アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■広島湾のっこみチヌ最新情報〜猪子島の北編〜■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2008.4.11(金) チヌ 広島県大竹市「猪子島北の磯」 フカセ釣り



■4月11日、またまた今週もチヌ釣りに行こうと、本店仙波副店長に最新の情報を聞いてみたところ、「今、阿多田よりも猪子がいいよ。北の磯に渡ってみたら?」と言われ、私にとって初めての渡磯となる“猪子の北”に渡ってみることにしました。

■朝6時に玖波港を出船。20分程で到着した磯は、阿多田島の“スベリ”や“長浦”方面ほど藻がキツクなく釣り易そうですが、ポイントが今一絞りにくいといった感じを受けます。
■とりあえず、ポイントを見極めるべく船着場に釣り座を構えます。そして、あらかじめ20m程の所にマキエを打っておき、仕掛けを作り始めます。
■仕掛けは、前回と同じく1.5のハリスを8mと、1.2号のハリスを3m取り、ウキは『“プロ山元ウキ”遠投00』(メーカーによって浮力に差があるので釣研なら0号)そしてウキの下にガン玉のG6を打ち、ハリは『がまかつ“遠投チヌ”2〜3号』を使用します。

■釣り始めからしばらくはメバルの猛攻に合いますが、20m程の沖を流しているとしばらくしてアタリがあり、アワせると確かな重量感。本命かと思い、ゆっくり寄せてみると、1枚目は40cm程のマダイでした。
■今度は手前の藻の際を流していき、約15m流した所で33cmの本命をキャッチ、同じ様に何投かしますがアタリが続きません。

■左に流れていた潮が右に変わり、右側から吹いていた風が少し弱まった所で、思い切っ沖を攻めてみると磯から20mほど沖で40cmのチヌがヒット!!良型に気を良くした私は続けて同じ場所に仕掛けを投入しますが、先程同様にやはりアタリが続きません。
■この日は南の風がやや強く上潮が左に上滑りしており、下潮がゆっくり右に流れている状況。タナを沈めてもいまいち反応が無いので通常の仕掛けに戻し、マキエを打って仕掛けが少しなじんだ所でウキの潮下にマキエを打ち、サシエサと強引に同調させてみます。
■すると、この釣り方で2枚を追加する事ができました。しかし、どうも数が伸びないので磯の右や左で竿を出しますが反応なし。船着きに戻り再び20m程沖でもう一枚追加し、さらに粘ってみますがマキエが無くなり名残惜しくも納竿となりました。


■港に帰って釣況を尋ねると、この日はイカダが良かったらしく、平均して8〜25枚のチヌを釣られていました。また、一緒に阿多田に渡った方はスベリ、0番にてマダイが良く上がっていたようです。
■チヌの喰いはこれからさらに良くなってきますので、是非皆様も阿多田、宮島方面の磯で挑戦してみてはいかがでしょうか。
利用渡船:大知渡船
大竹市玖波港出船
пF090-1688-6367
報告(写真・文責):アングル小屋浦店 岡本 和士
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.