アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■シーズン本番!!山陰 江津「敬川」でキス釣り絶好調!!■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2008.7.7(月) キス 島根県江津市「敬川河口」 砂浜 投釣り



■7月6日のシマノ【ジャパンカップ投 九州大会】に参戦するも1回戦で惨敗し、今年もブロック大会やセミファイナルの切符をてにする事なく、早々とトーナメントシーズンが終わってしまいました。そこで、ふがいない成績に修行不足を感じ、エサも余っていたので、翌日に早速再び山陰に行ってみる事にしました。

■続いて目指すはRCC釣り自慢のランキングTOP!!私もお気に入りのこのサイト、【マイページ機能】で今までの戦歴を確認でき、さらに投稿した釣果がランキング形式で発表されるという、トーナメンターを退屈させない機能が満載。もちろん、最新情報もココでGETしています。
■少し広島を出るのが遅れ、山陰浜田に着いたのが夜8時過ぎ、まずは波子海水浴場から始めて見ることに。

■事前情報では良く釣れているという話だったのですが、1投目と2投目こそ1色でピンギスが釣れたものの、3投目以降はどこに投げてもスバリが続き、私のキャスティング力で届く範囲にはキスがいないと判断。段々サーファーも増えてきたので移動を決断。時刻はすでに午前10時を過ぎていたことから、実績の高い敬川河口に行ってみる事に。浜に着くと、ここにはサーファーが1人もおらず、地元のおじさんらしき人達が10人程、すでに竿を出されていました。
■浜の移動の際、釣況を見てみると近投で3連、4連と釣れていたので、期待を込めて第1投。まずは3色目から引いてきます。しかし、3色⇒2色と無反応。「もしかしたら仕掛が絡んでいるのかも・・・」と思い、回収してみるものの異常なし。
■「おかしいな」という事で今度は思いっきり手前を探ってみます。2色分投げ、1色メインで引いてみると、道糸からちから糸に変わるぐらいの近距離で強いブルブル感が竿に伝わります。アタリの出方からそこそこのサイズだと思い、連掛けを狙うものの、仕掛がもつれないようにリーリングを止める事はせず、一定のテンションでリールを巻き、浜に引き上げてみると15〜18pのキスが4連で掛かっていました。

■その後、しばらく3連、4連で釣れ続けたので6本針から10本針に変えてさらなる連掛けを狙ってみましたが5連が最高でした。
■しばらくすると、釣り荒れの為か喰いが渋り1匹か2匹の単発になってきたので数メートル横に移動して、少し斜めに投げてみると、また4連平均で釣れ始めたので、しばしば移動を繰り返しては釣り続けました。

■2日連続の猛暑での釣りだった事もあり、体力的にも午後3時頃が限界。「ラスト1投」を集中して引き釣りすると、見事にアタリが連発し、この日最高の7連をGETしました。
■釣りを終え、クーラーを確認。「今年初の100匹超えか?」と数えてみましたが、惜しくも90匹ちょうどという釣果でした。

■今日の釣りを総評してみると・・・
@ヒットポイントが2色から力糸までで、キャスティングや遠くのアタリを取る練習にはなりませんでしたが、いかに仕掛を縺らさずに連掛けさせるか、という練習にはなったと思います。
Aエサ取りは、小アジが偶に釣れる程度で、フグなどの厄介なエサ取りはほとんど居らず、大変釣り易かったように感じます。
Bサシエサは結果的にチロリの方が釣れる型が大きく、喰い自体も良かったように感じます。

■これで、出遅れていた山陰のキス釣りシーズンも間違いなく本番。今回釣行した敬川河口は海水浴場ではありませんので、7月後半から8月も釣りが出来ます。また、大きな波も立ち難い為かサーファーも少なく、誰でも届くポイントで100匹使い釣果が望めるイチオシの釣場です。「キス釣りを始めてみよう」という方やファミリーの方にも最適!!ちょい投げ竿やルアーロッドでも十分釣果が見込めますので、皆様も夏休みの思い出作りに釣行してみてはいかがでしょうか?
※注意※
・真夏のキス釣りは炎天下での釣りとなる場合が多く、熱射病や熱中症に罹り易く危険です。スポーツドリンクなどを必ず持参し、定期的な水分補給を心がけましょう。
・今回紹介した釣場は海水浴場ではありませんが、稀に遊泳者やサーファーが見られることもありますので、その際は十分注意しましょう。
・トイレはありませんので、隣の波子海水浴場(シーズン中駐車場有料)か近くのコンビニをご利用下さい。
・来た時よりも美しく、釣場のクリーンアップにご協力ください。
報告(写真・文責):アングル仁保店 島也 篤
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.