アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■遊youプラン「美咲丸」で行く大メバル釣り■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2010.2.22(月) メバル 山口県「片島沖周辺」 胴突き釣り



■今回の遊youプランは、30cmオーバーのビックサイズのメバル狙いに、遊漁船「美咲丸」の大川船長にお願い致しました。遊漁船歴20年を誇り、船長の腕も確かで性格も温厚なので初めての人でも楽しく釣りが出来ると評判です。また、遊漁船歴が物語るようにベテラン釣り師からも絶大な信頼を得ている釣り船です。

■前日21日伊予灘を震源とする地震があり山口県周防大島町で震度4でした。本日の釣果が心配されましたがここは大川船長だから大丈夫。と大船に乗った気持ちの私達。
■2月22日大川船長の操船で定刻の6時30分廿日市港を出船。大型船は一路メバルのポイント片島を目指します。当日は青空も広がり風やウネリが無く絶好の釣り日和。 沖合いでも予想していたよりも波が無くスムーズに海面を走ります。

■午前7時30分にポイントの片島に到着。左舷に沖野様、江島様、牛島様、右舷にS様、橋本様、私の6名。 釣り座が決まり早速、釣りの準備に掛かります。
■今回の私の仕掛は名手「大川船長」のノウハウがギッシリ詰まったアングル×がまかつ【美咲丸オリジナル仕掛3本枝針】です。
この仕掛の特徴は・・・
★ハリス長53cmで仕掛をより自然に漂わせることができます。また、フロロカーボン100%を使用していますので絡みにくくアタリがとりやすいのも◎。
★センタービーズですので仕掛の糸絡みを解消しエサが自然に動きます。
★針は「メバル王6号」掛けたメバルのバレにくささを極めた針です。
■竿はダイワ スーパーインターラインメバルSP400DRY リールはダイワ 浅場用にイッツICV150Lと深場用にシーボーグ150Sを準備しました。
■7時45分船長の号令で早速、実釣開始です。開始早々の7時50分左舷で竿を出していた牛島様にアタリが来た。引きを楽しむようにゆっくりとリールを巻く、抜き上げたのは良型メバル。メジャーを当てると25cmあった。「底のほうで釣れました。」と牛島様。
■「ヒット」と左舷で竿を出していた江島様。竿先がググーンと引き込まれている。まもなく25cm級のメバルが海面に現れた。「いいサイズだよ」と江島様。取り込んでメジャーを当てると24cmあった。

■今度は右舷で竿を出していた橋本様の竿が胴元から曲がった。「これもきっと本命ですよ。」と橋本様。その言葉どおり、釣果はメバルでサイズは23cmだった。良型メバルの連発に船上は活気づいた。「また来たぞ」「こっちも良型」歓声を上げながらメバルを取り込んでいく。
■「来ましたよ」と左舷で竿を出していた沖野様。細身のメバル竿がきれいな弧を描いている。取り込んだのは24cmのメバル。錘が着底して道糸を3m巻き上げたところで釣れたという。10分位の間隔で23cm前後のメバルが釣れていきます。
■S様と沖野様の竿が同時に弓なりに曲がっている。慎重に寄せて海面から良型のメバルが姿を見せた。S様が27cm、沖野様が26cmのメバルを取り込む。左舷で竿を出していた江島様は絶好調になり良型メバルを続々と抜き上げる。足元に置いたバケツはすぐにメバルで満杯になった。
■午前11時S様の竿先がググッググッと2回引き込まれた。「これは、デカイぞ」とS様がリールを巻き始めた。良型メバルがダブルで針掛かりしていた。取り込んだメバルは28.5cmと24cmだった。
■今度は江島様の穂先がグーンと入った。かなり強い引きだ。追い喰いをさせる余裕はない。竿を起こすと、もう一度、穂先が入りメバル竿が胴からしなる。強烈な重量感だ。数十秒後、海中で青白い魚影が2つ揺れた。

■「ダブルだ。大きいぞ。」大暴れする2匹のメバルを玉網でまとめてすくった。 メジャーを当てると本日最長の32.5cmともう一匹も26cmの大型だった。「うわー。そりゃ大きいよ。がんばって釣らんといけん。」と沖野様。
■さらに、牛島様が「メバルなら大きいですよ」と声を上げた。ドラグが「ジジッ、ジジッ」と鳴っている。2度3度と引き込まれます。ハリスが1号と細いので無理は出来ません。船べりまで浮かせたところで玉網で取り込んだ。これもメバルで32cmだった。 「このサイズになると引きが強烈ですね」と牛島様。
■今度は橋本様の竿先がコッンと揺れた後、グンと引き込まれて海に突っ込んだ。橋本様は「おおっ」と声を上げた。しばらくして海面に見えたのは大型のメバル。慎重に玉網で取り込んだ。検寸すると32cmもあった。「刺身でいただきますよ」と橋本様はニンマリ。
■13時を過ぎると、潮の流れが極端に悪くなって、それとともにメバルのアタリが遠のいていきました。14時「1回流して終わりにしましょう」と船長から声がかかり納竿に。前日の地震で釣果が心配でしたが半数は25cm超という充分な釣果です。
■本日の釣果は、20cm〜32.5cmのメバルが10匹〜24匹。30cmを超すメバルなんて、そんなに簡単に釣れるものではありませんので満足のいく釣行でした。 帰りのキャビンの中では「良く釣れたねー」「また釣りに行きたいね」「このサイズが釣れれば満足ですよ」と本日の釣談議で盛り上がりました。
■ メバルはこれからの春が数、型ともにピークを迎えます。イカナゴやシラウオなどの小魚を飽食して、一回り大きくなったメバルの力強い引き味が楽しめそうです。
■「25〜30cm の大型メバルもこれからが本番を迎えます!!」とは大川船長の言葉。ぜひ一度、みなさんも遊漁船「美咲丸」に乗って大型メバルを狙ってみては如何でしょうか。腕利きの大川船長がきっと楽しい一日をアシストしてくれると思います。

■また今回、終始「美咲丸オリジナル仕掛」を使用しましたが、ハリスのヨレもなく30cm超すメバルが来ても余裕で取り込めます。是非皆様もお試しください。
★スタッフ山内も愛用中!!使えるコンテンツ満載!!釣りの総合ケータイサイト★
■3月開催分 参加者募集中!!■
利用遊漁船:美咲丸
(大川船長)
TEL 090-3172-4664
廿日市港出船
同行:沖野様・江島様・牛島様・S様・橋本様(お客様)
報告(写真・文責):アングル本店 山内 敏弘
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.