アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■遊youプラン「遊漁船“わたつみ”で行く大アジ釣り」■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2009.3.18(水) アジ 愛媛県「長島沖周辺」 サビキ釣り



■今回の遊youプランは、遊漁船「わたつみ」で大アジを狙って参りました。

■当日ご参加頂きましたメンバーさんは、三阪様・山本様・田中様・多田井様・甲立様と私の6人です。

■朝6時前に廿日市木材港に集合。「わたつみ」の竹下船長と皆様にご挨拶を済ませ、釣り場である長島周辺に向けて出発です。
■釣り場に着くと仕掛けの準備に取り掛かります。今回は大アジが狙いですので、仕掛けは「わたつみ」竹下船長と私もオススメの『アングルオリジナル蓄光MIX仕掛』に『鉄ドンブリカゴ』の50号。竿は仕掛けが絡みにくく、アジなどの口が弱い魚もバラし難い5:5の胴調子の『ダイワ ミサキ 30号-3.1m』を使用。また、今回狙うタナが50m前後という事で、手返しの良い電動リール『ダイワ シーボーグ300FB』を使用しました。


■鉄ドンに地アミを詰め、竹下船長の合図で釣り開始です。アジサビキの釣り方は、仕掛を海底まで落とし、大きく竿を煽りカゴのコマセを撒きます。次に、カゴが底に着いたのを確認して、道糸を適度に張ってアタリを待ちます。
■まず最初にヒットしたのは山本様と三阪様。徐々に魚が浮いてきて、網で掬おうとすると一瞬「ん!?青物!!??」(アジも青物ですが)と思ってしまうほどの大アジ!!「デカイっすね〜」「刺身何人分取れますかね〜」などと船内は一気に盛り上がります。
■さらに、多田井様からもヒットコール!!「口が柔らかいから慎重にっ」とじっくり巻き上げられ、浮いてきたのはヤズ!?・・・いえいえ45cmの大アジです。多田井様曰く、「マキエを撒いたら糸を少し弛ませて、フカセ気味に流しても良いね」との事。
■「僕も少しフカセてみよう」と釣り座に戻ると、今度はまたまた山本様からヒットコール!!魚を釣るのはもちろんですが、魚や釣りを見るのも大好きな私はすぐにカメラを構えますが、なんと同時に私の竿も大きく絞り込まれます。見事ダブルヒットとなり、山本様、私共に40cmオーバーの大アジをGETすることができました。
■私がアジをシメていると、釣りの前には必ず潮汐や仕掛を調べる研究熱心な甲立様にヒット!!「やっと掛けたで〜!!さっき2回掛けたのにバラしてしもーたけーの〜」と甲立様。なんと46cmの大アジをゲットです。
■すると、マキエを多く出せるようお一人違うカゴを使われていた田中様からヒットコール!!「これは刺身、こっちは塩焼き♪」と皆様笑顔で大アジを追加されていきます。中でも当企画常連様の山本様と、ビギナーさんながらも見事な誘いを掛けられていた三阪様のお二人の竿は見るたびに曲がっています。
■甲立様、田中様、多田井様もそれに負けじと大アジを追加され、皆様持ち帰ってより美味しく食べられるようにと、入念にアジをシメておられます。


■そうこうする内に納竿時刻。本日の釣果は、40〜50cmという大アジが1人4〜9匹と、全体的に数はあまり出ていませんが、想像以上にアジが大きく、何か別の釣りをしているかのよう。皆様(私も)大満足で終了する事ができました。
■また、今回の釣果情報は携帯サイト『RCC釣り自慢』にも投稿しております。釣果情報画面では、その日のヒットタイム(時刻)や潮汐や天気もチェックできますので、是非皆様もアクセスしてみてくださいね。


■今後、船からの大アジは水温が上がってくるに連れてさらに釣果の上昇が期待できます。皆様も親切・丁寧な竹下船長操る「わたつみ」で、春のポカポカ陽気の下、船釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか?
■3・4月開催分 参加者募集中!!■
利用遊漁船:わたつみ
(竹下船長)
TEL 090-3179-9836
廿日市港出船
同行:三阪様・山本様・田中様・多田井様・甲立様(お客様)
報告(写真・文責):アングル本店 小田 真之
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.