アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■遊youプラン「遊漁船“フィッシングガイドDai”で行くタチウオ釣り」■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2009.1.26(月) タチウオ 愛媛県「中島沖周辺」 テンヤ釣り・ジギング



■今回の遊youプランは、焼き物に好適、刺身も美味しくビギナーからベテランまで冬シーズンに大人気の「タチウオ」を狙いに行ってまいりました。

■ご参加頂きましたお客様は、岩本様、黒田様、井崎様、綿貫様、前様の5名様。加えて当日は助っ人として本店スタッフの平石さんにも来てもらい、私小田を含めて計7名となりました。
■当日利用する遊漁船ですが、当初の予定では廿日市港出船の【アジアマリン】さんで予約していたのですが、船の調子が良くないという事で、船長に同じく廿日市港出船の【フィッシングガイドDai】さんに相談していただき、今回お世話になる事となりました。
■朝6時45分に出船場所である廿日市港に集合。皆様に挨拶を済ませ、予定通り午前7時に出船です。
■今回の釣場は、タチウオ釣りのメッカ「愛媛県 中島沖」。片道1時間半ほどの船旅ですが、移動中は釣り談義に花が咲き、あっという間に中島沖のタチウオ船団が見えてきました。

■まずは仕掛の準備から。エサ釣り仕掛は道糸PE3号にワイヤーハリス50cmを付け、40号のタチウオテンヤ。エサにはコノシロとサンマを使用します。もし活性が高いようならジギングも出来るように、道糸PE1号にフロロカーボンハリス5号、その先にさらにフロロカーボン80ポンド(約25号)を装着し、メタルジグ100gをセットしたタックルも準備しました。
■船長が魚探を見ながら舵をとり「降ろしてください」の合図で釣り開始。しかし、朝は全体的にタチウオの反応があまり良くないようで、同じくタチウオを狙っていた他の遊漁船さんも群れを求めてあちこちに移動しています。

■なかなか反応の無い私達に、船長から「底から3mまでに反応が出てます」とアドバイス。言われたとおりに一度底まで沈め、2m程巻上げて2〜3回シャクリ、仕掛を止めてアタリを待ちます。
■と、ここで舳で竿を出されていた井崎様の竿が「グイグイ」と締め込まれています。独特の引きを味わいながら上がってきたのは良型のタチウオ。「エサはサンマで底の方できたよ」と井崎様。

■ファーストヒットの井崎様に釣れたパターンを伺って釣り座に戻ると、今度はコノシロのエサで釣られていた綿貫様の竿が曲がっており、抜き上げたのはこれまた良型のタチウオ!!

■記念に写真を撮らせて頂こうとすると「まだまだ大きいのを釣るけー!!これは撮らんといて。」と綿貫様。

■さらなる大型を期待しながら釣り座に戻り仕掛を降ろすと、今度はジグで釣られていた前様からヒットコール!!駆け寄ってみると、指5本はあろう大型のタチウオをキャッチされています。
■これを機に船内は活気付きます。連発とまではいかないものの、皆様ポツポツとタチウオを追加され、私も無事2本のタチウオをキャッチ。


■さらに追加キャッチを狙うべく、私がエサを付け替えて仕掛を投入しようとすると、黒田様の竿が見た事の無いくらい曲がっています。慎重なやり取りの後、浮いてきたのはまさしく“ドラゴン”と呼べる特大サイズ!!皆様「デカイっすね〜」と羨望の眼差し。このタチウオ、お腹もパンパンでとにかく身が分厚い。黒田様も「よー引いたよー!!」と大満足のご様子でした。
■エサ組みも好調ですが、ジギングの前様とスタッフ平石も絶好調。特にグングン数を伸ばしておられる前様にアドバイスを伺うと「ジグのカラーをこまめに換えるのがコツじゃね」との事。「なるほど〜」と、後半ジギングもやってみようと思っていた私は色々と質問をしてしまいました。勉強になりますm(_ _)m
■午後になると、周りの船の間隔が狭まります。どうやら、タチウオの群れが朝よりも濃くなり、タナも上がって(浮いて)きているようです。

■魚影が濃くなるとジギングの手返しの良さが光ります。平均指3〜4本という良型をコンスタントに追加していく前様とスタッフ平石。
■もちろんエサ釣り組みも負けてはいません。初挑戦の岩本様をはじめ、黒田様、綿貫様、井崎様が指5本クラスの大型を連続で釣られています。
■ここにきて私も数本をキャッチ。そして、再び大きなアタリ。しかし残念ながらこれをバラしてしまいます。そこで、江南船長より「もう一回同じタナでやってみて下さい」とアドバイスを受け、同じように先ほどのタナまで仕掛を降ろしてみると、なんとまた喰ってきました!!
■それ以降はタチウオの活性が落ち着いたのかアタリが遠のきますが、すぐに綿貫様が2匹連続でGET!!しかし、昼のように船中が賑わうことはありませんでした。


■辺りを見渡すと、あれだけたくさん集まっていたタチウオ船団も姿を消し、気づけば納竿時刻です。今回は数が伸びなかったものの、エサ・ジグ共に良型が釣れ、満足の釣果となりました。この良型タチウオは旬を迎えており、脂も乗って食味も抜群でした。


■そしてもちろん今回も私が愛用する携帯サイト『RCC釣り自慢』に釣果投稿。6000件を超える豊富な釣果情報の中から自分が欲しい情報が簡単に検索できる私もイチオシの携帯サイトです。是非皆様も利用してみてくださいね。
■今回お世話になった遊漁船【フィッシングガイドDai】さんは、今が旬のタチウオをはじめ、ウマヅラハギやアジ狙いなどでも出船されています。皆様も是非、旬のターゲットを狙って利用してみてくださいね。
■1月開催分 参加者募集中!!■
利用遊漁:
フィッシングガイドDai

(江南船長)
フィッシングガイドDaiのHPはこちら
TEL 090-8991-4458
廿日市港出船
同行:岩本様・黒田様・井崎様・綿貫様・前様(お客様)
アングル本店 平石 健一郎
報告(写真・文責):アングル本店 小田 真之
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.