アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■大注目の海上釣堀「大漁丸」のプレオープン体験レポート■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2010.5.10(月) 青物・マダイ 広島県大竹市阿多田島「海上釣堀 大漁丸」 海上釣堀 ウキ釣り



■5月10日、天候はあいにくの雨となりましたが、今回5月15日(土)に大竹市沖の阿多田島の湾内にオープンされる広島初海上釣堀"大漁丸"さんのプレオープンの体験釣行へ参加させて頂くこととなりました。

■全国的に【海上釣堀】というとテレビや雑誌等では良く紹介され、人気の釣りスポットになっているようですが広島は今まで釣堀自体がなく行ったことがない方のほうが多かったと思いますが、遂に広島にも海上釣堀がオープンします。この話を聞き「それはすぐに行ってみよう!!」という事で、私池本と吉村・楠本のアングルスタッフ3名で行って参りりました。

■阿多田島には小方港よりフェリーで向かい阿多田のフェリー乗り場に船で迎えに来て頂けます。
■9:30小方発のフェリーで約30分で阿多田島に到着。釣場である「大漁丸」は阿多田島フェリー乗り場の沖にすぐ見えます。
■すると、なんとフェリー乗場までスタッフの方が船でお出迎え!!そこから船を走らせること2〜3分で到着。これなら船酔いする心配もありませんね。
■イケスは12m×12mで水深10mのものが3基設置されています。それぞれ12名ずつ釣りが出来るとの事。私達は真ん中のイケスに案内され早速釣り開始です。
■ハッキリいって私、当然海上釣堀は初めてです。皆様もほとんど始めてだと思いますので、まずは主なターゲットである青物、そして真鯛の仕掛図からご説明致します。
■このように一般的には真鯛用と青物用の大きく2種類に分かれており使い分けるようです。 タックルは共通で良いようですが青物対応の物なら間違い無いでしょう。
■レンタルタックルも用意されているので初めは借りた方が安心だと思います。 エサも今回初めてで実際なにが良く釣れるのか解からなかったので、色々な種類を持って行きました。
■そして、仕掛を作り各自投入。まずは一応定番エサとされているダンゴエサを3人共つけてやってみました。
■しかし、隣のいけすでは同じダンゴエサで次々に真鯛が上がっていました。どうやら隣のいけすは昨日に魚を放しており魚がなじんでいるとの事でした。

■真鯛は放流して少し時間がたたないとエサを喰わないようです。ハマチは放流してすぐにでも捕食を始めるとの事で良い勉強になりました。
■その他こんなものも・・・なんと海上釣堀専用のタナとりオモリ。足元のという事でタナが非常に重要なこの釣りでは必需品と言えそうです。
■すぐに楠本店長に真鯛がヒット!!1キロオーバーの見事な魚でした。そのあともダンゴエサで続けますがアタリなし・・・
■その情報を聞き私達はハマチ狙いに切り替えエサを"キトキトイワシ"に変更し仕掛を再投入。

■すると、すぐに吉村店長の竿が大きく曲がります。ドラグ音がジージーと鳴り響き明らかにハマチの大物が掛かっています。慎重にやり取りをし上がって来たのはまるまる太った5キロクラスのハマチでした。
■ここでまた一つ勉強になったのが同じいけす内で誰かに青物がヒットしたら回りの釣り人は仕掛を上げるのがマナーとの事です。青物は走り回り仕掛がすぐに他の仕掛と絡まってしまう為です。青物を掛けた釣り人も回りの釣り人を待たせているので出来るだけスムーズに取り込みを行うように心がけたほうが良いと思います。
■私も負けじとすぐにイワシを着けて再投入、ウキに集中です。すぐさま私の仕掛と思いきや私を通りこして楠本店長の竿が大きく曲がっています。上がって来たのは2キロクラスのハマチでした。この間にも他のお客様の竿が次々に曲がっています。魚が大漁に放してあるだけあって本当に良く釣れていました。私以外は・・・
■いろいろエサの種類を変えてやってみましたが青物狙いならイワシがヒット確率NO1でした。真鯛狙いならイワシでもヒットしましたがダンゴエサに分があるように感じました。
■その後も何匹か魚を追加しましたが、雨も激しくなってきたので12時前に納竿としました。

■初めての釣堀という事でかなり手探り状態でしたが、結果的に見ると私のような初心者からベテランの上級者まで誰でも簡単に大物とのやりとりを楽しむ事ができる、素晴らしい釣種でした。特に私と一緒の初心者の方にオススメです。是非一度行ってみてください。ハマリますよー。

■今回私達が使用した仕掛等は当店海上釣堀コーナーにて販売中です。大漁丸の詳しい内容はホームページをご覧ください。
★ハマチ・タイ・スズキなど大物釣りが楽しめる★
広島県大竹市「阿多田島」に5/15(土)OPEN!!
瀬戸内
海上釣堀
大漁丸
大漁丸さんのHPへはコチラをクリック!!
同行:アングル仁保店 楠本 明・アングル小屋浦店 吉村 慶
報告(写真・文責):アングル本店 池本 直記
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.