アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■サーフに潜む巨ギスを求めて・・・倉橋キス釣行■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2009.6.16(火) キス 広島県呉市「倉橋 桂ヶ浜〜唐船浜」 砂浜 投げ釣り



■私にとって「下手の横好き」の投げ釣り・・・ですが今が旬のキスを狙うには絶好の季節となりました。今回は小屋浦店の野村君・加納君・中島君、鮮度抜群の若手のホープたちと同行してもらいました。

■今の時期日の出は早く、午前4時半ぐらいには夜が明けるので、少し早めの午前3:30に小屋浦店に集合。小屋浦店の吉田副店長と投釣りのトーナメンターである島也さんに仕掛やポイントのアドバイスを頂き、最初のポイントは私の希望で倉橋島の「桂浜」へ到着しました。

■早速「RCC釣り自慢」で潮汐をチェックする私。すると、現在は下げ潮のちょうど中ごろ。昼前に干潮となる厳しい潮周りながら、下げ潮がしっかりと動いてくれることを信じて実釣開始。
■この日、私は投げ竿で小屋浦のメンバーはルアーロッドで引き釣りを開始します。

■しかし、釣りを始めると大量の「とろろ昆布」のような藻がオモリから仕掛けまでびっしり絡むという悪条件。そんな中でも極力この藻が少なそうな場所にキャストし、良型のキスを釣り上げますが藻のおかげで手返しが悪く直ぐにポイントを変更となりました。
■お次は、以前加納君が家族でカレイの投げ釣りで訪れたという「唐船浜」へ。ここでは第一投からアタリが連発!!

■なんとか私もキス釣りっぽくなったところでしたが、投げる度に仕掛けが所々切られています・・・その正体はここ最近の水温上昇で一気に増えた「フグ」でした。
■竿を早めにサビいたりしてフグの対応をしますがスイッチの入った難敵に苦戦しながらルアーロッドチームは感度が良いエギングロッドを使用しており近投ポイントのアタリの違いを察知しながら良型キスの数を伸ばしていきます。
■コンスタントにキスが釣れるも、日が昇るとやはり「暑い!!」脱水症状の予防の為に水分補給をしながら全員で小休憩。

■すると、置き竿にしていた加納君のエギングロッドがバットから「グニャリ」と曲がるような強烈なアタリが!!

■急いで回収すると水面に見えたのはまるで「エソ」のような大きな魚影。そのまま慎重に砂浜に引き上げると、まさに「巨ギス」という名にふさわしい28cmの大ギスです!!さすがにこれにはメンバー全員で「参りました」と加納さんを祝福します。
■それから潮位が下がると徐々に潮目が沖に出始め、ルアーロッドでは届かない場所になってきました。

■そこで私は投竿の利点である「遠投性」を活かして潮目を狙うと、アタリが連発!!やはり「専用竿」はダテではありません。

■私も十分なお土産をGETしたところですでに時間は正午。餌や仕掛けが無くなったところで本日は納竿としました。

■この日は梅雨の中休みで気温も30℃近くになり、大変暑い釣行になりました。皆様も水分と仕掛けは多めに持っていかれる事をオススメいたします。 タックルに関しても投竿とルアーロッドのようなショートロッドそれぞれの長所がありその違いを感じてみるのも一つの楽しみです。 皆様も今が旬のキス釣りに出かけてみては如何でしょうか?
同行:アングル小屋浦店 野村 拓也・加納 直人・中島 弘喜
報告(写真・文責):アングル仁保店 小西 正広
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.