アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■大荒れの山陰梅雨グレ釣りに思わぬファンキーな出会い■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2008.6.5(木) グレ・チヌ 島根県浜田市「生湯の平島」 フカセ釣り



■ようやく本格的に釣れ始めた山陰の梅雨グレ。ちょっと前まえはかなりムラがあった生湯方面でも安定した釣果が出始めているという情報を入手して早速出かけてみました。朝7時半頃、お世話になる新留さんの事務所を尋ねます。乗船名簿をみると、釣友しんごさんのお名前を発見。私たちもしんごさんが渡礁する平島へ渡ることになりました。

■「波はないだろう」と思っていたものの、水尻を出たあたりから船が大きく揺れ、思わぬシケ模様。いつもならイカ釣りで賑わっている桂もこの日は誰一人渡っていませんでした。なんとか島に渡ったはものの・・・「どこで釣ろう」というほどの波浪。本命のフカセ場は大波で釣りは困難。東の高場に移動です。
■高場でも通常竿を出している場所でも波が這い上がってくる状況で、島のてっぺんからの釣り。しかし、しんごさんはそのシケの中でもサラシの下にいるグレを次々にヒットさせていきます。仕掛を流し込んでいかず、サラシの中で仕掛を止めていく「止め釣りスタイル」です。

■一方、川原さんはサラシの先にできる潮目伝いに仕掛を流し込んで良型がヒット。しかし無念のハリハズレ。まずまずのスタートに手返しを続けていると、なにやら西の空が暗くなってきました。
■『ゴロッ!!ゴロゴロゴロ・・・』このお知らせで、全員が竿を置いて一時非難。どんな嵐がやってきているのかと、RCC釣り自慢のお天気レーダーで確認しようかと思ったのですが、「この嵐の中”電波”は雷を呼ぶんじゃない!?」という想像から、ケータイも非難させて岩の陰にかくれてしのぎます。案の定すさまじい雷雨が私たちを襲ってました。

※嵐の時じゃなくても、雨雲レーダーがあれば天気変化が予測できて便利です。(ちなみに画像はその当時のものではありませんのであしからず)

http://www.rcc.net/tsuri-jiman/
■1時間くらい嵐が去るのを待っていると、ウソのように西の空が明るくなります。さらに、さきほどまであれほどウネリがあった海が落ち着きを見せてきました。
■ここで真中の釣り座にいた私は思い切って狙いを【遠投深ダナ】に変更します。かなり長い時間みんながマキエをキワに打ち込んでいるし、キワはオセンとコッパグレがすごくてエサが持たない状態でしたし、釣る時間も残り少なくなっていたので一発狙いで勝負をかけてみたのです。
■これが運良くハマリ。いきなり尾長がヒット。立て続けに30cm級のグレがヒットしてきてまさしくパターンフィッシングを展開!!「ホラッ来たー!!」ってアワセを入れると、グレとは明らかに違う重量感。思わずZOOM。グレ竿なので、ゴンゴンと頭を振っているのが良くわかります。それは50cmに迫るグッドサイズのチヌでした、さらに立て続けに41cmのチヌを掛けリズムを掴んできた頃、ウネリの方向が北西に変ってきました。タイムアップまではもうすぐ・・。延長も考えましたが、北西のウネリが高くなってきたこともあり、予定どおり午後3時に竿を納めました。
■平島を後にして伍八波止に別の釣り客の迎えに向かっている頃には大波で随分と時間がかかったのを覚えています。

■さて、今年の山陰梅雨グレも例年どおり6月二週目頃より本格的に釣れ始めています。伍八波止では40cm級の尾長グレも上がっており期待できます。チヌは狙って釣るのは山陰の場合、なかなか難しいようなのですが、今回釣った2枚とも「ノッコミ」のチヌでした。今回はチヌという思わぬファンキーな出会いでしが、これから場所によっては「イサキ」「ヒラマサ」が当ってきます。

■今回私は道糸にサスペンドラインを巻いて、ハリスの中にウキを通して釣る釣りをしたのですが、腕が悪いせいもあって、正直釣りにくかったです。と言いますのも、「シケ」という状況でラインメンディングを多様する釣りでは、ラインが沈み込んでしまってメンディングができない上、ハリスをタナまで立たせたくても、サスペンドした道糸が潜り込んでしまっている事で、ラインにムダな抵抗が掛かってスムーズに仕掛を落とし込めないという状況でした。次回からはフロートとサスペンドの使い分けが上手にできそうです。
■【売出】夏のアングル祭り”フカセ釣り応援フェア”■
2008年6月29日(日)まで開催中
店舗:アングル本店・仁保店・小屋浦店・松前店
梅雨グレ・梅雨チヌ釣りを楽しまれるお客様を応援中!!
詳しくはコチラをクリックしてみてください。
   
利用渡船:新留渡船
0855-22-0111

料金:3,000円/予約不要・随時出船

同行者:大坂様・川原様
報告(写真・文責):アングル本部 植地尚道
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.