アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■エサで!!ルアーで!!今、呉方面でタチウオがアツい!!■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2008.7.23(水) タチウオ 広島県呉市「下蒲刈島 大地蔵港」 波止 さぐり・ルアー釣り



■見方にもよりますが波止で手軽に釣れる最大魚“タチウオ”。あの強い引きを求めて毎年のように通っている私ですが、今年はチヌルアーにだいぶ浮気してしまい・・・(笑)スロースタートになってしまいましたが、久しぶりに楽しんで参りました。
■今回のナビゲーターは小屋浦店の小西さんとお客様の中尾さん。話によると毎年早期にタチウオの群れが接岸する『蒲刈島』がオススメとの事。

■向かったのは島内でも最大級の漁港『大地蔵港』。小西さん、中尾さんは深夜12時、私は1時間半遅れて1時半に到着。すると、なんとクーラーの中にはすでにタチウオの姿が!?どうやら満潮前後に短い時合があり、1投目から連発で釣れたそうです。
■最初の流れに乗れなかった私ですが、海の様子を見て「今日はイケる!!」と確信しました。先週の大島ほどでは無いものの水面にはイワシの群れ。もちろんフィッシュイーターが黙っている訳は無く、「シャバシャバ」と音を立てて水面をタチウオが走り回っています。また、湾奥のテトラ付近では「ズボッ!!ゴボッ!!」とスズキらしきの捕食音。
■「スズキよ、頼むから大人しくしててくれ・・・」と念じながら(タチウオはスズキを嫌います)、まずはフワフワとさぐり釣りでタナ調べ。
■しかし、「走った!!」「喰った!!」とアタリ連発の小西さん、中尾さんに比べ、ノーヒットの私。何の差があるのかと思ったら『タナ』でした。2人の釣りを見ていると、完全に水中のケミホタルが見える位のタナ設定。夜中は下から突き上げてくる印象の強いタチウオですが、今日はずっと横泳ぎをしているようです。
■浅ダナ集中釣法を実践すると、すぐにヒット。慎重に喰わせたつもりでしたが、1回目はまさかのスカ。「今日はブチ泳がした方がエエですよー」と中尾さん。その後、釣り上げたタチウオを見せてもらうと、あれだけ走らせたにも関わらず下針1本が針掛かりしています。

■このような事はシーズン序盤は良くある事。「タチウオが沈みながらジワジワ沖に出だしたらアワセんちゃい」と小西さん。
■カンを取り戻した私も徐々にペースアップし、6本のタチウオをキャッチ。若干空が明るくなった朝4時半。この時点で1人5〜6本と家族分のお土産は十分釣り上げる事ができました。
■ある程度釣った小西さんはルアー釣りにシフト。使用ルアーは近日発売予定の『スミス 太刀ディープ(アングルオリジナルカラー)』。独特なビル(リップ)構造によるレンジキープ力、定評のある“オレンジラインフルグロー”のボディが「いかにも太刀仕様!!」といった印象です。

■ちょっとルアー釣りを見ていると、なんと1投目からチェイス。『ケミホタル』ばりの発光力のこのルアー。夜でもサイトゲームが楽しめます(笑)。

■そして、「バシャバシャ!!」と音を立てて豪快にフッキング。早くもその実力を見せ付けられました。
■夜からずっと高活性で、特に『朝マヅメ』を感じなかった当日。「ちょっとウキとケミホタルが見えづらいな」と思って空を見ると、思いっきり明るくなっていました。(笑)
■朝が来てもまだまだ水面は賑やかですが、空腹の限界。サンドイッチ片手に『RCC釣り自慢』に投稿します。そして、愛用機能である『潮汐グラフ』をチェックすると、なんと今はグラフの谷底!!いわゆるド干潮です。「んっ!?」と思って海を見るとまだタチウオが「バシャバシャ」。「こんな事もあるんじゃ・・・」と、ついでに釣行日誌に書き記しておきました。
■しかし、さすがに朝6時。徐々にタチウオのナブラが沖へ移動を始めました。こうなるとさすがにお手上げ。ルアーでも届かなくなって来た所で本日は納竿としました。
■余談ですが、冬に比べ脂の少ないと言われる夏のタチウオですが、今回釣ったタチウオは適度に脂も乗ってとても美味しかったです。もちろん定番の塩焼きや刺身も美味いのですが、意外にイケるのが『タチウオのユッケ』。タタキにすると小骨も気にならず、皮と身の間の「コリコリ感」が最高です。是非お試しください。
■呉方面のタチウオはこれから・・・というより今がベストシーズン。毎日釣果が出るとは限りませんが、ある程度水深があって、港内にイワシが入ってくるような港には高確率で接岸が期待できます。倉橋や江田島方面はもちろん、天応や吉浦方面もチェックする価値はありそうです。

■皆様も真夏の夕涼みに行かれてみてはいかがですか?日焼け対策は不要ですが、防蚊対策はお忘れなく。また、釣場のクリーンアップにもご協力ください。
同行:中尾様(お客様)
アングル小屋浦店:小西 正広
報告(写真・文責):アングル本部 前田 大輔
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.