アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■遊youプラン「遊漁船わたつみで行く大アジ&大ソイ!?」■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2008.6.10(火) 大アジ・イサキ 山口県「平群島沖周辺」 サビキ・胴突き釣り



■今回の遊youプランは、大アジ、イサキを狙いに遊漁船「わたつみ」の竹下船長に御願いしました。

■午前5時20分、船に荷物を積み込む。早速竹下船長に挨拶。アジの釣果は、 どうですかと尋ねると「先週は良く釣れたのだが昨日はあまり釣れなかったよ。」と船長。本日はアジを狙って、次にイサキを狙うけんねとタイムスケジュールが発表された。

■本日の釣行メンバーは、私を含めて10名です。 6月10日午前5時30分、廿日市港を出船した。船は一路アジのポイントを目指します。 約2時間の航海でアジのポイントに到着。もうすでにアジ狙いの遊漁船が集まっていた。
■左舷に園田さん、山下さん、新本さん、植地さん、金井さん、右舷に私と、南さん、村重さん、箱崎さん、Iさん、と釣座が決まり早速釣りの準備に取り掛かります。「ドンドン マキエして下さいよ。」と船長。「良く釣れる時は、サビキだけでも良いのだが回遊しているアジの群れが小さい時は、針にオキアミ生を付けるのが効果的だ!」と船長。

■本日は、アミエビとオキアミ生が用意された。午前7時45分、船長の合図で仕掛を投入して本日の釣りがスタートしました。
■毎回、開始直後からアタリが連発するのにアタリがない。「ドンドンマキエして下さい。」と船長。 20分経過してもアジらしきアタリがない。周りの遊漁船を見ても竿が曲がっていない。
■午前8時20分、南さんの竿先がアジ特有の小気味いい引きをとらえた。南さんは、すぐには合わせず追い食いを待つ。竿先がグーンと引き込まれたところで、竿を立ててゆっくりとリールを巻き始めた。「2匹いると思います。」と南さん。数秒後30cm級のアジをダブルで釣り上げた。アジは、30 cmと32cmだった。
■直後、山下さんの竿も曲がった。 慎重に浮かせて抜き上げる。22cmと26cmのアジダブル。1匹抜き上げた直後に デッキに落ちた。

■私にもようやくアタリ。竿先が「ググーッ」と引き込まれ、本日初ヒット。ばれるなよと思った次の瞬間に竿先がフッと元に戻りバレてしまった(^_^;) 再び仕掛を投入すると、すぐに竿先が引きこまれ入れ食いになったと思った瞬間またまた バレてしまった。「本日のアジはダイヤモンドくらい貴重なアジですから、山内さん御願いしますよ‥‥」と船長。
■左舷で竿をだしていた園田さんにアタリがきた。慎重に糸を巻き海面近くまで寄せたところ「アジだ!」の声。口がきれないようにゆっくりデッキへ抜き上げた。 このアジは、29cmだった。
■本命のアジの方は、ポツポツと釣れるものの食いは今ひとつ。3時間ほど流したけれど22cm〜32cmのアジが2匹〜11匹の釣果。 本命アジロでの貧果に船長の顔が曇る。

■ 午前11時、アジ釣りは断念してイサキを狙う事にした。午前11時30分、イサキのポイントに到着。1時間半ほど流したけれどイサキはノーヒット(>_<) 「納竿2時ですが本日は3時まで延長します!今からはソイを狙います。ポイント移動しましょう。」と船長。
■「ソイ!?」アジ釣りの予定で到底“ソイ”という言葉を想定していなかった私は急遽携帯を取り出し『RCC 釣り自慢』で魚種チェック。「クロソイ」で検索すると、あった!!カサゴの仲間で味評価もGOOD・・・「これは釣らねば!!」と早速仕掛の準備に掛かります。
RCC釣り自慢HP⇒http://www.rcc.net/tsuri-jiman/
■船長からソイ釣りのアドバイスを受け午後1時30分仕掛けを投入。 「アタリがあったら一気に糸を巻いて底を切ってください。遅れると根に入りますよ。」と船長。初めは上手くあわせる事が出来なかった。新本さん、村重さんも30分ほどで タイミングをつかんだ。
■午後2時「この引きは何だ?」と村重さん。海をのぞきながらリールを巻くと、しばらくして海中に魚が見えた。ソイがヒットしている。35cmのソイを釣る。その直後「こっちのほうが大きいですね。」と新本さん。釣り上げたのは、一回り大きい38cmのソイだった。 ソイの2連発に船上が沸く。
■午後2時30分、新本さんの穂先が海面に突っ込んだ。手ごたえを感じた瞬間「これは大きい。」と新本さん。手ごたえを確かめながら浮かせにかかる途中、2度のしめ込みのあと魚影が見えた。「ソイだ。」玉網を構えて待機していた船長か

■船尾で竿を出していた箱崎さんにまたまたアタリ。合わせると同時に竿が大きく曲がる。先にソイらしき魚を取り逃しているので今度は慎重だ。船長が玉網を用意する。しばらくして海面に魚が見えた。本命のソイだ。浮上したところで船長が玉網ですくって測ると51cmだった。
■船長より「そろそろ納竿にしましょうか。」との合図で終了となりました。午後5時廿日市港に帰港。
■本日の釣果は、アジ22cm〜32cmが2匹〜11匹、ソイ30cm〜52cmが2匹〜5匹、その他カサゴ。 この日は、回遊しているアジの群れが小さかったかもしれない。思ったほど数は、伸びなかったけれど、釣れたのは30cm級の良型ばかりだった。

■8月にイサキ、アジ釣りのリベンジツアーを計画しております。皆様のご参加を心よりお待ち致しております。
利用遊漁船:わたつみ
(竹下船長)
TEL 090-3179-9836
廿日市港出船
同行:園田様・山下様・新本様・金井様・南様・村重様・箱崎様・I様
同行・写真:アングル本部 植地 尚道
報告・文責:アングル本店 山内 敏弘
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.