲを狙いに遊漁船「美咲丸」の大川船長に御願い致しました。船長としての腕も確かでベテラン釣り師からも絶大な信頼を得ておられる船長です。船長の話によると12月に入り比較的安定した釣果に恵まれているとの事。
■12月8日午前6時45分廿日市港に到着。すでに一緒に乗船されるお客様も準備を進められておられます。本日の釣行メンバー井崎さん、井上さん、金田さん、坂口さん、新本さん、隅坂さん、私の7名です。早速、大川船長に挨拶。今日のポイントは船長の判断により鯵は周防灘、ハゲは伊予灘に決まり大川船長の操船で定刻の7時廿日市港を出船。

■一路アジのポイント周防灘を目指します。暖かいキャビンでお客様と楽しく雑談しているとあっという間に時間は過ぎ最初のポイントに到着。天気予報に反して風が強く結構波が高く船は揺れています。船長が揺れる船内を手際よく動き回り皆にマキエのアミエビとサシエのオキアミ生を配ってくれます。
■私の仕掛は(ささめ 船五目ロングハリス仕掛 ソイメバル針11号ハリス3号40cm に30号のドンブリカゴをセット。カゴにアミエビを詰めオキアミ生の尾と頭をとりサシエを付けるとスピーカから「はいどうぞー30mです。」と合図で皆一斉に仕掛を下ろします。


■開始から1時間近く過ぎてもバケッの中は全員海水だけだ。アジを諦めて狙いを本命のカワハギに切り替えて美咲丸は一路カワハギのポイント伊予灘を目指します。午前10時ポイントに到着。風もなく波も穏やかだ。
■私のカワハギ仕掛(がまかつ かわはぎ仕掛 針8号ハリス4号 4本枝針の胴付き仕掛。30号の底カゴにアミエビを詰め針には海えびとオキアミ半ボイルを刺した。(カワハギの釣り方)仕掛けを底まで沈めて竿をあおってカゴからマキエを出します。カワハギのアタリは小さいので常に糸を張って穂先をよく見ておく。 カワハギが集まると仕掛けが底に着いたと同時に食いついてくる。10秒以内が勝負だ。少しでも竿先に変化が出たら大きく合わせる。ヒットした後はラ竿は穂先が軟らかくて胴がしっかりしている先調子のものがベスト。
■午前10時10分手早く準備を済ませすぐに仕掛を下ろすとほぼ真下に沈んだ。潮は緩やかだ。早々に新本さんが「きましたよ」と竿を曲げている。
■すると「こっちもだ」と隣で竿を出していた井上さんが声を上げた。取り込んだのはいずれも25cmの本命カワハギ。見事ダブルゲットとなりました。
■私も穂先に集中しますがコッコッと小さいアタリはあるものの合わせのタイミングが取れず巻き上げると4本全てサシエを取られています。気を取り直し再度やってみますが結果は同じです。頭ではわかっていてもその微妙なアタリを見分けるのは難しい。「はいあげて」と船長の声。
■今度こそはと再び穂先に集中します。今度はコッコッの後、穂先が少し大きく入り反射的に合わせるとゴンゴンと手応え27cmの本命カワハギです。

■周りを見ると皆コンスタントに釣って居られるようで船上が賑わっています。コツを掴んだと思った私ですがそうはいかないのが釣りの難しさであり面白さです。大きいアタリが出た時は針掛かりしますが空振りも多くなかなか釣果が伸びません。

■隅坂さんが竿を大きく曲げた。「カワハギならデカイよ」と腰を落としてやり取りをする。しばらくして大きなウマヅラハギが浮上してきた。隅坂さんは幹糸を持って抜き上げる。検寸すると35cmあった。 「穂先がフッと上がったので下から喰い上げたんだろうね」と隅坂さん。
■この後もカワハギやウマヅラハギは釣れ続いた。船尾で竿を出していた坂口さんが大きく竿を曲げた。これまでよりも引きが強いようだ。「これはウマヅラだな」と坂口さん。海面に浮いてきたのは予想通りウマヅラだった。このウマヅラは30cmあった。
■新本さんと井上さんは底近くでカワハギ狙いだ。井上さんの竿がしなった。慣れた竿さばきで浮かせたのはカワハギ。検寸すると29cmだった。海底から2m上でヒットしたという。
■左舷で竿を出していた金田さん今回も絶好調です。金田さんが竿しゃくり上げた。「カワハギが掛かったよ。」と金田さん。竿先がゴッゴツと断続的に引き込まれる。やがて海面にカワハギが浮いてきた。ダブルだ。25cmと27cmだった。金田さんは連発でカワハギを取り込んでゆく。
■「次で最後にしますー」と船長。時計を見ると1時30分を回っています。最後の一流しに集中し27cmのカワハギを一枚追加して機嫌よく竿を仕舞ました。竿頭は井崎さんでした。カワハギ&ウマヅラをなんと23匹釣られ私の二倍以上釣っておられました。経験と腕の差がはっきり出るのもこの釣りの魅力かも知れません。
■帰りは暖かいキャビンでぐっすりお休み・・・とその前に『RCC釣り自慢』にサクッと釣果投稿。(後日にはすぐに情報が更新されていましたので、すでに釣果をご存知の方も多くいらっしゃるかと思いますが・・・)


■このサイト、地域・魚種ごとに情報がチェックできる上、1つ1つヒットタイム(時合)や潮汐が携帯一つで簡単に確認できるので、大変便利です。(私も釣行前に必ずチェックしています。)是非皆様も会員登録して活用してみてくださいね。

★RCC釣り自慢紹介ページ(PC)★ http://www.rcc.net/tsuri-jiman/
■その後は熟睡し、気が付くと時間は午後3時。目の前には見慣れた廿日市港の風景が広がっていました。

■2008年本店主催の遊youプランは今回で終了です。そして皆様とお別れの時。来年も「また是非ご一緒しましょう」と約束をして解散となりました。
■これからまたまだ寒さが本格化しますが、船上では冬の風物詩な魚種が釣り人の挑戦を待っています。

■遊漁船『美咲丸』さんでは、見た目は厳ついけど釣り人の気持ちになって釣らせるとつても優しい大川船長が案内しアドバイスしてくれますので、初心者の方でも安心できます。是非皆様もチャレンジしてみてください。
■さて、次回の遊youプランは2009年1月13日「めばる丸」で行くメバル釣りです。只今参加者募集中です。
■12・1月開催分 参加者募集中!!■
利用遊漁船:美咲丸
(大川船長)
TEL 090-3172-4664
廿日市港出船
同行:井崎様・井上様・金田様・坂口様・新本様・隅坂様(お客様)
報告(写真・文責):アングル本店 山内敏弘
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.