アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■「尺アジ」を求めて・・・当店近郊アジング調査■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2009.12.28(月) アジ 山口県柳井市「大畠 鳴門漁港」 波止 ルアー釣り



■冬のルアーゲームといえば「メバル」を想像される方も多いかと思いますが、実はアジングも30cm級の良型が狙えるハイシーズンでもあります。

■そこで私は地元アングラーであり釣友でもある若林君と良型アジで実績の高い急流ポイント「大畠」へ行ってみることにしました。

■午後10時、アングル大島店を出発。大島大橋を渡って少し柳井方面へ走ることわずか10分、釣場である「大畠 鳴門漁港」に到着です。

■今回のタックルは7.4ftのロックフィッシュ用ロッドに、リールは2500番クラス、ラインはフロロカーボンの2.5lbを使用します。
■早速釣りを開始する私達ですが、やはりさすがに大畠。潮流はすこぶる早く、キャストしてラインを張っているとすぐにラインが流されてしまいます。そこで、ジグヘッドの50〜60cm上にシンカーを付け、アップクロス(潮上)でキャスト。ラインはサミングしながら放出し、ボトムまでリグを沈めます。(フォール中にバイトがある時もあるのでラインの動きにもご注意ください。)そして、ラインの向きが自分と垂直方向に落ち着いたらスローリトリーブを開始します。

■すぐにバイトしてくる事は少ないものの、アジが回遊してくると、この釣り方で連発する場合もありますので、手を止めず粘ることが重要です。※2名以上での釣行では交代で釣況を確認しても良いかもしれません。

■さて、釣りの状況ですが、到着時に潮位が5割ほど下がっており、サビキ釣りやルアー釣りを楽しむ皆様で賑わっていましたので、好ポイントである先端を諦め、私と若林君は波止の中央付近で竿を振ります。
■最初にヒットしたのは若林君。ファーストヒットは25cmとなかなかのサイズのアジです。さらに続いて私もヒット。29cmとサイズアップです。このサイズになるとアジとはいえ「青物」らしいパワフルなファイトでロッドを曲げてくれます。

■やはり釣果アップのキモは「いかにボトムを取るか」にあるようで、きっちりとボトムが取れると25cmオーバーの良型アジがヒットしてくれます。

■その後もポツポツと時合が訪れ、遂に若林君がこの日最大となる30cmの「尺アジ」をGET!!結果、若林君が14匹、私が13匹という釣果で今回は終了となりました。
■アジングはメバルに比べて敷居が高いといったイメージがありますが、確かに奥は深いものの釣り方やタックルは至ってシンプル。コツを掴めばビギナーの方でも十分釣果を上げることができます。使用するワームやジグヘッドも種類が豊富で値段もお手頃。是非この冬は皆様も大人気の「アジング」に挑戦してみてくださいね。また、「タックルや釣り方・釣場が解らない」というお客様は、お気軽に当店スタッフまでご相談ください。
大島店スタッフ藤本も愛用中!!使えるコンテンツ満載!!釣りの総合ケータイサイト★
同行:若林様(お客様)
報告(写真・文責):アングル大島店 藤本 幸生
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.